市民の力

ドイツの西Aachen、ベルギーと国境を分ける町。
ここは老朽化したベルギーの原発の風下に当たる65km圏内。
民主主義が機能しているところなら、こういう運動が沸き起こるのは普通かもしれない。

6月25日はAachenから原発のある町Huyまで、人の手を繋いで鎖にして反対意思を示そうというアクションが行なわれた。
ドイツから始まりオランダも風下に入るのでオランダの町を抜け、ベルギーのThiangeまで。
私達家族もピクニック気分で弁当持参で楽しみながら手を繋いだ。

ベルギーに居住ということもあり、強い反対の意思を示したくて最も近い原発3kmのところに陣取った。
楽器を奏でたり、太鼓叩いたり、プラカード掲げたり、そんなことをして過した。

終了後にも、翌日にも、参加した人たちの「よかったよね」と言う声が多く聞かれた。
ゆるーい時があってもいいよね。
広げるにはほんのちょっとした会話から、構えないで、隣人と「どう思う?」と、巻き込んで行くことが大事。

d0268126_23190144.jpg
この安全ベストを着た左側のじいちゃんの音頭で、アクションは手を繋ぎながら、定刻に2回、「原発止めろ」と声を上げた。
隣にいた60代と見受けられるベルギー人夫妻(茶色の帽子をお召しになった方)シャルルロワからだそう。
このご夫妻、
「あれっ?もう終わり?これだけっ?」
ってちょっぴり不満げ。
なぜかって?
この方たち数十年前に、ベルギー、フランスの原発反対運動で火炎瓶投げ込んだそうな。
レジスタンス!
穏やかで知的な佇まいからは想像できなかったけれど、信念をもって行動されているから素敵だったんだな。

「殺せ、暴力を振るえ」と、易々と言えないが、
そうした方法に訴えないと報われないってこともあるのかもしれない。

ただ、この日は小さな子ども連れの人たちも多く、こうしたささやかな活動から、市井の人々から、
変えて行く力が芽生えていくのだと改めて思い知った次第。



[PR]
Commented by junko at 2017-06-30 14:51 x
ciao stanislowskiさん
いいなああ。。こう言うの
子供達もこう言う大人を見て 社会に参加すること。自分の姿勢を暴力で、ではなく主張する事を学んでいくのですよね

私ね、stanislowskiさんってドイツにお住まいかと思ってたんですけど、ベルギーだったんですね
Commented by stanislowski at 2017-06-30 18:21
> junkoさん
このドイツというか、民主主義を学ぶ姿勢は大いに見習うべきものが有ります。家庭、学校、地域、臆することなく考えを述べる事、市民の目線で正しくジャッジすることは重要です。
その正しさ倫理観は普遍でなければ。
欧米コンプレックスがあるとしたら、こういう点も真似すればいいのに!

例えば日本で、デモ参加や共産党嫌いを言う人もいるけれど、その人たち、「共産主義とは?デモの意義は」って理念を知っている人はいるのかしら。むしろ現在の日本共産党のほうが自民党よりまともでリベラルだよね。

私達ひとりひとりは社会的地位に関係なく平等である、尊厳を持っている。そのことを知るために大人が手本を示していかないと。萎えそうな自分にも力を分けてくれる家族・友人・隣人がいることは心強い。

別に明らかにする必要もないかと詳しく書いていませんが、そうです。
ベルギーなんです。3カ国国境よ!毎日、ドイツにもオランダにも行けるの。

Commented by junko at 2017-07-01 00:27 x
私 いつも思うんですけど、日本の人は平等平等と言いながら実は平等嫌いじゃあない。のではないかと、、
自分がいつも相手よりほんのちょっと上に居たいと思っている人多くないですかね
自分が上に居たいと思っちゃう その時点で 平等など願って居ないわけで、、
例えば 口答えできない店員さん捕まえて 無理難題吹っかけるクレーマーとかね。
子供に対してもそうじゃない?
子供だからと言って少し彼らより年食ってるからと威張っていいとは思わないのです。
自分が上であれば差別は気にならず、で そうかと言うと、手のひら返したように地位の高い人、名声のある人にはすごく下手に出る
それは自尊心がないからだと思うんだけど、日本の教育や社会は自尊心を育てるようにはできていない
下手すると変なおばちゃん おじさんまで 相手が弱いと見ると妙に威張っちゃう人 少なくないでしょ?
威張っていいけど じゃあ、社会的に自分より上と思う人にも同じように威張れるか?と。
結局個人というものが確立していないのではないかと思います
個人が確立していないから自分の意見も明確に把握していないし、把握してたとしても 波風立てるからと沈黙する方を選ぶ
個人が個人の意見を言うと波風立っちゃう社会ではいけないわけで、
個人の幸せなしに団体の幸せなどあり得ないわけで、それを団体の良かれとか調和とかをかざして 個人を押し殺させる
なんかみんな窮屈そうでかわいそうだなと思うのです。
民主主義なんて 言うものが日本に根付く には まだまだかかると思いますし、国民がもっと望み、汗流しリスクを冒さないと、、。

共産党は一番まともだと思っています。

いいなあ、国境住まい。


Commented by stanislowski at 2017-07-01 05:24
> junkoさん
自尊心ってどこから芽生えるのでしょうね。育んでもらう人もいれば、いつのまにか備わっている人もいるし。
兄が他人から味わった屈辱を私は決して忘れられない。踏みにじられたプライドを私は横で見ていた。子ども同士での出来事ならまだしも、背景に大人の思惑や商売上のしがらみがあってうちの両親は強く出られなかった。多分そのことが悔しくて悔しくて堪らなかったのだと思う。
「上に行きたいっていう気持ちを大事にしろよ」と私は思う。先にいける人、上に行きたい人はどうぞご自由に。

日本社会はストレス、不満・不平が充満していそう。それを客の立場になったとき執拗に捻じり込むように発散させるのではないかと。普段は自分が虐げられているからここぞってばかりに威張っちゃう?それが松ちゃんとか、橋本さんになりたい的潮流を作ってしまう。
正しい倫理観を持っていたらあの人たちの言っていることは政策じゃない。
 
誰かの足の引っ張り合いで楽しんで、でもどうしても引っ張れない場合があって、
そうすると今度はその足に取りすがっておこぼれをもらおうとする。

やっぱり、ひとりひとりが考えることで強くなるのよね。
アメリカの傘下にって言う考え方がもう負けてる。

お母さん、較べちゃいかんのよ。
Commented by turnipman at 2017-07-11 14:47
長い間遠征してご無沙汰しておりました。
3カ国国境で毎日ドイツにもオランダにも行けるっていいですね。
原発が近くに有るのですね。国境を超えてヒューマンチェーンって日本では想像できません。国境なんて無いのでしょうか?

戦中一見日本とドイツは似た者同士だったのに、戦後はかくも違った国民になりました。
日本では民主的に自立した個人になりたくない、長いモノに巻かれることで安堵したい、という風潮が今だあるように思います。
何度騙されても、騙し続けて欲しいのよ~♪みたいに、現実から逃避していく。。
それは理屈ではなく、本能とかDNAレベルに問題があるのではないかと、時々無力感に襲われます。

でも、そんな日本人がやっぱり嫌いには慣れないし、個々人の民主化の方向でしかこの国の未来はないし、だからそっち向いて進みたいと思っています。
そうそう、一昨日は地元に帰って、共謀罪反対で「こんな人たちですが何か?」的スタンディングしました。マスクに黒テープでX付けて 笑。
小さくてもいいですから、国際的にも連帯して行きましょう。
Commented by stanislowski at 2017-07-15 23:53
> turnipmanさん
こんにちは!同感です。国民性は風土や気候により形どられ表れてくるのではないかと思いました。どうしても抗えない自然には流れるままに身を任せるとか。受身のようでいてそれが効率的なのでしょうね。多分。ざっくり、好ましく、捉えれば我が民族は自然と共存しているということ。
それだからこそ感性が鋭いし繊細なのが日本人だと思います。八百万の神々がいると考え自然を尊重する事の出来る古来からの考え方は素晴らしいと思うし、寛容性があります。
どうにかこのいいところを出せませんかね。私達日本人!大きいものに負けない剛健と柔軟で。

国境を越えてのヒューマンチェーンはドイツ側が主導権をとって組織しました。
自然を尊重して生きている人々はどこかしら似たような匂いがあって、国境も人種も「あまり関係が無いなー」と、いうのが実際に暮らしてみて実感しました。

 一見似ていたのに、かたや消費大国になってしまいましたね。だからドイツがいいというのではなく、先の戦争反省から、「批判の精神、自分で考える」と言う事が個々の強さに繋がっているのかと思います。小さくても頑張って民主化へ歩いて行きましょうね。



by stanislowski | 2017-06-27 23:38 | ダメダメ原発 | Comments(6)