論じて評してだけでなく行動に移したいと思う。ヤンキーっていうの?そういうの。

きっかけはある時、母の友(福音館書店発行)で斉藤環(医学博士)のコラムを読んだから。
彼の言う"ヤンキー”というもの、日本人の心性を掘り下げて知りたくなった。
ヤンキーかぁ。ふと思い浮かんだ、天皇即位10年にピアノをを弾いたyoshikiさま。あの時の首相は純ちゃん。

読んでいてなるほどそうかと思い当たることがしばしば。
内田樹にしても。
私にはそもそも彼らのような視点がない。頭が回らない。
言われて見て頷いて気がついて、それを指針として受け売りとしているところが多いにある。

彼らの活動はあまりよく知らない。
もっと表に出てきて私らの味方をして欲しいと思ったり。
実際にしてるのかな?
そうね。私とは領域が違う。
自分は行動する事に重きを置くし、そうういう風にできている。
私の得意な面は世話役、引率の総合職。
情報収集・分析は理論は他の政策チームに任せてそれを元に動く。でもカリスマ性は無いから中間に留まる。

このところ、
「ブラブラブラ」っていうお二人の部分が素直に受け容れられない。
シビレヲ切らしている。
いつその発言をしたか発行されたか、いつ私が著書を読んだか、時間のズレは確かに有るから載っていたのもが最新情報とは言えない。どうか双方最新のものを確認をしていてまともな世の中になってくれよ、いこうよと思う。

「ヤンキー化する日本」と言う著書で山本太郎について書いてある”補助輪付きだった戦後民主主義”の章、
斉藤と対談者はインテリ的な脱原発論に応えられなかったその結果が山本太郎って言ってる。
”こういうペースで原発を減らしていけば何年後にゼロにできますという様なビジョンが欲しかったのに”
あーそうですか。こういうまた対案出せよ意見に白む。
一体全体、緊張感はどこにいってるのだろう。
この本の初版が2014年3月10日。日本はまだ原子力緊急事態宣言発令中の真っ只中じゃないか。現在も。
山本太郎の言った、みんな止めちゃえは正しかった。危険なものを先ず止める、安全確認するは普通の事だ。
(そして山本太郎議員には原発事故処理経過についてよく知る優秀な人材がいる。国会代表質問でも知りたいこと、重要な事、的を得ている質問をしている)この章のお二人、知識教養はあっても知性が無いではないか。 

電気が足りなかったら?には原発の正当性を認めるために止めていた水力、火力発電を稼動する。
再稼動に取り組むより、再生可能エネルギーの普及、発電・送電分離したのはいいから、より促進させるとか。
頭いい研究者、そっちの方よろしく頼むぜ。私もヤンキー。
節電製品LEDなど。そしていくら節電製品を作っても人が節電しないと、また、ただの消費活動が繰り返されるだけ。
一体どれくらいの国民が、全基止めても電力が足りた事を実感しているのだろうか。
再稼動を目論んでいる政府に流されていくのか。

ヤンキー性を考察した、それを踏まえ動くのはひとりひとりの私達。
ヤンキー性はどこにでもあるよ。日本だけでなく、ね。
それが共同体には少なからず必要だから。
「若者、馬鹿者、よそ者」が活性していく、時代を作り変えていくのだと。

はよ、アンダーコントロールされているなどと寝言いっているヒトにさよならしたいぜ。



[PR]
Commented by turnipman at 2017-04-22 13:30

「ヤンキー化する日本」ていう本、以前アマゾンで間違って注文して、勿体ないので読んだことがありました 笑。
意外と面白かったです。でもヤンキー化って日本人には似合わないような気もします。
大阪〇○の会なんてヤンキー、安っぽいチンピラみたいだし。
Commented by stanislowski at 2017-05-01 23:53
> turnipmanさん
斎藤氏は適当な形容詞が見つからなくて「ヤンキー」としたのでしょうか。
ヤンキーの語源は何なのでしょうね。
アメリカを卑下した言い方が、日本の土着の、礼節がなかったり、正座が出来なかったり、
権力欲が深かったり、そんな否定的な意味合いがあるのでしょうか。
地元に根付いた伝統を守り続けるには情熱が無くては務まらないしね。

安っぽいのはいやだな。
時代の潮流に乗っているようで直ぐ忘れ去られる。
自分はそうならないようにしたいと思います。
by stanislowski | 2017-03-18 18:46 | 考えごと | Comments(2)