年頭に。これをしたいとか、これを読みたいとか。

あけましておめでとうございます。
2018年が始まりました。

昨日と今日はさして大きな違いはありません。
変わらず止まらず刻々と刻み始める今年の時間。

昨晩の大騒ぎから朝寝坊して、パンとコーヒーのいつもの朝食。
クリスマスが大事でそちらに総て私の労力を使ってしまいましたので、
だらしなく。
イカにんじんも、浸し豆も用意せず。
正月用に買ってきた御膳が泣くよ…屠蘇器もだ。

年の締めくくりに何かひと言!隣人同士の年越しは今回、お題目が課された。
そんなこんなであれこれ探し考えていたら、ある本が手に留まり、それから派生して昔のことを思い出した。

私と同じフランス語のクラスメート、ロシア出身のIrinaは、
トルストイ、ドフトエフスキをはじめとする祖国の文豪が好きだそうだ。
うちにも一冊あるよ。
トルストイの"復活”
長くて乗らなくて読み終えないまま棚に。

そもそもこの本を買ったのは、昔々、NHKでこれをもとにしたドラマを観たからに他ならない。
篠田三郎、原田美枝子。
とても惹き付けられ原作を読みたいと思ったのだ。
浅かった私に理解できるわけもなく。
でも現在なら。

米原万理さんや佐藤優氏といったチームに関心があったり、
私の身近な関わりの中で、結構、旧ソビエト連邦の国々、その支配下にあった人々との交わりが多いのだ。
関わって初めて知るその人間性とお国柄と歴史。
ベラルーシ出身のMarinaとは友達になれたらいいな。

前置きが長くなったけど、
”復活”を改めて読みたくなった。
今なら分かるかな。

あと健康面。
ジョギング、筋力鍛錬、
締めたいんです。。

先ずはこれらが目標。

くだらないつぶやき、
発想が飛躍して独り善がりの何が言いたいのか分からなくなる私の、
そんなブログですがお付き合いくださいまし。

善い年にしましょう!!!












[PR]
Commented by cocomerita at 2018-01-02 19:01
Ciao stanislowski さん
明けましておめでとうございます

私も クラシックと呼ばれる文学作品が苦手だったのですが、
私の場合理解力がついていかないと鼻から諦めてましたので、
でもね、最近読んでみようかな?という気になっています
これって年の功ですかね 笑
年取って 脳力は衰えるけど、好奇心とか洞察力は若い時より出てくるみたいで
押入れの奥をひっくり返して、、みたいな心境になることがしばしばです ははは

私もロシアって興味あるんです
何よりも米原万理さんはじめ、暗殺された石井紘基議員とか、みんな骨のある興味深い人々ばかりなので、。
なんかあるのだろうなあ、、と

年の暮れに大騒ぎしたのと、昨日の元旦は、ダラダラ過ごしたので、今日からキリリと義務のある暮らしに戻らないとと
緩むのは簡単だけど 引き締めるのは 一苦労なんですよね
もともとが怠けものなんで、、苦笑

また今年も引き続きよろしくお願いします
ご家族お揃いで お元気で幸せな一年をお過ごしください
Commented by stanislowski at 2018-01-03 17:10
> cocomeritaさん
明けましておめでとうございます。

肥えた贅肉は醜いですからね。
先ず体を鍛えておけば、頭の回転もトロクなってきていますが加速は緩やかだろうということで。
”勤勉と周到な準備” こういう姿勢は東や寒い北の方に多いと思いませんか?
そこから生まれて来るものの屋台骨の強さ、無関係だとは思えない。

ロシアに興味があってことは、共産仕儀と社会主義に引っ掛かるのでしょうか。
新自由主義と逆にあるのも。
どれも行き過ぎはいけなくて寛容が大事なのかと。

今年もじゅんこさんをよく知るために出かけていきます。
どっぷり体張った取り組みあいも好きだけど、ネット上ではできないから、
言葉の力を鍛えてと。。。
本年もお相手のほど、どうぞよろしくお願いいたします。




Commented by kotoko_s at 2018-01-04 14:11
あけましておめでとうございます。
私は歴史に疎いのが本当に致命的にダメなところで、もっと勉強しなくちゃなあ、と思います。
一方、「物語」には惹きつけられて。
ドストエフスキーは大好きな作家です。
名前がややこしくて登場人物も多くてページを何度も戻ったりもしましたが、とにかく面白い!

今年もご家族みなさまお健やかに、よい一年でありますように。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by stanislowski at 2018-01-05 22:43
> kotoko_sさん
あけましておめでとうございます。

あの時代のあの国の歴史、私もよく分かりません。
旧ロシア系の人々と縁があって知りたいと思うようになりました。
知っていくと、今日の社会の腑に落ちな事柄の欠片が少し見えていくような気がしました。

不思議ですね、図鑑や年表を客観的に見るだけ、読むだけでは身体に入ってこないのに、
「物語」を読むと、背景映像が浮かんでくる。感情移入する。
それが人間性というもなのでしょうか。

先ず「復活」、その次に「白痴」を!と意気込んでおります。

Kotokoさんご家族も健康で守られますように!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by rinrin1345 at 2018-01-06 20:06
おめでとうございます。
最近は字を見る仕事のせいか、読書とはトンとご無沙汰でございます。ロシア系は登場人物を読むだけで一苦労。ロシアの音楽は大好きですが・・・今年もよろしくお願いします
Commented by stanislowski at 2018-01-08 01:06
> rinrin1345さん
あけましておめでとうございます。
ロシア系に縁があって、こういう流れになりました。
身近に感じると難解だと感じていた事も、頭に沁み込んできますね。
メモしながら、前頁を捲りながら前後行ったり来たりして読んでます。

小学生の頃、劇的な音楽「白鳥の湖」を聴くと「ビビビッ」と、打たれてました。
by stanislowski | 2018-01-01 22:36 | ある日 | Comments(6)