カテゴリ:ある日( 60 )

あけましておめでとうございます。
2018年が始まりました。

昨日と今日はさして大きな違いはありません。
変わらず止まらず刻々と刻み始める今年の時間。

昨晩の大騒ぎから朝寝坊して、パンとコーヒーのいつもの朝食。
クリスマスが大事でそちらに総て私の労力を使ってしまいましたので、
だらしなく。
イカにんじんも、浸し豆も用意せず。
正月用に買ってきた御膳が泣くよ…屠蘇器もだ。

年の締めくくりに何かひと言!隣人同士の年越しは今回、お題目が課された。
そんなこんなであれこれ探し考えていたら、ある本が手に留まり、それから派生して昔のことを思い出した。

私と同じフランス語のクラスメート、ロシア出身のIrinaは、
トルストイ、ドフトエフスキをはじめとする祖国の文豪が好きだそうだ。
うちにも一冊あるよ。
トルストイの"復活”
長くて乗らなくて読み終えないまま棚に。

そもそもこの本を買ったのは、昔々、NHKでこれをもとにしたドラマを観たからに他ならない。
篠田三郎、原田美枝子。
とても惹き付けられ原作を読みたいと思ったのだ。
浅かった私に理解できるわけもなく。
でも現在なら。

米原万理さんや佐藤優氏といったチームに関心があったり、
私の身近な関わりの中で、結構、旧ソビエト連邦の国々、その支配下にあった人々との交わりが多いのだ。
関わって初めて知るその人間性とお国柄と歴史。
ベラルーシ出身のMarinaとは友達になれたらいいな。

前置きが長くなったけど、
”復活”を改めて読みたくなった。
今なら分かるかな。

あと健康面。
ジョギング、筋力鍛錬、
締めたいんです。。

先ずはこれらが目標。

くだらないつぶやき、
発想が飛躍して独り善がりの何が言いたいのか分からなくなる私の、
そんなブログですがお付き合いくださいまし。

善い年にしましょう!!!












[PR]
by stanislowski | 2018-01-01 22:36 | ある日 | Comments(6)
今日は穏やかな気持ちが澄み渡っていくようなことを書こうとしていました。
のっけから、何が問題のなおか?私のPCハード?それともエキサイトの不具合?文字打ちが進まず朝いちでの記事更新を諦め、グダグダ、ネットサーフィン。

きれいで、華やかで、裕福そうに映る女性インスタグラマーの方々。
私は好奇心と半ば面白半分で観ているのだけれど、こんな経済力持ってる人は持ってるんだ。
ポルトガルがイン?
ポルトとリスボン比べて美しく写真撮っているけれど、夏の終わりの火災の事もそしてスペインも含む水不足の事は知らないのでしょうか。恐らく。
楽しみにしていた海外旅行だもの、楽しめばいっか。

インスタ半分、時事ニュース半分であちこちクリック。
もう情けなくなるニュース、
韓国慰安婦の日制定、
三菱マテリアルの子会社データー改ざん、
神戸製鋼に続いて…
これは氷山の一角か?!
日本人の誠実さよどこへ?
自らを貶めておいて自信喪失になっていたのでは世話ない。
あーあ。
日本製不信に拍車って。
原発売って欠陥品の補償なんて死んでもしないでクレよ。頼むから。

日本よ、過ち弱さを認めて強さに変えようよ。
違うというなら、どこまでも掘り下げて議論する言葉を持とうよ。
それとも。
こんな潔さ(開き直りではない)というか気概も無くしちゃったか。。。
(禊と懺悔、似てるね。人間に都合が好すぎる)

どんどん日が短くなるにつれ気持ちが滅入る。
こんな雨の日のお天道様が見えないときはさらに沈む。
冬至まで「まだかまだか」と、指折り数える。

今日書きたかったことは福音館書店のHPで読んだ事。
ここへくると時間を忘れて夢中になる。
本屋さんみたいに。
コラムを読み漁る。
「やっぱり、わたしは紙で、手元にないと読書できないなぁ」などつらつら考えながら。

ぐりとぐらの山脇さんと中川さん姉妹のご両親は思った通りのユニークなひとだった。
お母さまの、「浜田広介、この人は頭が悪いと思いますよ。話のつじつまがあっていません」と言う逸話。
そういう意見を面白く不思議に思った。

「浜田広介」って、「ないたあかおに」をかいたひと?
この話、好きじゃないことは遠い昔に書いた。
理由はあかおにが好きになれないから。
読み手の受け止め方・度合いは様々だから突き詰めて考えはしないけど、そう。好きじゃない。
この一冊だけで決めてしまうのもなんだけど、好きな作家さんのお母さんと同じだったと、にやつく。
お母さまは、”ひねくれているもの、暗い話とかはきらい”なんだそう。

私の中でこれに続くは、人魚姫、フランダースの犬、幸福な王子。
きらいではないけど引っ掛かり続ける、ごんぎつね。

いつまでも自己犠牲に酔い続けているような気がしてどーもダメだな。
私はこういうことを乗り越え改め、幸せになりたいし、真理は見抜きたいと思うし、
ただでは起きない。
うまくいえませんが、そういうことです。
そして、岩波の「銀のナイフ」を読んで見たくなった。絶版か残念。

サクサク、ここまで書けました。
エジプトではテロが。
クリスマスシーズンに突入です。
平和な週末がありますように。



[PR]
by stanislowski | 2017-11-25 04:10 | ある日 | Comments(0)

遠くの人へ

今朝の朝いちのニュース。
イラン、イラク国境辺りの地震。
ニッポン地震国出身からすれば他人事と思えない。

どうかこれ以上被害が拡大しないことを祈る。
唯でさえ争いが絶えないその地において一般市民が安心して暮らせることを祈ってやまない。

平和が齎されますように。
皆が助け合えますように。

d0268126_20341475.jpg


じいちゃんもむすめっこも
こんな風にひなたぼっこ。

はぁ~シアワセだね。



[PR]
by stanislowski | 2017-11-13 20:36 | ある日 | Comments(0)

雨が降る今日は

畑仕事は休み。
芝刈りも昨日終えた。
よって、週末の始まりの今、PCを前に緊張を解きほぐしている。
午後は知人がやって来るのでケーキでも焼こう。
卵3個、既に室温に戻してある。

13時までまだ時間はある。
読み始めた「ヒトラーの防具」にぐいぐい引き込まれる。
私は読書家ではない。小学生の頃は夢中になって本をよく読んだが、その後はさっぱり。
渡欧して憧れていたオーヴンがそこにある生活になったら、
眺めるだけの雰囲気本、いわゆる「丁寧な暮らし・小さな幸せ本」だけで足りていた。
「どんなお料理がいいかな。どんなテーブルデコレーションがいいかな。」とかなんとか。

最近は知りたいことが有り、ブログ仲間の意見を参考に厳選して購入している。
幸い読書家の方々ばかりで、私の知らないことを記事として載せていらっしゃるので面白く、ありがたい。
東京のご隠居、
会津のお姉さま、
福島のcafebonekoさん、
パリのマダム、
記事を読み、メモし、里帰りの際に地元'岩瀬書店’で購入し抜け目なく持ち帰る。
読書家の方の考え方は奥が深いし、幅が広い。
言葉も光っていて私には眩しいかぎり。
d0268126_18151461.jpg
水曜日に所用でBruxellesに行った。
EU議会、EU連合、EU委員会が立ち並ぶ駅に降り立つ。
この付近の地下鉄でテロがあったのは昨年の3月。
6月2日現在のベルギーの脅威度評価は3(高い。テロの可能性があり、発生し得る)
こんなチラシも入手した。
憲法改正国民投票法は平成19年5月18日に公布、平成22年5月18日から施行って、知らなかったよー。
選挙には欠かさず行っていたが、妊娠・出産と嬉々と幸せに酔っていたあの頃に事が着々と進んでいたとは。
翌年から私ははっきりと知ったのだ。
自由及び権利の保持義務と公共福祉性はいかに日本国民の不断の努力によって保持しなければならないかを!

知りたいことを調べること、本を読むこと、好きなように書くこと、その自由を守ること、
そういったことを失くすとどうなるか。

私みたいなぽわーんとしているブログでも誰かのアンテナに引っ掛かるといいナと思いつつ。

[PR]
by stanislowski | 2017-06-09 18:17 | ある日 | Comments(2)
お久しぶりです。
日本に一時帰国していました。
通常運転が始まってから2週間が過ぎ、書こうという気持ちが追いついてきたので近況と日本で馴染めなかったことをつらつらと。

世の中の流れは早い。現在はブログよりもインスタの時代かなと思う。
写せばほら簡単。コピー&ペースト。
人は文章を書くことが億劫になっているように思うし、同時に、読み書き力がものすごい速さで衰えていく。
私も文章が書けなくなっている。
何というか本当に話し言葉。(共産党の元委員長、不破氏のように言葉も演説も惚れ惚れするくらい使いこなしてみたい。)
雰囲気で魅せる。
忖度ですか?
言葉の存在が薄い。

一度は子どもにあの世界を見せないと、我慢させて変に爆発するより、幻想と現実を見せたほうが腑に落ちるかと思って、
夫が嫌いなTDL(東京ディズニーランド)に里帰り中に行った。
田舎暮らしになれてしまった私はあの人混みがもう我慢できなくなっていた。
田舎っぺゆえ、そして何十年か振りゆえ、TDLの効率的な遊び方だとか、どこにどんな施設があるだとかの活用法が分からなくて苛々してまった。
何にも増して、こちらが「かっかっ」と、訳も無く怒っているのに対し、キャストの方、当たり前に説明してくれれば鎮まるものを、あの独特の口調、TDLマニュアルの微笑みながら演技しながらの対応が逆に油に火を注ぐ。
TDLに行って夢を見るでなく、「待つ」ストレスをもっとも感じるなんて、あー。
例えば、私が、
「すみませーん。混んでいるからもうひとつレジ開けてくれませんか?」
なんて言おうものなら、子どもが、
「ママ、やめて」
と、バツがわるそうに恥ずかしがる。
これは異国暮らしに順応したというよりオバサンパワーなのかしら。

兄は老人福祉施設で働いている。
冬にインフルエンザ予防接種をしてほしいと勤務先から言われたそうだ。
新型ワクチンは副作用のリスクがあるとニュースで知って、なるべく受けないようにと言っていたのに、
接種しない職員は勤務はしないでとのお達しがあったそうだ。
びっくり。
そんな命に関わるリスクすら選択出来ないなんて。
風邪を引いても病気になっても休養できない休めない社会がここにある。

成田空港の中国人観光客の多さに到着して先ず驚く。
年々増えているんでないがい?!
春の新学期にあわせて留学に来ていると成田空港職員が仰っていた。




More 長いので畳みます
[PR]
by stanislowski | 2017-05-02 03:34 | ある日 | Comments(2)

守護聖人

ある日、文子さんか綾子さんとか言う人が私の肉体に入り込んだ。
その人がいい精かわるい精かは分からないが、来た。
夢?幻?現実?
でも身体には感覚が残っていた。
そのひとは独身で生を終えたようだ。
悲しかったらしい。

旧暦で年が移り憑き物が明けたとは感じていたが、
新たな、言葉では言い表わせない不思議なものが守ってくれていると思いたい。

この女性の気持ちを汲み取り生きていかなくちゃとだけ。
何をどのように?って見当もつかないけど、彼女は無念だったの。
一日、怠けないで諦めないで言葉を学んだりやるべき私の仕事をこなす。
眠りに着くときは心を鎮めてあれこれ思い煩わない。

霊感は特に強くは無いが、感じなくは無い。
どの方向に行けばHAPPYか悪い人は直ぐ嗅ぎつけられる私だから。
不思議な体験。


[PR]
by stanislowski | 2017-03-18 23:08 | ある日 | Comments(0)
連れ合いの健康で気になることが見つかった。

私はEUで暮らすようになり、これ以上自分が先頭になることはない、なりたくないと思いながら過していたらしい。
母が脳溢血で倒れ、東日本大震災、原発事故と、「これ以上ドラマチックはたくさんだ」と。「守られていたい」と。
それがなんと愛情がなく思いやりがなかったと気づかされたこの2.3日。

突然目のあたりにした現実にファンタジー頭が一変する。
把握しておかねばならぬことがある。
お互いに重要書類のファイルを確認しあう。
言葉もそうだが、文化・慣習というか、このへんの暮らしに纏わるあれこれをまだまだ理解していない。経験が足りなさ過ぎる。

「言葉は学ばないと」と、学校に行き学んだが、
「果たして実力は?」と、聞かれれば恥ずかしい限り。
必死さが足りない。

PCに座る時間、読み始めるとキリがない政治の話、そして悲観的に考えると止まらない妄想に、線を引かないと。
不安は備えや準備・訓練で少なくする事は出来る。
そういう風に考えようと思う。
日本の状況に対しても心配し過ぎない。相手も子どもじゃないんだから(と、思いたい)
私だって外から見ればEUの不穏の空気の中にいるのかも。

どのくらい自分が事前に準備したかで自分の姿勢も強固で確かになる。
でも、やっぱり、残される方はいやだな。
生きていくのは大変な事なのだ。

よりよく生きようと頑張っても歴史の一齣で跳ね倒されて終わるかもしれない。
でも、誇りを持って生きることを芯としたい。
そんな誕生日の朝。
d0268126_17480580.jpg
写真は新月の翌日芽を出した何か。
子どもが蒔いた種。
未来はここに。



[PR]
by stanislowski | 2017-03-01 17:49 | ある日 | Comments(10)

精米やののっこちゃん

精米屋ののっこちゃんが亡くなった。
28年間施設に入所していた。
ひっそり家族葬だったのに、父には知らせが入ったそうだ。

のっこちゃんは我が家のご近所さん。
いつもばあちゃんと(のっこちゃんのお母さん)買い物に来てくれた。
ひとりで買い物に来るときはメモを握り締め小銭を持って。
ちゃんと用足ししなくちゃだから手に力が入ってぎゅうぎゅう。
だからメモはくしゃくしゃになっている。
レジ番を仰せつかった私も、「なぁに?」って、メモを開いて、
御用のものを袋に入れてバイバイする。

あるとき、ばあちゃんが先に天に行ってしまって、つぎにじいちゃんが。
兄弟たち家族はそれぞれの事情があって、のっこちゃんは施設に行く事になった。

のっこちゃんは知的発達障害者だった。

施設に入ってからも、口にする食べ物、野菜に果物にパンにお菓子、みな、
「たけちゃんがら買ってきたのがい?」、 (たけちゃんとは父の名)
「たけちゃんがい?」って
いつもいつも聞いていたと、父はお通夜で聞かされたそうだ。

のっこちゃんの行動範囲は狭かった。
いつもばあちゃんと腕組みしながらウチの店に買い物に来て牛乳を飲んだ。
家族もうちまでを最長と決めていたのかもしれない。
だから、ウチの店がお出掛けの場の最高の場所だったのかもしれない。

一度、しゃがんで道路端でおしっこしたのっこちゃんをそのままにしてしまった。
何で止めなかったのか?
精薄という言葉は使われなくなったが、わたしはのっこちゃんを差別というかいやだと思ったのだ。

わたしのいやらしさとは裏腹に、父の小さなお店をいつまでも最高の場所とし、
「たけちゃん、たけちゃん」って、
そんな思いをもって旅立ったのっこちゃんの魂の清らかさよ。

ようやく赦された思いがするのか?

涙が、鼻が痛いほど鼻水が流れて止まらない。

ありがとう。そして、ごめんね。
私の小さな父の店も時代に押されてしまったけど、まだ体の続く限り務めているよ。
[PR]
by stanislowski | 2016-06-20 21:08 | ある日 | Comments(0)
”平和のために打ち鳴らそう”と題された行事が学校で催されました。

d0268126_1342071.jpg

狙いは世界の貧困に苦しんでいる子どもたち、争いに巻き込まれている地域の子どもたち、難民となってしまった子どもたち、そういった困難な状況にある多くの子どもたちについて話そうというものです。

それぞれ打楽器や鳴り物を持ち、学校の周りを練り歩くというアクション。
準備としてモラルと宗教の教師らがそれらに纏わる詩や知られている音楽の歌詞などを、
子どもたちに提示し、どうしたら平和になるかについて考えさせていたようです。

これはブリュッセルでのテロ事件以前に企画されていた事なのですが、
子ども達は改めて何か感じたりしたでしょうか?

一日だけのきれいごとのお祭りで終わって欲しくないなと思います。
また、押し付けるものでもないから、私たちは私たちの姿勢をこれまで通り続けるだけです。

我が家では幸いにも日常の事が滞りなく行なわれる状況にあるので、まだテロ事件について深く話し合ってはいません。

心配してくださった皆様に感謝申し上げます。
ブログのみのお付き合いなのに、安否を気に掛けてくださる人がいることは心強いものです。

そんな方々と交流できることがうれしいです。
[PR]
by stanislowski | 2016-03-26 01:35 | ある日 | Comments(0)
やっと独りの時間が出来ました。
先週金曜から夫が、続いて子どもが発熱。
自宅静養でやっと今日から出社に登校。ふーっっ。

週末の緊急当番医は恐らく風邪と思われる子どもたちで溢れかえっていました。
19時には当番医に受付したのに帰宅したのは22時でした。

風邪(発熱)って一言で言ってしまうけど、細菌から来るものかウィルスか?
医師でないと判断ができません。ウチの子は発熱と言うとすぐ肺炎を起こしていたので医者に診て貰うのは必須と考えていました。今回はウィルス風邪だったので、水分補給と休息と熱が高くなったらパラセタモール飲ませて熱を下げる。それのみ。

予防のインフルエンザ接種は一切しません。
夫も抗生剤に関しては安易に受け容れたくない考え。
処方された日にはかなり大きな溜め息をつく。
これに関しては一緒に暮らして初めて知った事です。
日本での私はむしろ、「抗生剤くれー」で、なんて無知・無防備だったのかと吃驚。

ドイツで働く夫、医者からの「休むべし」の診断書を貰い、休息できました。
こんな労働条件・環境が整備されているのは、考えてみれば、組合や民主主義と言うものが発達しているからなのかなと、思いました。

*****************************************************************

昨夜は保護者と教師の個人面談。
第3ヶ国語のフランス語をどのように伸ばしていくか?が目下大きな課題です。

いずれ学校をドイツに変えるか?父の言葉ドイツ語を(子どもは面白がって父国語という)第一に捉えしっかり身に付けさせていくか、まだ結論は出ていません。

毎日の学習に必要なフランス語の語呂不足でジワジワと算数にも影響を及ぼし始めているらしい。
これはうっかりでは済まされない。

どんな方法がいいのでしょうね?
先生は、「フランス語の本を音読させない」と、言ったけれど。
そうなのだ。彼女のディクテのテストも最近は惨憺たるもの。
聞き取れない?書けない?読めない?

外国語はそこに住んでるだけでは身に付かない。フランス語圏のお友達と遊んでいるだけではダメよね。当たり前だけど。話す、聞くは、生き残り術の最低のレベルで何とかなっても、読み書きが出来ないと仕事に就けないよ。父国語のドイツ語だって同じ。

フランス語を意識する。
音読、一文節を書かせる、子ども向けTVを観せるとか。
毎日少しの努力がやっぱり力に繋がるのかな。

健康が戻ったから今度は知力。

ドイツ語は夫に任せるとしてフランス語何とかしないと。
あー、母ちゃん、焦るぅ!!!
[PR]
by stanislowski | 2016-03-17 17:19 | ある日 | Comments(4)