表と裏

近所に新築アパートが建つ。
コンクリートを流すダンプカー、土を掘り起こしたものを持ち去るダンプカー、基礎を作るためのコンクリートのブロックや配管を運んでくるダンプ、「ドカン、スカン」騒がしい。
個人の一戸建てと違い短期間で打建ててしまうため一気にその期間は出入りが激しい。
しかし、ある時間になるとその喧騒が静まる。
おじゅうじ、おひる、になると、人間がしていることだものお腹が空く。

職人さんの弁当は大きなクーラーボックスが定番だ。
青い色で手提げの持ち手がついている。
飲み物、サンドイッチ、頬張る姿に、「ああこのひとたちも誰かのこどもなんだな」と、妙に納得する。
無防備と言うか、荒々しい所作とは対照に、小さなひとになってしまうから。

交通整理人もいない現場で他の交通の妨げになろうが、横暴に道路に横付けしないと、道の真ん中で切り返ししてバックで入らないと重たい資材を運べない・下ろせないとか。
本当にこんな現場に出くわすと、「チッ」と、舌打ちして憎々しげに思ったりする。
そんなぶっきら棒な大の男がうれしげに弁当を広げる。
それまでの「早く終わって行っちゃってよ」と言う気持ちとは反対の母心なるものが滲でくる。

一度、我が家建築時に職人さんのクーラーボックスを見せてもらったことがある。
サンドウィッチ!茶色のスライスしたパンにサラミ、ハム、ゴウォダーチーズ、サラダ(レタスのこと)、
〆は甘い乳製品、EUの種類豊富なヨーグルト製品を日替わりで見る楽しさったらなかった。
もれなくチョコレートも。
男なのに!って。

弁当の時間が切なくなるのはなぜか。
それを詰めてくれる母の姿を思い起こすからだ。
自分を想ってくれる誰かをその度に想い起こすから。
おかずの品とかキャラ弁には関心が無い。
白いごはんに梅干しの海苔の塩辛いのに私は弱い。

あと、どれくらい掛かるのか。
静けさが戻るのを願いつつ、今日も現場に通う作業員を見つめる。


[PR]
# by stanislowski | 2017-08-04 15:20 | Comments(0)
さしたることもなし。
あっても個人の呟き程度の浅いもの。
近況報告の場になっているこのブログ。

庭仕事が忙しくなると、そちらにどんどん引き込まれていき没頭してしまうので、
自然消滅しちゃうかもと思いながら、
それでも、この場でおしゃべりしている方々との繋がりは断ち切り難く思い出したように書いたりもする。
文が下手なら写真で穴埋めする方法もあるが、その為にカメラを携えシャッターチャンスをいつも狙っているのも変。

庭仕事に没頭するのと、ネットをクリックしていく止まらないのとは、何かが違う。
本当にやり始めたら止められない、止まらないのだ。
それは生長しているものが相手だからなのか、
この瞬間に「手を掛けないと、促し、支えないと」と、いう一秒たりとも無駄にできない抜き差しなら無い関係があるからなのかもしれない。
そんな緊張感がものすごく好きだ。
清々しい。
畑仕事の合間のコーヒーと甘いケーキ、晩方には腹がへる。

近ごろのこと。
寝る直前には何も考えないようにしよう、そう努める。
「反省も後悔もしない」

おまけ、猫好き馬鹿へ贈るお気に入りの一枚。
d0268126_16563210.jpg
うちの王妃様。
気高く侵入者を容赦なく威嚇する。

[PR]
# by stanislowski | 2017-08-03 16:57 | Comments(2)

しおり

書きたいと思いつつログイン画面見てはまた戻る

あんなこと、こんなこと、呟きたいと、エキサイトのログイン画面まで来る。
すると、PR動画で菅官房長官が。
これは何かお笑いのパロディフィルムなのか?と初めは勘違いした。
真面目に動画を流してるのね。
たまげた。

森友学園
籠池のおっさんだけ悪者、逮捕って変でないか?
これで幕引きしようってわけか、いかんぜ。騒げよ。

民進党の訳の分からん動きを書き出してみた。
蓮ほう代表は承知、でもなんで野田だったの?
そして、知人の山尾しおりが首相になったら!という声に、どんな政治家なのかしら?と思えば、横浜市長選において
自公民進として、「カジノ反対?」の統一候補応援。これは正しかったの?
党としての対策、政治家個人としての考え、ごちゃ混ぜだ。

政治なんでどす黒いもの、海千山千に戦わなければならないから清く正しく美しくなんてありえない。
腹の探りあいは分かるけど、ここまで、立場に執着していると、方向性が全く見えない。
作り上げたものを一度ぶっ壊す(それこそ人気のあった純ちゃん節で)、
議員自体も落選して(そんなことになったら国政に関われずかえってよくないという思惑を外し、いや、それもダメか。あの今井絵里子でさえ議員でいれば憲法改正の頭数にはいるのだから)
菅直人の、”自分が作り上げた民主党”というのはあるが、他の改憲派の前原に細野に…菅直人の政策に賛成でも全国区で改憲派を推すことになっるのはいやだから民進党には投票したくない云々。
野党第一党として期待を寄せているだけに落胆してしまう。
しかし、そういった批判の声が民進党に上がり、矛先が変わるのは自公にとって願っても無いことだよね。。

この国に在り方、行方に不安を抱くが、
選挙に勝たないと変えられない。
国会議員にならないと変えられない。
鶏が先か卵が先かの堂々巡り。

リーダーを欲しがっているのに、誰もリーダーにはなりたがらない。
裏で陰で影となって操り、責任の矢面に立ちたくないのがこの国民性なんだね。
金や権力や風潮でうつろがない確固とした人間性、個人と言うものが無いと作り上げられない。

今日は、’家庭菜園のきゅうり、茄子の漬け物うまい’の話をもしたかった。
話題が逸れる逸れる。

’足るを知る’ってよくいうけど、夏のきゅうりの塩もみして冷蔵庫で冷やしたのだとか、もぎたてに味噌をつけたのだとか、
あれこれ手をかけ過ぎない、野菜の地の強みを味わうのって、どれだけ身体に効くのか!瑞々しいきゅうりの緑や茄子の濃い群青など、次回ね。





[PR]
# by stanislowski | 2017-08-02 16:46 | 考えごと | Comments(0)

市民の力

ドイツの西Aachen、ベルギーと国境を分ける町。
ここは老朽化したベルギーの原発の風下に当たる65km圏内。
民主主義が機能しているところなら、こういう運動が沸き起こるのは普通かもしれない。

6月25日はAachenから原発のある町Huyまで、人の手を繋いで鎖にして反対意思を示そうというアクションが行なわれた。
ドイツから始まりオランダも風下に入るのでオランダの町を抜け、ベルギーのThiangeまで。
私達家族もピクニック気分で弁当持参で楽しみながら手を繋いだ。

ベルギーに居住ということもあり、強い反対の意思を示したくて最も近い原発3kmのところに陣取った。
楽器を奏でたり、太鼓叩いたり、プラカード掲げたり、そんなことをして過した。

終了後にも、翌日にも、参加した人たちの「よかったよね」と言う声が多く聞かれた。
ゆるーい時があってもいいよね。
広げるにはほんのちょっとした会話から、構えないで、隣人と「どう思う?」と、巻き込んで行くことが大事。

d0268126_23190144.jpg
この安全ベストを着た左側のじいちゃんの音頭で、アクションは手を繋ぎながら、定刻に2回、「原発止めろ」と声を上げた。
隣にいた60代と見受けられるベルギー人夫妻(茶色の帽子をお召しになった方)シャルルロワからだそう。
このご夫妻、
「あれっ?もう終わり?これだけっ?」
ってちょっぴり不満げ。
なぜかって?
この方たち数十年前に、ベルギー、フランスの原発反対運動で火炎瓶投げ込んだそうな。
レジスタンス!
穏やかで知的な佇まいからは想像できなかったけれど、信念をもって行動されているから素敵だったんだな。

「殺せ、暴力を振るえ」と、易々と言えないが、
そうした方法に訴えないと報われないってこともあるのかもしれない。

ただ、この日は小さな子ども連れの人たちも多く、こうしたささやかな活動から、市井の人々から、
変えて行く力が芽生えていくのだと改めて思い知った次第。



[PR]
# by stanislowski | 2017-06-27 23:38 | ダメダメ原発 | Comments(6)

雨が降る今日は

畑仕事は休み。
芝刈りも昨日終えた。
よって、週末の始まりの今、PCを前に緊張を解きほぐしている。
午後は知人がやって来るのでケーキでも焼こう。
卵3個、既に室温に戻してある。

13時までまだ時間はある。
読み始めた「ヒトラーの防具」にぐいぐい引き込まれる。
私は読書家ではない。小学生の頃は夢中になって本をよく読んだが、その後はさっぱり。
渡欧して憧れていたオーヴンがそこにある生活になったら、
眺めるだけの雰囲気本、いわゆる「丁寧な暮らし・小さな幸せ本」だけで足りていた。
「どんなお料理がいいかな。どんなテーブルデコレーションがいいかな。」とかなんとか。

最近は知りたいことが有り、ブログ仲間の意見を参考に厳選して購入している。
幸い読書家の方々ばかりで、私の知らないことを記事として載せていらっしゃるので面白く、ありがたい。
東京のご隠居、
会津のお姉さま、
福島のcafebonekoさん、
パリのマダム、
記事を読み、メモし、里帰りの際に地元'岩瀬書店’で購入し抜け目なく持ち帰る。
読書家の方の考え方は奥が深いし、幅が広い。
言葉も光っていて私には眩しいかぎり。
d0268126_18151461.jpg
水曜日に所用でBruxellesに行った。
EU議会、EU連合、EU委員会が立ち並ぶ駅に降り立つ。
この付近の地下鉄でテロがあったのは昨年の3月。
6月2日現在のベルギーの脅威度評価は3(高い。テロの可能性があり、発生し得る)
こんなチラシも入手した。
憲法改正国民投票法は平成19年5月18日に公布、平成22年5月18日から施行って、知らなかったよー。
選挙には欠かさず行っていたが、妊娠・出産と嬉々と幸せに酔っていたあの頃に事が着々と進んでいたとは。
翌年から私ははっきりと知ったのだ。
自由及び権利の保持義務と公共福祉性はいかに日本国民の不断の努力によって保持しなければならないかを!

知りたいことを調べること、本を読むこと、好きなように書くこと、その自由を守ること、
そういったことを失くすとどうなるか。

私みたいなぽわーんとしているブログでも誰かのアンテナに引っ掛かるといいナと思いつつ。

[PR]
# by stanislowski | 2017-06-09 18:17 | ある日 | Comments(2)