<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

正義の味方

私が似たような思考の作家を読み求めるのは自然。

人はみな自分が望む答えだけを尋ね続けてしまうものだから。
中島みゆきは「永遠の嘘をついてくれ」で言っている。

”いいところとね、悪いところを分けて考えられる人って、正義の味方みたいな旗ふり回して、人をぶんなぐって歩いて気がつかない人よ。” 佐野洋子/私はそうは思わない より

キャンプ中に再読して、海のトリトンの奥深さを今さら知った。
「現実の戦争を無力な子供として体験した」手塚治虫はじめ、戦後日本の漫画家たちは、ディズニーに学びつつも、傷つきやすく死にやすい人間をフィクションの中でリアルに表現しようと悪戦苦闘してきた。主人公の一方的正義を最後に敵の物語を示すことでひっくり返した富野由悠季の「海のトリトン」によって、日本漫画はディズニーの作劇術を乗り越えた 
米原万理/打ちのめされるようなすごい本 より

この箇所を読んで考えるのは、私の福島に寄せる気持ちだったり、支援の仕方だ。
わたしのそれは独りよがりになっていないか?
何かを傷つけることなしに踏み出す事はできないと、考えに考えた末、そう結論づけた。
その何かは特定できないけれど。

物事には二つあるのかもしれない。
決して触れてはならないもの、そして、未知だけれど可能性を信じて進むべきもの。
そうした末に誤りも在り得る。
その線引きはわたしは人間だから分からない。これしか言いようが無い。
不確かだけれど、ぼやっと思うのは、自然科学で見て原子・元素が還るか還らないか。
俗に言う理数系派官僚系には嘲笑されるだろう、きっと。

福島は党派を超え明確に原発廃炉を打ち出している。
それでもひとつの大きなうねりとなって国を突き動かすにはまだまだ力が弱いと感じる。
福島の人も言う。あっちでこっちで「福島をひと括りにするな」と。そりゃそうだ。
だからと言って忖度などしない。
この事故は多くの結果事例を公表して話し合わなければならないと考える。
自分に置き換えて想像してみて、動いてみて、大切なことをなくすようだったらその時はやめる。
矛盾してるようだけれど行き着くのはわたしは人間だから。

沖縄、広島、長崎、福島、水俣など公害病が起きた地域、それぞれの民主主義度は違うのか?
目に見える犠牲者の数や状態、
直ちには影響はない目に見えない障害とそこからくる人々の差別。
「放射能で死んだ人はいない」と、どこかの愚かな大臣が言ってたっけ。
差別は一時で終わらないから誰もが目に触れないよう口を塞ぐ。
知られないでいるその人だけの歴史、生き方がある。

************************************************************************
日本の強さは国民が天皇を中心として統一しいていたこと。
国民のまとまりがいかに国力となるのか、EUで暮らしてみてはっきりと分かる。
国体がしっかりしていた。文化・教養・農商工業・技術。
島国という地形が他国の侵攻を防いでこられた。
明治維新を境に変わってしまったが、精神的支柱がはっきりしており、これが結果として植民地にならずに済んだのだと思う。この国を敵にするより味方にしておいたほうが得ということ。
ただ、西側の方が早くに発展していたため、速過ぎる文明開化に人々の精神性が追いつかなかった。
それを逆に取られた。
日本のいいところ。
柔軟さ、器用さ、争いを好まない平等さ、勤勉さ。
*************************************************************************

トリトンが正義の味方と信じて「水平線の終わりには~」を歌ってきた50年。
それだけではなかったと知ることが出来た。
2つの本がまた繋がって私の指針となった。





[PR]
by stanislowski | 2017-08-17 21:34 | 考えごと | Comments(0)

お盆の入り

日本人としての精神性支柱かぁ。

宇宙から、地球から、世界から、アジアから、日本から、福島から、
俯瞰して。
大局観で見つめる。

何か見えてくるものある?

吉川君からの気に留めた言葉。
日米地位協定のこと。
それから掘り下げて国連憲章の「敵国条項」のこと。

福島原発事故から知りたい事を調べ、手繰り寄せていくと明治維新に行き着く。

あれから、わたしは、強くというか、危機困難に揺らがないでいられる、自分も自然の一部と認識しそれと共存できるひとになりたいと考えるようになった。

北朝鮮のニュースに、すぐさま、アメリカの核の傘下になどとは思わない。
自ら打たれ強くなること無くして国など、自分など守れない。

精神的にも身体的にもどうしたら他人に侵害されないでいられるか。

似ているようで全く違う、日本会議のそれとは。

今日も読み、考えよう。






[PR]
by stanislowski | 2017-08-11 17:28 | 考えごと | Comments(0)

表と裏

近所に新築アパートが建つ。
コンクリートを流すダンプカー、土を掘り起こしたものを持ち去るダンプカー、基礎を作るためのコンクリートのブロックや配管を運んでくるダンプ、「ドカン、スカン」騒がしい。
個人の一戸建てと違い短期間で打建ててしまうため一気にその期間は出入りが激しい。
しかし、ある時間になるとその喧騒が静まる。
おじゅうじ、おひる、になると、人間がしていることだものお腹が空く。

職人さんの弁当は大きなクーラーボックスが定番だ。
青い色で手提げの持ち手がついている。
飲み物、サンドイッチ、頬張る姿に、「ああこのひとたちも誰かのこどもなんだな」と、妙に納得する。
無防備と言うか、荒々しい所作とは対照に、小さなひとになってしまうから。

交通整理人もいない現場で他の交通の妨げになろうが、横暴に道路に横付けしないと、道の真ん中で切り返ししてバックで入らないと重たい資材を運べない・下ろせないとか。
本当にこんな現場に出くわすと、「チッ」と、舌打ちして憎々しげに思ったりする。
そんなぶっきら棒な大の男がうれしげに弁当を広げる。
それまでの「早く終わって行っちゃってよ」と言う気持ちとは反対の母心なるものが滲でくる。

一度、我が家建築時に職人さんのクーラーボックスを見せてもらったことがある。
サンドウィッチ!茶色のスライスしたパンにサラミ、ハム、ゴウォダーチーズ、サラダ(レタスのこと)、
〆は甘い乳製品、EUの種類豊富なヨーグルト製品を日替わりで見る楽しさったらなかった。
もれなくチョコレートも。
男なのに!って。

弁当の時間が切なくなるのはなぜか。
それを詰めてくれる母の姿を思い起こすからだ。
自分を想ってくれる誰かをその度に想い起こすから。
おかずの品とかキャラ弁には関心が無い。
白いごはんに梅干しの海苔の塩辛いのに私は弱い。

あと、どれくらい掛かるのか。
静けさが戻るのを願いつつ、今日も現場に通う作業員を見つめる。


[PR]
by stanislowski | 2017-08-04 15:20 | Comments(0)
さしたることもなし。
あっても個人の呟き程度の浅いもの。
近況報告の場になっているこのブログ。

庭仕事が忙しくなると、そちらにどんどん引き込まれていき没頭してしまうので、
自然消滅しちゃうかもと思いながら、
それでも、この場でおしゃべりしている方々との繋がりは断ち切り難く思い出したように書いたりもする。
文が下手なら写真で穴埋めする方法もあるが、その為にカメラを携えシャッターチャンスをいつも狙っているのも変。

庭仕事に没頭するのと、ネットをクリックしていく止まらないのとは、何かが違う。
本当にやり始めたら止められない、止まらないのだ。
それは生長しているものが相手だからなのか、
この瞬間に「手を掛けないと、促し、支えないと」と、いう一秒たりとも無駄にできない抜き差しなら無い関係があるからなのかもしれない。
そんな緊張感がものすごく好きだ。
清々しい。
畑仕事の合間のコーヒーと甘いケーキ、晩方には腹がへる。

近ごろのこと。
寝る直前には何も考えないようにしよう、そう努める。
「反省も後悔もしない」

おまけ、猫好き馬鹿へ贈るお気に入りの一枚。
d0268126_16563210.jpg
うちの王妃様。
気高く侵入者を容赦なく威嚇する。

[PR]
by stanislowski | 2017-08-03 16:57 | Comments(2)

しおり

書きたいと思いつつログイン画面見てはまた戻る

あんなこと、こんなこと、呟きたいと、エキサイトのログイン画面まで来る。
すると、PR動画で菅官房長官が。
これは何かお笑いのパロディフィルムなのか?と初めは勘違いした。
真面目に動画を流してるのね。
たまげた。

森友学園
籠池のおっさんだけ悪者、逮捕って変でないか?
これで幕引きしようってわけか、いかんぜ。騒げよ。

民進党の訳の分からん動きを書き出してみた。
蓮ほう代表は承知、でもなんで野田だったの?
そして、知人の山尾しおりが首相になったら!という声に、どんな政治家なのかしら?と思えば、横浜市長選において
自公民進として、「カジノ反対?」の統一候補応援。これは正しかったの?
党としての対策、政治家個人としての考え、ごちゃ混ぜだ。

政治なんでどす黒いもの、海千山千に戦わなければならないから清く正しく美しくなんてありえない。
腹の探りあいは分かるけど、ここまで、立場に執着していると、方向性が全く見えない。
作り上げたものを一度ぶっ壊す(それこそ人気のあった純ちゃん節で)、
議員自体も落選して(そんなことになったら国政に関われずかえってよくないという思惑を外し、いや、それもダメか。あの今井絵里子でさえ議員でいれば憲法改正の頭数にはいるのだから)
菅直人の、”自分が作り上げた民主党”というのはあるが、他の改憲派の前原に細野に…菅直人の政策に賛成でも全国区で改憲派を推すことになっるのはいやだから民進党には投票したくない云々。
野党第一党として期待を寄せているだけに落胆してしまう。
しかし、そういった批判の声が民進党に上がり、矛先が変わるのは自公にとって願っても無いことだよね。。

この国に在り方、行方に不安を抱くが、
選挙に勝たないと変えられない。
国会議員にならないと変えられない。
鶏が先か卵が先かの堂々巡り。

リーダーを欲しがっているのに、誰もリーダーにはなりたがらない。
裏で陰で影となって操り、責任の矢面に立ちたくないのがこの国民性なんだね。
金や権力や風潮でうつろがない確固とした人間性、個人と言うものが無いと作り上げられない。

今日は、’家庭菜園のきゅうり、茄子の漬け物うまい’の話をもしたかった。
話題が逸れる逸れる。

’足るを知る’ってよくいうけど、夏のきゅうりの塩もみして冷蔵庫で冷やしたのだとか、もぎたてに味噌をつけたのだとか、
あれこれ手をかけ過ぎない、野菜の地の強みを味わうのって、どれだけ身体に効くのか!瑞々しいきゅうりの緑や茄子の濃い群青など、次回ね。





[PR]
by stanislowski | 2017-08-02 16:46 | 考えごと | Comments(0)