廃墟に花々を


by stanislowski
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

福島人権宣言賛同者募集

福島人権宣言

脱原発だけじゃないんだ。
いかに被曝を避けるかということも大事なのだと、気付かされた。
福島で体験した人だから見えてくること。

地震とメルトスルー、今後の行方の不安。
福島を分かろうとしても体験していない私が人々の心情を100%理解することは無理。

どうか、「被災していないあなたに何が分かるのか」と、壁を作らないで下さい。
「明日のことは分からない」と、刹那的になるのも至極当然のこと。

しかし。
希望を信じたいのです。
この理不尽を自分の中だけで納得させては昇華させてはいけないと思うのです。
子ども達が、マスクをつけながらする運動会が普通だと認識したまま大人になってはいけないのです。

福島の人でないと動かせないことがあるのです。
外にいるから支援できることもあります。

どうか、多くの人の目に留まって大きなうねりとなりますように。
[PR]
# by stanislowski | 2012-06-25 16:32

声になりません

無垢な目。
彼らの死に様が脳裏から離れません。

我が家の周りは酪農地域なので牛は身近な動物です。
柵に寄ってきた牛に脇道の草を摘むんでやるという行為はごくごく普通なこと。
毎日接している家畜(動物)は愛おしい。
心無き人間より自分に絶対的信頼を置いてくれる動物は本当に本当に愛おしい。

あなた達の無念を無駄にはしますまい。
[PR]
# by stanislowski | 2012-06-25 15:22 | 福島関連

再び

のこのこ出て参りました。
このブログは主に私の主観による3.11の原発事故から思うこと・共感する情報を載せています。

福島を想って泣いている人、福島で毎日擦り切れるように働いている人、
もう誰も!泣いて欲しくない。思い煩って欲しくない。

朝、家の窓をガラガラ開け、往来の少ない道路に出てひんやりとした新鮮な空気の中、
吾妻山に向かって「おはよう」と、深呼吸するのが夢。
幼い頃よくそうしたように。

私がつぶやいても何ら変わらないかもしれない。
それでも。
未熟でも自分の言葉で意見を言わなければ。
未熟故突っ込まれて互いを傷つけあうコメントも御免被りたい。
「突っ込むべきは東電と政府と無関心でしょ」と、切り返したい。

変だ、おかしいと思うことをうやむやにしていては必ずその歪みが後に来る。
2011年3月に生きていたこと、
福島に生まれたことを
噛み締めながら私なりに生きてゆく。

使い捨てにされるのはごめん。

安心・安全な故郷がいつまでも在りますように。
[PR]
# by stanislowski | 2012-06-25 04:33