カテゴリ:考えごと( 48 )

世界一高い供託金 日本

署名のお願い

供託金のことを知って歯がゆい思いでいた。
日本の緑の党だって頑張っているのに!と。

例えば…
真面目に働いているのになぜこんなに自転車操業なの?
おんちゃんが有休とってべルギーに来る事が出来たらいいのに!長期有給休暇など夢のまた夢。。。
おんちゃんがインフルエンザの予防接種を職場から強要に近い形で受けている。「おかしいと」思いつつも誰も雇用主に異議を唱えられない。こんなのあり?!
 
憲法に反しているのではないか?と、
声を出してくれる人がどうか自由に立候補できますように。

誰かの目に留まってくれればと思います。






[PR]
by stanislowski | 2017-10-07 05:16 | 考えごと | Comments(2)
改憲をしたい、いや護憲だといいますが、よく憲法を学んでこなかった日本人の私。
戦争に巻き込まれることなく甘んじていましたが、重い腰を叩き上げ条文を読んでいます。

平和であれば改正する必要が無いじゃない。
どこが欠点なのか私には分からないのです。
改正したいのなら十分に時間を掛けてもうすこし国民に知らしめ、国民自身が知らないと国体としては強まりません。
いかがでしょう?!
いや、押し付けられたとか、自分で作って無いとか。
改正なら前のものより優れていなければと思うし。

それこそ鵜呑みのまた表面だけ武器を持っても、ね。
仮にその武器を使える頭脳(基本的学力)中身が伴っていないとまた誰かにやっつけられる。

憲法が有形無実だと言うなら、
押し付けられたというなら、
既に政治家のうえで、関心が高い国民の中で、周知の事実である、
憲法より格が上で重きを置かれている、
日米地位協定、国連憲章の敵国条項になぜ踏み込めないのでしょう?
(消されちゃう?)

戦後体制からの脱却と言って改憲を目論んでいますが、現政権がしている対米従属では一向にそうはならないのでは?
対米従属は戦後の日本国主権回復のための手段だったはずが、策略的過ぎて、(捕らぬ狸の皮算用って言い方合います?)
世襲制が多い日本における政治家の2代目、3代目は賢くなく、職業としての適正もなく、
いつの間にか整合性が取れなくなったー。

それか公文書公開について広く国民に浸透させる、「知る事」を学ぶ。
密約など、もっと報道されていいのではないか。
事実を国民の側から検証すること、
自分に不利でも真正面から向き合わないといけない。
歴史をいいかげんに扱うことの怖さ。
すなわち国を滅ぼすことだ。

率直に聞きますが、
具体的に何条が押し付けられたというのか、他の日本国民がどのように考えているのか知りたいです。
どの箇所が現状に適していないのか。
自民党の改正案はHPで見られますが、その前に、大儀が分かりません。
理念隠して小賢しい手口でと言う日本式やめたい。
(もうね、麻生がナチの~というたびに夫と子どもの国を侮辱されているようで堪らんのです。ドイツの戦後の向き合い方知らないから言えるのよ)

憲法を熟知して無いのに、
それこそ観念論で言うのは危険ですから。
「時代に合わないから」「押し付けられたから」

民主主義が根付いていない日本で人権条項に関してかけなかったことを認めて「押し付けられたと」認識すればいいのか。
9条第二項を国民自身が慎重に考え、最低限の防衛力(どの程度、どの分野に主力をおくか 例:救助災害だとか)を持つことを明記すればいいのか。
甘っちょろい中国脅威論など努々思わないほうがいい。そのための戦力を持つなどよく考えてみてください。
まして核の抑制なんて夢物語ですよね。
局所での戦闘に変わっているだけ。

アメリカから主権を回復する、戦後体制からの脱却するには、
日本はどうしたいのかお題をはっきり、有利不利、無理とか、よけいな事は考えず、言う事じゃないのか。
交渉に当たってアメリカ風に言うならば、integrityを持つことが日本側の政治家・官僚に求められる。
当然、前提としてそれを選ぶ国民がそうでなければ。

日本を操る日本人の闇将軍っているの?誰なの?(そんなの聞けるわけ無いか)
この国をどうしたいの?
主権を持った強固な国にしたいの?したくないの?
小手先のやり方でなく、はっきり言ってくれないと混乱してしまいます。


[PR]
by stanislowski | 2017-10-04 17:58 | 考えごと | Comments(0)

若さを失った獅子は…

菅直人さんの直近の写真を見て「随分老け込んだなぁ」という印象を持った。
加えて彼のブログには小池百合子さんに脱原発を期待して「日本のメルケル首相に」というタイトルが有った。(9/26付)

これは一体どういう意味でつけたのか?!
脱原発政策を本気で進めてくれると考えているのか?
彼女の政策に掲げてあったから?※HPからは既に削除されているというtwitterがあった。
私も見たが見つけられない。都民ファーストの会HPと小池氏個人のHP
自然・再生可能エネルギーについてはあった。
彼女の日本の安全保障に関する基本的考えは?

精彩を欠く彼のこの持ち上げたタイトルにがっかり。
かなり小池さんを持ち上げ過ぎ。当選ラインがギリギリの彼はもうできないと諦めているのか託し過ぎ。
夫とともにドイツ総選挙を見てきた。これはやはり現地にいなければ実感できない事なのかもしれない。
メルケルさんの難民政策に批判が多く、彼女の政党はかなり議席を減らしたのですよ。。。
朝鮮人虐殺追悼のメッセージを拒否。

メルケルと小池は違うの。

選挙に勝つためにその都度、自分自身の基本政策理念・信条を出したり引っ込めたりするのは信じられない。
作戦でも「青臭い」のでもなんでもない。
それは民主主義が根付いていないからで、狸ときつねの化かし合いに転じてしまうだけ。
言わない方が、公開しない方が、では庶民はいつまでたっても浮かばれない。
焦る気持ちはあるが時間を掛けないと育たないことがここにある。

とくに西側のチームでやっていくなら明確性が大事だと思うよ。
何度でも言うよ。
原理原則を変えない人・国家が尊敬されるのだから。

若い世代を育てなくちゃと、つくづく思う。

[PR]
by stanislowski | 2017-10-02 16:46 | 考えごと | Comments(7)

海千山千

欧州の大陸続きのところで暮らしていると、様々な国籍・人種・文化の違いに出会う。
小さな私は違う物の見方、ルールに当たると驚いて引っ込んでしまうことがある。
先ず、ここに来た当初、夫の国の言葉を学ぶためドイツの市民講座に行った。
隣に座ったロシア人女性、断りもなしに私の消しゴムを「むんず」と掴み使いやがった。
暫く口がぽかーんと開いて塞がらなかった。
これって普通なの?

駐車も禁じられているところ、通行妨害しそうなところには私は絶対に止めない。
ちょっと微妙な位置に止めたときなどビクビクしてたりするのだが、他の人たちは億尾もなく自分の効率優先で進める。
ユニヴァーサルなルールはあるけれど、それでも自分で考えて(善し悪しは別として)いいとか、安全だとか勝手に規則を変えている。

昨日のフランス語講座で一緒になった、ベラルーシからの女性。
チェルノブイリの事を聞いたら、
「子どもの甲状腺がんが多いのよ」と、言った。
そして私が福島出身だというと、
「ロシアのマフィアが福島からの車を輸入して安く売っていた」とも。
市民の口から口へ伝わる噂の信憑性は如何に。

ほとんど単一民族で日本語で同じルールで暮らしていた事の利点。
平和ボケと言われた、なんと誉れだったこと。
お金を優先して大事なものを売ると、複雑な事に巻き込まれる。
日本に暮らしていながらその資源を享受できず、高いお金を出して水や空気や土を買うことになったら?
膝まづいて
”お情けを どうか”
って隣人に言えるの?

外に出て日本を見つめることができたから分かる。
他国の複雑なこと。
だから利用されないために自分で考えて動くのか。
他人をよーく見ること。
観察すると勘が磨かれる。とは、みどり保育園の天谷先生も言っていたっけ。

海千山千のものと付き合うには心しないと。
それか、初めから触れない。

ここで暮らしやすいと思うのは人々がまだ動物や小さい子ども達に寛容だから。
弱者がいたら、それを手助けする人がいて、また、それに同調する人々が現れてくるから。
無表情で仕事へと通り去る人は少ないと思う。
それから、電車に自転車を載せて移動できること。

きょうもまた現地語学習に励み、自分の原則を変えないで生きるよ。
 
じゃ、また。



[PR]
by stanislowski | 2017-09-29 17:11 | 考えごと | Comments(6)
佐々木寛教員 新潟国際情報大学のtwitterから
”一人の政治家の行為を何でも信じ、許すという心性と、逆にその行為を何から何まで否定する心性は底通しています。市民やジャーナリズムが陥りがちなそのような傾向は、民主政治そのものの質を低下させます。市民が政治家を、その行為がもたらす結果のひとつひとつで判断する習慣が大切です。”

私の好きなギタリストが昭恵ちゃんと一緒に写真に納まっていた。
五体不満足のひと、エスタブリッシュメントな人々とも。
昔のあの頃のロックバンドの真髄ではないんだね。
変わったしまったことを嘆くのはよそう。
ひとつひとつで判断、か。
太郎ちゃんだって思い入れし過ぎちゃいけないのさ。

余談、望月さんや菅野さんのTwitterはコピー、リンクできなかった。
何やら潜むものを嗅ぎ取る。


[PR]
by stanislowski | 2017-09-22 18:39 | 考えごと | Comments(2)

どいつもこいつも

「人間は学ばない生き物だ」と、つくづく思う。
長所も短所も表裏一体と前にも書いた。

山尾しおり、議員辞職ですって?!
そんなら、あの、豊田や今井はどうした?!

こんな大事な時になんで文春につけこまれる様な行動してたんだ?
疚しい気持ちがあるのか?
自分を律することが出来るまともな人間だから辞職を検討しているのか。
なんてこった。
不感症の頭の鈍い議員がのさばって、表立って数の力で政策を可決していく空恐ろしさ。

野党共闘で現政権に対抗して欲しいのに、
野党第一党の民進は前原代表になってしまったし、
その直前の小沢発言もなにやら意味深な、所詮、共産党とは相容れないのか?
肥えた政治家は切れがない。
もはや党を超えて、政策が実態に即していて誠実な、人間味があるなら誰でもいいよ。
まともになってくれー。

私たちの代表として選んだ人が、国民の代表と言うより、いつのまにか権力闘争の相手叩きや潰しに時間を費やしてる。
国民の声を暮らしに反映するなど露ほどにも考えていないようだ。
「市民一人ひとりがしっかりせいよ」と、言うことか。

日本の強さはなんだと思いますか?
私は自分を律することが出来る、出来たことだと思う。
慎み深さ、謙遜を、誇りを、容易く感情に表わさない忍耐強さは、西側列強国に負けまいと無理し過ぎた。
家族のため、町内のため、会社のため、学校のため、国のため…
自己をおざなりにして人間らしく生きられなくなってどうするんですか。
行き過ぎた、疲れを、覚醒するには消費と考えないことだ。

遠くにいてジタバタするなり。
福島の友人の声が聞こえる。
「変えたいんなら、政治家になるしかないんですよ」






[PR]
by stanislowski | 2017-09-07 16:16 | 考えごと | Comments(6)

正義の味方

私が似たような思考の作家を読み求めるのは自然。

人はみな自分が望む答えだけを尋ね続けてしまうものだから。
中島みゆきは「永遠の嘘をついてくれ」で言っている。

”いいところとね、悪いところを分けて考えられる人って、正義の味方みたいな旗ふり回して、人をぶんなぐって歩いて気がつかない人よ。” 佐野洋子/私はそうは思わない より

キャンプ中に再読して、海のトリトンの奥深さを今さら知った。
「現実の戦争を無力な子供として体験した」手塚治虫はじめ、戦後日本の漫画家たちは、ディズニーに学びつつも、傷つきやすく死にやすい人間をフィクションの中でリアルに表現しようと悪戦苦闘してきた。主人公の一方的正義を最後に敵の物語を示すことでひっくり返した富野由悠季の「海のトリトン」によって、日本漫画はディズニーの作劇術を乗り越えた 
米原万理/打ちのめされるようなすごい本 より

この箇所を読んで考えるのは、私の福島に寄せる気持ちだったり、支援の仕方だ。
わたしのそれは独りよがりになっていないか?
何かを傷つけることなしに踏み出す事はできないと、考えに考えた末、そう結論づけた。
その何かは特定できないけれど。

物事には二つあるのかもしれない。
決して触れてはならないもの、そして、未知だけれど可能性を信じて進むべきもの。
そうした末に誤りも在り得る。
その線引きはわたしは人間だから分からない。これしか言いようが無い。
不確かだけれど、ぼやっと思うのは、自然科学で見て原子・元素が還るか還らないか。
俗に言う理数系派官僚系には嘲笑されるだろう、きっと。

福島は党派を超え明確に原発廃炉を打ち出している。
それでもひとつの大きなうねりとなって国を突き動かすにはまだまだ力が弱いと感じる。
福島の人も言う。あっちでこっちで「福島をひと括りにするな」と。そりゃそうだ。
だからと言って忖度などしない。
この事故は多くの結果事例を公表して話し合わなければならないと考える。
自分に置き換えて想像してみて、動いてみて、大切なことをなくすようだったらその時はやめる。
矛盾してるようだけれど行き着くのはわたしは人間だから。

沖縄、広島、長崎、福島、水俣など公害病が起きた地域、それぞれの民主主義度は違うのか?
目に見える犠牲者の数や状態、
直ちには影響はない目に見えない障害とそこからくる人々の差別。
「放射能で死んだ人はいない」と、どこかの愚かな大臣が言ってたっけ。
差別は一時で終わらないから誰もが目に触れないよう口を塞ぐ。
知られないでいるその人だけの歴史、生き方がある。

************************************************************************
日本の強さは国民が天皇を中心として統一しいていたこと。
国民のまとまりがいかに国力となるのか、EUで暮らしてみてはっきりと分かる。
国体がしっかりしていた。文化・教養・農商工業・技術。
島国という地形が他国の侵攻を防いでこられた。
明治維新を境に変わってしまったが、精神的支柱がはっきりしており、これが結果として植民地にならずに済んだのだと思う。この国を敵にするより味方にしておいたほうが得ということ。
ただ、西側の方が早くに発展していたため、速過ぎる文明開化に人々の精神性が追いつかなかった。
それを逆に取られた。
日本のいいところ。
柔軟さ、器用さ、争いを好まない平等さ、勤勉さ。
*************************************************************************

トリトンが正義の味方と信じて「水平線の終わりには~」を歌ってきた50年。
それだけではなかったと知ることが出来た。
2つの本がまた繋がって私の指針となった。





[PR]
by stanislowski | 2017-08-17 21:34 | 考えごと | Comments(0)

お盆の入り

日本人としての精神性支柱かぁ。

宇宙から、地球から、世界から、アジアから、日本から、福島から、
俯瞰して。
大局観で見つめる。

何か見えてくるものある?

吉川君からの気に留めた言葉。
日米地位協定のこと。
それから掘り下げて国連憲章の「敵国条項」のこと。

福島原発事故から知りたい事を調べ、手繰り寄せていくと明治維新に行き着く。

あれから、わたしは、強くというか、危機困難に揺らがないでいられる、自分も自然の一部と認識しそれと共存できるひとになりたいと考えるようになった。

北朝鮮のニュースに、すぐさま、アメリカの核の傘下になどとは思わない。
自ら打たれ強くなること無くして国など、自分など守れない。

精神的にも身体的にもどうしたら他人に侵害されないでいられるか。

似ているようで全く違う、日本会議のそれとは。

今日も読み、考えよう。






[PR]
by stanislowski | 2017-08-11 17:28 | 考えごと | Comments(0)

しおり

書きたいと思いつつログイン画面見てはまた戻る

あんなこと、こんなこと、呟きたいと、エキサイトのログイン画面まで来る。
すると、PR動画で菅官房長官が。
これは何かお笑いのパロディフィルムなのか?と初めは勘違いした。
真面目に動画を流してるのね。
たまげた。

森友学園
籠池のおっさんだけ悪者、逮捕って変でないか?
これで幕引きしようってわけか、いかんぜ。騒げよ。

民進党の訳の分からん動きを書き出してみた。
蓮ほう代表は承知、でもなんで野田だったの?
そして、知人の山尾しおりが首相になったら!という声に、どんな政治家なのかしら?と思えば、横浜市長選において
自公民進として、「カジノ反対?」の統一候補応援。これは正しかったの?
党としての対策、政治家個人としての考え、ごちゃ混ぜだ。

政治なんでどす黒いもの、海千山千に戦わなければならないから清く正しく美しくなんてありえない。
腹の探りあいは分かるけど、ここまで、立場に執着していると、方向性が全く見えない。
作り上げたものを一度ぶっ壊す(それこそ人気のあった純ちゃん節で)、
議員自体も落選して(そんなことになったら国政に関われずかえってよくないという思惑を外し、いや、それもダメか。あの今井絵里子でさえ議員でいれば憲法改正の頭数にはいるのだから)
菅直人の、”自分が作り上げた民主党”というのはあるが、他の改憲派の前原に細野に…菅直人の政策に賛成でも全国区で改憲派を推すことになっるのはいやだから民進党には投票したくない云々。
野党第一党として期待を寄せているだけに落胆してしまう。
しかし、そういった批判の声が民進党に上がり、矛先が変わるのは自公にとって願っても無いことだよね。。

この国に在り方、行方に不安を抱くが、
選挙に勝たないと変えられない。
国会議員にならないと変えられない。
鶏が先か卵が先かの堂々巡り。

リーダーを欲しがっているのに、誰もリーダーにはなりたがらない。
裏で陰で影となって操り、責任の矢面に立ちたくないのがこの国民性なんだね。
金や権力や風潮でうつろがない確固とした人間性、個人と言うものが無いと作り上げられない。

今日は、’家庭菜園のきゅうり、茄子の漬け物うまい’の話をもしたかった。
話題が逸れる逸れる。

’足るを知る’ってよくいうけど、夏のきゅうりの塩もみして冷蔵庫で冷やしたのだとか、もぎたてに味噌をつけたのだとか、
あれこれ手をかけ過ぎない、野菜の地の強みを味わうのって、どれだけ身体に効くのか!瑞々しいきゅうりの緑や茄子の濃い群青など、次回ね。





[PR]
by stanislowski | 2017-08-02 16:46 | 考えごと | Comments(0)

抑制と欲望

私も自然の一部と認識し生かされていると思う。
金属ではなくいつか土に還るものだと。
その上で、今日、家庭菜園をしながら共存ではなく駆除している害虫やナメクジ。
文字にするとおぞましい印象が有ります、が、その方法を明らかすると、”殺す”ということです。

この粘着力のある粘々さはのどの痛みに効く聞きましたが、本当のところはどうなんでしょう。
生きたまま飲む。試す勇気も無いので…

「無農薬の野菜や原種の種を用いた野菜を食べたいね」ということ、
幸い、家庭菜園をする空間面積、時間もあるので育てていますが、
発芽した頃にナメクジに食べられてしまうことが多いので朝夕畑周りを見回りし駆除しています。

後ろめたさや畏れがあるのは言わずもがな。
そうして生かされていることに思いを馳せるのみです。

我が家の土壌はタチアオイの生長に適しているようで、放っておいてもこぼれ種でワシワシ芽が出てくる。
奥会津のあるところでは「デンバラムシの花」と呼んでいるそう。
d0268126_22504395.jpg

昨日、Yahooのトップで、埼玉、秩父の農業施設の女性が、抱き合っているような変形した大根と一緒に写真に納まっていた。見ようによっては誇らしげに。
 こんなニュースを読むたびに私は無邪気ではいられない。
彼の事故の影響がなければよいがな。

引きずり過ぎると生きにくくなる。
拘りと忘れたほうが楽の境界線、
芸術・文化を創造するエネルギーとか無駄とかの境界線、倫理はどこに?どう考える?

今朝の夫の、廉価チェーン店での買い物は控えてなるべく手作りや個人商店で買おうという実直な提案に、
あまり青臭くて、(いや、諦め感がある私より遥かに意識が高いのだが)白けてしまった。
その意義は過剰に生産しない、消費しない、必要な分だけ、プラスチックごみを減らす、ということを自ら示したいということなのだけれど。女性としての楽しみも私は忘れていないから、反発したくなったのか?!

例えば、日本の四季を彩る食卓には複数の食器を用いる。
小さな小鉢や絵柄の皿、お椀、季節を味わう繊細な感覚があっての芸術文化。
色合わせだって気温や季節を考慮している。
本音を言えばもう少し増やしたいが、「同じようなものをまた買ったの?」と、言われるから抑え気味だ。
無駄をしないと言う名目でいえば夫の国の文化は丸。
春夏秋冬白いひと皿に主食、主菜、付け合せ全部盛った、アスパラガスの季節を抜いて、年中、同じようなメニュウ。
夫の家族との食事は情緒が無い。

無駄と暮らしを彩るのバランス。
何に重きを置くか、優先させるか、ストレスを抱えず暮らしていくかが大事なのは分かる。
小さなことに拘り考え過ぎて疲れさせているのは自分かなぁ。

ことあるごとにつまらないと思ってしまう近頃。
いかん。いかん。





[PR]
by stanislowski | 2017-06-04 22:57 | 考えごと | Comments(4)