廃墟に花々を


by stanislowski
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
やっと独りの時間が出来ました。
先週金曜から夫が、続いて子どもが発熱。
自宅静養でやっと今日から出社に登校。ふーっっ。

週末の緊急当番医は恐らく風邪と思われる子どもたちで溢れかえっていました。
19時には当番医に受付したのに帰宅したのは22時でした。

風邪(発熱)って一言で言ってしまうけど、細菌から来るものかウィルスか?
医師でないと判断ができません。ウチの子は発熱と言うとすぐ肺炎を起こしていたので医者に診て貰うのは必須と考えていました。今回はウィルス風邪だったので、水分補給と休息と熱が高くなったらパラセタモール飲ませて熱を下げる。それのみ。

予防のインフルエンザ接種は一切しません。
夫も抗生剤に関しては安易に受け容れたくない考え。
処方された日にはかなり大きな溜め息をつく。
これに関しては一緒に暮らして初めて知った事です。
日本での私はむしろ、「抗生剤くれー」で、なんて無知・無防備だったのかと吃驚。

ドイツで働く夫、医者からの「休むべし」の診断書を貰い、休息できました。
こんな労働条件・環境が整備されているのは、考えてみれば、組合や民主主義と言うものが発達しているからなのかなと、思いました。

*****************************************************************

昨夜は保護者と教師の個人面談。
第3ヶ国語のフランス語をどのように伸ばしていくか?が目下大きな課題です。

いずれ学校をドイツに変えるか?父の言葉ドイツ語を(子どもは面白がって父国語という)第一に捉えしっかり身に付けさせていくか、まだ結論は出ていません。

毎日の学習に必要なフランス語の語呂不足でジワジワと算数にも影響を及ぼし始めているらしい。
これはうっかりでは済まされない。

どんな方法がいいのでしょうね?
先生は、「フランス語の本を音読させない」と、言ったけれど。
そうなのだ。彼女のディクテのテストも最近は惨憺たるもの。
聞き取れない?書けない?読めない?

外国語はそこに住んでるだけでは身に付かない。フランス語圏のお友達と遊んでいるだけではダメよね。当たり前だけど。話す、聞くは、生き残り術の最低のレベルで何とかなっても、読み書きが出来ないと仕事に就けないよ。父国語のドイツ語だって同じ。

フランス語を意識する。
音読、一文節を書かせる、子ども向けTVを観せるとか。
毎日少しの努力がやっぱり力に繋がるのかな。

健康が戻ったから今度は知力。

ドイツ語は夫に任せるとしてフランス語何とかしないと。
あー、母ちゃん、焦るぅ!!!
[PR]
# by stanislowski | 2016-03-17 17:19 | ある日 | Comments(4)
みなさんにお知らせとお願いがあります。
どうかこの記事を読んで共感してくださったら、
お手数ですが、各々のブログなりで情報を広めていただけないでしょうか?

現在、福島県昭和村では旧喰丸小学校の利活用
についてアンケート、アイディア募集を行なっています。
存続が決定したこの建物を村民、県民だけでなく、観光者などに幅広く利用してもらい、
私達の未来のために役立つ知恵や伝統、人との交流の発信元になればいいなと願っています。

d0268126_17402338.jpg

大資本に依存せず自ら歩んでいく道。
風が吹き抜ける気持ちのよさ、
疲れた人が来たくなる、懐に抱かれるような居心地のよさ、
誰もが対等、(しがらみがない)
容易ではないでしょうが、ひとりひとりの姿勢が本当に暮らしやすい共同体を作り上げるのではないでしょうか?

昭和村のサイトはこちら
[PR]
# by stanislowski | 2016-03-09 17:41 | 甘く優しいこと | Comments(4)

節目

3月1日!!!!
めでたく50歳を迎えましたー。
無事ここまで生きられた。
ありがとう!お父さん、お母さん、おにい!

d0268126_4101842.jpg

大好きな奥会津の風景!まだいぐぞい!まってでない!

これまでお世話になってきた人々にお礼を申し上げたい。
ありがとうございます。

私という人間を育ててくれた環境や人々。大好き。
私の作った家族にも。大きなありがとうを!

これからの目標はもっと大きく優しい人になれたらいいな。

3月だ。
3月!

丙午の、うお座のB型でございます。

イエーィ!
[PR]
# by stanislowski | 2016-03-01 04:12 | 甘く優しいこと | Comments(12)

自分勝手

私は子どもと遊ぶ事(と言うか子ども)が苦手。
これは母親になる以前から変わっていない。

あれやこれやしてもらう事がなかったからか?両親は自営業で忙しかったし、
あの頃は自分で勝手に下校後も校庭に戻ってきて、前持った約束無しに他の子どもと遊べる状況があった。
それゆえ、自分の中で、「子どもは勝手にひとりで遊んでくれー」な、感覚がある。

自分で文章を書くためにPCで調べ物している時間を壊されたくないし、
また、子育ての知識も乏しいし、

とにかく、子どもが何かしでかしたときの私の第一声は、
「何やってんだ!」
なのだ。

先ず、抱きしめると言う行為が抜け落ちている。
自分の不注意、もしくは、不可抗力、
理由は何であれ一旦受け止めなくてはいけないのでは?

「それを受けとめる知識も度量が無いから、心配事を作らないでくれ」
そんな自分が見え隠れする。 

未熟だな。

最近、驚いた事。
彼女は、「パパ、ママはいつも怒る」と、言う。
はさみを手首につけ、「こうしてやる」と、脅す。
そんな行為、一体、いつ?どこから?覚えてきたんだ?!

子どもの行動は私を映してるのかな。

鏡。

私は親に言葉やスキンシップで愛された記憶が無い。
でも、私は愛されている事を、とても大事にされてきた事を知っている。
海よりも深い母の愛・匂いを知っている。
不器用で弱い父の優しさも。

「あかあさんの匂いが好き」
と、言って、体に鼻をこすり付けてくる子ども。

突き放した人間関係が私にとっていい距離感。

だけど。

大好きなのよ。
[PR]
# by stanislowski | 2016-02-12 16:33 | 考えごと | Comments(4)

ありがとう

d0268126_1440422.jpg
コメントを残してくれた方、
ブログを見てくださった方、
皆さんの励ましとたくさんの温かい気を受け取ったような、静かな力が腹から湧いてくるのが分かります。

もっと緊張を解いて、頭より体で、もう少し人を信じて、ここに生かされていることを喜びたいと思います。

私はもっと素直だったはず。

春の勢いはガチガチになった私を解き放してくれる。
夏より強いのが春と、今なら分かる。
知らぬ間に芽吹いていた花々を庭のあちらこちらに見つけるたび、その、「ひたすらに生きる」姿勢を教えてもらっているよう。

そして私の家族。
特に夫が傍にいてくれてよかった。
この人でよかった。

私は幸せなんだ。

ありがとう。
[PR]
# by stanislowski | 2016-02-08 03:50 | 甘く優しいこと | Comments(2)