廃墟に花々を


by stanislowski
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2016年参院選、結果を皆さんどの様に受け止めたでしょうか。

悔しいです。

選挙区で三宅洋平氏が取れなくて、比例の忌々しいいまいが滑り込みました。
沖縄政策なしにですよ。あんぐり。

しかし、我が一票、福島で勝ちました!
なんとか、自民の棄民政策を止めたい。

人は入れたい(投票したい)人がいないと言うが、私たちはそれほど日頃から関心を持って政治・社会を見つめているのか・疑問です。
投票したい人(購買したいという感覚なんでしょうか)がないなら、自分たちで望んでいるものを作り生み出しましょうよ。

科学雑誌"日本の科学者” 本の泉社刊で実家の隣町に(わずか3kmほどしか離れていません)、
ホットスポットがあると、昨日、5年後にして初めて知りました。
こんなんでは福島はうかばれない。
復興のため言わない方が、忘れちゃった方がいい。
数値を出して安全だという人も居る。
危険を叫ぶと、それはセカンドレイプだという人も居る。

経済のため、(4年弱原発なしでまわったじゃないか)
中国脅威論のため、
核開発の技術を進めたい?
でも、自分の近くに核廃棄物(瓦礫)を持ち込まれるのは反対なんだよね?

だから私は自民・公明をはじめとする推進派には「いやだ、反対だ」と、言いたい。
原発に代わる対案を出せというロジックも成り立たない。
生物にとって毒だからですよ。
自然界の存在する放射線量と人工のものとは全く違います。

だから。

自民対抗の増子氏が議席を獲得してホッとしました。

「なんで福島で自民が勝つの?」って、身近な、まっとうな、ヨーロピアンから聞かれるの、もう、いやなんだよね。

気持ちを整理して、また、生きていななければ。

夜、安心して眠りにつけるこの日々を守って行きたいです。
 
[PR]
# by stanislowski | 2016-07-11 04:51 | 福島関連 | Comments(4)

精米やののっこちゃん

精米屋ののっこちゃんが亡くなった。
28年間施設に入所していた。
ひっそり家族葬だったのに、父には知らせが入ったそうだ。

のっこちゃんは我が家のご近所さん。
いつもばあちゃんと(のっこちゃんのお母さん)買い物に来てくれた。
ひとりで買い物に来るときはメモを握り締め小銭を持って。
ちゃんと用足ししなくちゃだから手に力が入ってぎゅうぎゅう。
だからメモはくしゃくしゃになっている。
レジ番を仰せつかった私も、「なぁに?」って、メモを開いて、
御用のものを袋に入れてバイバイする。

あるとき、ばあちゃんが先に天に行ってしまって、つぎにじいちゃんが。
兄弟たち家族はそれぞれの事情があって、のっこちゃんは施設に行く事になった。

のっこちゃんは知的発達障害者だった。

施設に入ってからも、口にする食べ物、野菜に果物にパンにお菓子、みな、
「たけちゃんがら買ってきたのがい?」、 (たけちゃんとは父の名)
「たけちゃんがい?」って
いつもいつも聞いていたと、父はお通夜で聞かされたそうだ。

のっこちゃんの行動範囲は狭かった。
いつもばあちゃんと腕組みしながらウチの店に買い物に来て牛乳を飲んだ。
家族もうちまでを最長と決めていたのかもしれない。
だから、ウチの店がお出掛けの場の最高の場所だったのかもしれない。

一度、しゃがんで道路端でおしっこしたのっこちゃんをそのままにしてしまった。
何で止めなかったのか?
精薄という言葉は使われなくなったが、わたしはのっこちゃんを差別というかいやだと思ったのだ。

わたしのいやらしさとは裏腹に、父の小さなお店をいつまでも最高の場所とし、
「たけちゃん、たけちゃん」って、
そんな思いをもって旅立ったのっこちゃんの魂の清らかさよ。

ようやく赦された思いがするのか?

涙が、鼻が痛いほど鼻水が流れて止まらない。

ありがとう。そして、ごめんね。
私の小さな父の店も時代に押されてしまったけど、まだ体の続く限り務めているよ。
[PR]
# by stanislowski | 2016-06-20 21:08 | ある日 | Comments(0)

第24回参議院選挙

在外投票するつもりだから、郵便投票にしようか在外公館に行こうか考えあぐねていたら、
なんと!!!

在外選挙は、

6月22日公示
6月23日~7月3日までが投票可能期間

となる。

早めは早めに行動していたつもりでも、日本から投票用紙を取り寄せるとなると時間的に余裕が無い。
しまった。

日頃から勤めて日本の情報を掴んでいないと主権が・・・・

在外公館に赴き、しっかり自分の一票を投じてきます。


さいごに、原発汚染土が(ベクレル度が問題にならない程度)公共用に使われるそうな。
こうして非日常が日常となり少しずつ少しずつ感覚が麻痺して、原発事故をも運命とし恐がらなくなるのかな。

私の方が異端で放射脳と言われる日がくるのか?

参院選で引退する議員たち。
その議席が悪い方へ流れないようにと願う。
[PR]
# by stanislowski | 2016-06-08 15:49 | ダメダメ原発 | Comments(2)

乳歯保存プロジェクト

環境ジャーナリストの友人が呼びかけています。

乳歯保存プロジェクト
原発事故と被曝の関連を証明するための手段。

抜けた乳歯を、どうぞ、捨てないで取っておいて下さい。

このプロジェクトのこと、広めていただけますよう皆様にお願いします。
[PR]
# by stanislowski | 2016-05-07 13:45 | ダメダメ原発 | Comments(0)
”平和のために打ち鳴らそう”と題された行事が学校で催されました。

d0268126_1342071.jpg

狙いは世界の貧困に苦しんでいる子どもたち、争いに巻き込まれている地域の子どもたち、難民となってしまった子どもたち、そういった困難な状況にある多くの子どもたちについて話そうというものです。

それぞれ打楽器や鳴り物を持ち、学校の周りを練り歩くというアクション。
準備としてモラルと宗教の教師らがそれらに纏わる詩や知られている音楽の歌詞などを、
子どもたちに提示し、どうしたら平和になるかについて考えさせていたようです。

これはブリュッセルでのテロ事件以前に企画されていた事なのですが、
子ども達は改めて何か感じたりしたでしょうか?

一日だけのきれいごとのお祭りで終わって欲しくないなと思います。
また、押し付けるものでもないから、私たちは私たちの姿勢をこれまで通り続けるだけです。

我が家では幸いにも日常の事が滞りなく行なわれる状況にあるので、まだテロ事件について深く話し合ってはいません。

心配してくださった皆様に感謝申し上げます。
ブログのみのお付き合いなのに、安否を気に掛けてくださる人がいることは心強いものです。

そんな方々と交流できることがうれしいです。
[PR]
# by stanislowski | 2016-03-26 01:35 | ある日 | Comments(0)