カテゴリ:ダメダメ原発( 28 )

市民政治の育て方

仲間同士で情報を共有、交換して力づけしてます。
そんな関係は楽しいです。
ワタシみたいなドラマちっく好きは直ぐ厳しい現実に崩れ落ちてしまい、自棄になりがち。
が、
その反対の性格の人がいて、また立ち直る。
この繰り返し。

わたしは時間があるので専ら情報探し。
d0268126_18400823.jpg
知る人ぞ知る佐々木寛氏の本!
お勧めの内村鑑三の話も並べておきます。

地方における社民党や共産党等のハブ的役割、野党共闘に関してもっと評価されていいと思う。
真新しい立憲民主党の前に霞がちだけど、
私は一貫して社民党をおすよ。
私の福島一区だって、社民の叔父が支援した金子恵美が当選した。
そうした協力体制のもと当選した議員には、本当に市民のところまで降りてきて欲しい。
あなたに何を託したか。

一市民の私と政治家は対等。
誰に従う、
夫に従うでなく、
わたし。

わたしはどうなのか。



[PR]
by stanislowski | 2018-01-09 19:22 | ダメダメ原発 | Comments(3)

廃炉

今日も平穏を脅かすニュースに、ぐらぐらして気持ちが不安定。
原発へのミサイル攻撃のニュース。

いよいよそんなのが現実となってしまうのか?というこのギリギリの状況に、
まだ「経産省の原発新設意向、経団連が歓迎~」って。
ミサイルのための避難体勢取ってないで、目を覚まして日本の安全保障よっく考えてよ。

政治家はもとより、研究学者、専門技術者の方々、
原発新設より、
廃炉技術で世界でトップになって国を豊にしてください。
そういう人材や技術があるうちに、いち早くやってしまったらいいのに。
そうして尊敬されるのが鼻をくすぐって気持いいと思いませんか。

福島第一原発事故は収束していない。
そしてエネルギー政策は市民一人ひとりが考えないと、ロビーのプロパガンダにころっと騙される。

これを終わりにしてくれるためなら、出来ること精一杯努めたい。
どうかお願いします、頭冷ましていこう。



[PR]
by stanislowski | 2017-12-04 03:48 | ダメダメ原発 | Comments(2)

社民党のこと

私は社民党支持者が増えればいいと思う。
だから現野党(社民党)が嫌いという人の意見をもっと聞いてみたい。

政策、第一に国家安全保障と経済ですか?
「お花畑」というひとの、国家安全とは何と考えますか?
中国脅威や北朝鮮?
多国間でなく自国内においての安全とは?
2011年3月原発事故以来まだ原子力緊急事態宣言発令中なのですよ。
福島県の一部、国土をなくしても鈍感であることを否めない。

東芝のTV事業を中国企業に売却。
自国産業を細らせおいて…原因は原発事業の赤字だろ。
その上、中国へ蓄えてきた頭脳・技術移転の結末。
そんでもって中国脅威を言うか?!
人が好すぎて。リベラルすぎて。
やってることがおかしいだろ。

私だって原発のことなんてもう考えたくない。
心踊る楽しいことを胸に抱きながらでないと生きていけない。
でも、安全だと言い切れないからまた考え始める。

社民主義はなんたるか。
イメージでなく政策を読み取る事なくして、誰が自分の暮らしを守れるものか。
働き過ぎて時間が無さ過ぎて社会を見る力が鍛えられなくて、そして生命体としての力がなくなってきているように見える人々。
声を出して「自分を守ってくれー」というのは、まともな人間の生きる力ではないか。
働く人たちで連帯して待遇・処遇改善に努めるのは当たり前なんだ。
そして資金力で計れない、人間なら誰でも受けられ物事、つまり人権を唱えること。
弱者が切り離される、格差が広がる社会は生き難い。
動物が殺傷処分される日本ってどうなの?




若い社民党メンバーも頑張っている。
いろいろクリックしているうちに社民ユースのHPにたどり着いた。
見つけるのに時間が掛かったよ。
哀しいかな今はSMSの時代で、それも有効活用して戦略としなければならないのかも。
デザインや目に付く標語。
一発でヒットするキーワード。

地域で根を張って大きき躍進して欲しいものだ。
いつでも表舞台に出られるよう手筈、準備を怠りなく。
付け加えるなら、2016年から更新されていないHPを刷新してくださ~い。


[PR]
by stanislowski | 2017-11-14 19:05 | ダメダメ原発 | Comments(0)

市民の力

ドイツの西Aachen、ベルギーと国境を分ける町。
ここは老朽化したベルギーの原発の風下に当たる65km圏内。
民主主義が機能しているところなら、こういう運動が沸き起こるのは普通かもしれない。

6月25日はAachenから原発のある町Huyまで、人の手を繋いで鎖にして反対意思を示そうというアクションが行なわれた。
ドイツから始まりオランダも風下に入るのでオランダの町を抜け、ベルギーのThiangeまで。
私達家族もピクニック気分で弁当持参で楽しみながら手を繋いだ。

ベルギーに居住ということもあり、強い反対の意思を示したくて最も近い原発3kmのところに陣取った。
楽器を奏でたり、太鼓叩いたり、プラカード掲げたり、そんなことをして過した。

終了後にも、翌日にも、参加した人たちの「よかったよね」と言う声が多く聞かれた。
ゆるーい時があってもいいよね。
広げるにはほんのちょっとした会話から、構えないで、隣人と「どう思う?」と、巻き込んで行くことが大事。

d0268126_23190144.jpg
この安全ベストを着た左側のじいちゃんの音頭で、アクションは手を繋ぎながら、定刻に2回、「原発止めろ」と声を上げた。
隣にいた60代と見受けられるベルギー人夫妻(茶色の帽子をお召しになった方)シャルルロワからだそう。
このご夫妻、
「あれっ?もう終わり?これだけっ?」
ってちょっぴり不満げ。
なぜかって?
この方たち数十年前に、ベルギー、フランスの原発反対運動で火炎瓶投げ込んだそうな。
レジスタンス!
穏やかで知的な佇まいからは想像できなかったけれど、信念をもって行動されているから素敵だったんだな。

「殺せ、暴力を振るえ」と、易々と言えないが、
そうした方法に訴えないと報われないってこともあるのかもしれない。

ただ、この日は小さな子ども連れの人たちも多く、こうしたささやかな活動から、市井の人々から、
変えて行く力が芽生えていくのだと改めて思い知った次第。



[PR]
by stanislowski | 2017-06-27 23:38 | ダメダメ原発 | Comments(6)
浮かれる前に、安心する前に、ちょっと待てよ。
日本はいまも原子力緊急事態宣言発令中なのです。
気を引き締めて参りたいものです。
d0268126_18220061.jpg

難しいことを分かりやすく。
辛く哀しい事に人間味を加えて。
マコさんは原発事故以来ずっと経過をレポートしているので詳しいです。
報道されていない、行き渡っていない事実はまだまだある。
とてもよい講演でした。

’福島に住んでいる人がどう受け止めるか考えてから発信せよ”
こういう声が有ります。
私自身の処し方はそれをする毎に考えます。

発信する?
発信しない?

どちらも有りなのだと考えます。
それによって傷つく人がいる、いない。
考えましたが、私達はそうやって行き続けていくのだと思います。

「続く」「生きろ」
これです。

配慮すれば言論歪む。

マコ・ケンを見れば分かる。
そのひとから発せられる妙味・知性は人を惹き付けてやまない。
私も彼らも生きたいのです。
後に続くものたちもずっと生き続けてほしいと願っているのです。


[PR]
by stanislowski | 2017-02-21 18:24 | ダメダメ原発 | Comments(4)

フランスのフラマンヴィルという町。
原子力発電所内で火災が発生した。
複数の負傷者が出た模様。

観念論でなく、もう原子力発電は古い。
蓄電技術も発達してきた。
再生可能エネルギーも広まってきた。
冬に室内で半袖でなく一枚上着を着ればいいじゃないか。
何にそんなに電力を必要とする。
気づき始めている右肩上がりの経済成長は飽和。
気づかないふりして安く壊れやすいものを大量生産して回していくか。
原子力村はまだ執着するか?
廃炉ビジネスに転換すればいいじゃないか?
自然と人が共に生きることを考えないのか?
ヒトが第一出ないとダメなのか?


敷地外への放射能漏れはないとしているが・・・

以上、ドイツ紙 Die Zeitより



[PR]
by stanislowski | 2017-02-10 16:55 | ダメダメ原発 | Comments(2)

風よ伝えて



「風よ伝えて」
詞・曲 南修治 
歌・佐藤孝雄 
演奏・なかよしバンド

言葉と音楽の持つ力を信じたい。
なかよしバンドの佐藤さんの歌は生きる姿勢から。
プロフェッショナルかアマチュアなんて関係ない。

真実の音楽は何人にも響く。

哀しいから歌うんだろ?

真実を炙り出すには誰かの傷の上に為し得るものなのかも。
それをするか、しないか、置かれた状況で違う。
かけがえのない大切なものを守るのに、どちらが正しいなんてないと思う。

生き続けて行く限り答えはない。

多くの人に聴いて欲しい。



[PR]
by stanislowski | 2017-02-03 18:09 | ダメダメ原発 | Comments(2)

第24回参議院選挙

在外投票するつもりだから、郵便投票にしようか在外公館に行こうか考えあぐねていたら、
なんと!!!

在外選挙は、

6月22日公示
6月23日~7月3日までが投票可能期間

となる。

早めは早めに行動していたつもりでも、日本から投票用紙を取り寄せるとなると時間的に余裕が無い。
しまった。

日頃から勤めて日本の情報を掴んでいないと主権が・・・・

在外公館に赴き、しっかり自分の一票を投じてきます。


さいごに、原発汚染土が(ベクレル度が問題にならない程度)公共用に使われるそうな。
こうして非日常が日常となり少しずつ少しずつ感覚が麻痺して、原発事故をも運命とし恐がらなくなるのかな。

私の方が異端で放射脳と言われる日がくるのか?

参院選で引退する議員たち。
その議席が悪い方へ流れないようにと願う。
[PR]
by stanislowski | 2016-06-08 15:49 | ダメダメ原発 | Comments(2)

乳歯保存プロジェクト

環境ジャーナリストの友人が呼びかけています。

乳歯保存プロジェクト
原発事故と被曝の関連を証明するための手段。

抜けた乳歯を、どうぞ、捨てないで取っておいて下さい。

このプロジェクトのこと、広めていただけますよう皆様にお願いします。
[PR]
by stanislowski | 2016-05-07 13:45 | ダメダメ原発 | Comments(0)
今年最後の投稿。

主に原発について考えたり、話したくて再開したブログでしたが、
私の考えは、「もう止めてくれ」の、一点張りで議論する余地も猶予もありません。

「いろんな考え方があるから」なんて、似非リベラルも気取りたくないし、同じような意見の方とは閉塞感を感じてしまって、コメント欄を閉じてしまいました。
反対意見の誰かととことん話し合うなんていうエネルギーもない。弱虫。
そんな気力・体力があるなら、自分自身もっと身近な社会運動に積極的に参加しようと思います。

論理に論理で応えられるほど私は練習を積んでいない。
気持ちが先、動物的勘が先に出て行動する。
それが私にとって「生きるのに」大事だと思うから。

原発や安全保障、
人が幸福に生きる権利、その真理はひとつではないの?!
殺さないこと、毒を撒き散らさないこと、全ての元素は自然に還ること、巡ること。

ベルギーの欠陥が有りすぎる老朽化した原発が次々と再稼動されてノイローゼになりそうです。
福島、実家とここの原発立地から60km圏内という偶然。
ト・ラ・ウ・マ。

もういや。

普段から心して生きていないと、私達の安全で平和な暮らしなんて守れない。

今年最後の締めくくりに叫んで終わります。
来年は勇気が出てコメント欄、開けられるかな?

2016年が穏やかで守られますように。
みなさまがいつも幸福でありますように。

ここを訪れる私のブログ友へ愛をこめて。

よいお年を!

Tschüss !
[PR]
by stanislowski | 2015-12-31 04:07 | ダメダメ原発 | Comments(2)