お盆の入り

日本人としての精神性支柱かぁ。

宇宙から、地球から、世界から、アジアから、日本から、福島から、
俯瞰して。
大局観で見つめる。

何か見えてくるものある?

吉川君からの気に留めた言葉。
日米地位協定のこと。
それから掘り下げて国連憲章の「敵国条項」のこと。

福島原発事故から知りたい事を調べ、手繰り寄せていくと明治維新に行き着く。

あれから、わたしは、強くというか、危機困難に揺らがないでいられる、自分も自然の一部と認識しそれと共存できるひとになりたいと考えるようになった。

北朝鮮のニュースに、すぐさま、アメリカの核の傘下になどとは思わない。
自ら打たれ強くなること無くして国など、自分など守れない。

精神的にも身体的にもどうしたら他人に侵害されないでいられるか。

似ているようで全く違う、日本会議のそれとは。

今日も読み、考えよう。






[PR]
by stanislowski | 2017-08-11 17:28 | 考えごと | Comments(0)