精米やののっこちゃん

精米屋ののっこちゃんが亡くなった。
28年間施設に入所していた。
ひっそり家族葬だったのに、父には知らせが入ったそうだ。

のっこちゃんは我が家のご近所さん。
いつもばあちゃんと(のっこちゃんのお母さん)買い物に来てくれた。
ひとりで買い物に来るときはメモを握り締め小銭を持って。
ちゃんと用足ししなくちゃだから手に力が入ってぎゅうぎゅう。
だからメモはくしゃくしゃになっている。
レジ番を仰せつかった私も、「なぁに?」って、メモを開いて、
御用のものを袋に入れてバイバイする。

あるとき、ばあちゃんが先に天に行ってしまって、つぎにじいちゃんが。
兄弟たち家族はそれぞれの事情があって、のっこちゃんは施設に行く事になった。

のっこちゃんは知的発達障害者だった。

施設に入ってからも、口にする食べ物、野菜に果物にパンにお菓子、みな、
「たけちゃんがら買ってきたのがい?」、 (たけちゃんとは父の名)
「たけちゃんがい?」って
いつもいつも聞いていたと、父はお通夜で聞かされたそうだ。

のっこちゃんの行動範囲は狭かった。
いつもばあちゃんと腕組みしながらウチの店に買い物に来て牛乳を飲んだ。
家族もうちまでを最長と決めていたのかもしれない。
だから、ウチの店がお出掛けの場の最高の場所だったのかもしれない。

一度、しゃがんで道路端でおしっこしたのっこちゃんをそのままにしてしまった。
何で止めなかったのか?
精薄という言葉は使われなくなったが、わたしはのっこちゃんを差別というかいやだと思ったのだ。

わたしのいやらしさとは裏腹に、父の小さなお店をいつまでも最高の場所とし、
「たけちゃん、たけちゃん」って、
そんな思いをもって旅立ったのっこちゃんの魂の清らかさよ。

ようやく赦された思いがするのか?

涙が、鼻が痛いほど鼻水が流れて止まらない。

ありがとう。そして、ごめんね。
私の小さな父の店も時代に押されてしまったけど、まだ体の続く限り務めているよ。
[PR]
# by stanislowski | 2016-06-20 21:08 | ある日 | Comments(0)

第24回参議院選挙

在外投票するつもりだから、郵便投票にしようか在外公館に行こうか考えあぐねていたら、
なんと!!!

在外選挙は、

6月22日公示
6月23日~7月3日までが投票可能期間

となる。

早めは早めに行動していたつもりでも、日本から投票用紙を取り寄せるとなると時間的に余裕が無い。
しまった。

日頃から勤めて日本の情報を掴んでいないと主権が・・・・

在外公館に赴き、しっかり自分の一票を投じてきます。


さいごに、原発汚染土が(ベクレル度が問題にならない程度)公共用に使われるそうな。
こうして非日常が日常となり少しずつ少しずつ感覚が麻痺して、原発事故をも運命とし恐がらなくなるのかな。

私の方が異端で放射脳と言われる日がくるのか?

参院選で引退する議員たち。
その議席が悪い方へ流れないようにと願う。
[PR]
# by stanislowski | 2016-06-08 15:49 | ダメダメ原発 | Comments(2)

乳歯保存プロジェクト

環境ジャーナリストの友人が呼びかけています。

乳歯保存プロジェクト
原発事故と被曝の関連を証明するための手段。

抜けた乳歯を、どうぞ、捨てないで取っておいて下さい。

このプロジェクトのこと、広めていただけますよう皆様にお願いします。
[PR]
# by stanislowski | 2016-05-07 13:45 | ダメダメ原発 | Comments(0)
”平和のために打ち鳴らそう”と題された行事が学校で催されました。

d0268126_1342071.jpg

狙いは世界の貧困に苦しんでいる子どもたち、争いに巻き込まれている地域の子どもたち、難民となってしまった子どもたち、そういった困難な状況にある多くの子どもたちについて話そうというものです。

それぞれ打楽器や鳴り物を持ち、学校の周りを練り歩くというアクション。
準備としてモラルと宗教の教師らがそれらに纏わる詩や知られている音楽の歌詞などを、
子どもたちに提示し、どうしたら平和になるかについて考えさせていたようです。

これはブリュッセルでのテロ事件以前に企画されていた事なのですが、
子ども達は改めて何か感じたりしたでしょうか?

一日だけのきれいごとのお祭りで終わって欲しくないなと思います。
また、押し付けるものでもないから、私たちは私たちの姿勢をこれまで通り続けるだけです。

我が家では幸いにも日常の事が滞りなく行なわれる状況にあるので、まだテロ事件について深く話し合ってはいません。

心配してくださった皆様に感謝申し上げます。
ブログのみのお付き合いなのに、安否を気に掛けてくださる人がいることは心強いものです。

そんな方々と交流できることがうれしいです。
[PR]
# by stanislowski | 2016-03-26 01:35 | ある日 | Comments(0)
やっと独りの時間が出来ました。
先週金曜から夫が、続いて子どもが発熱。
自宅静養でやっと今日から出社に登校。ふーっっ。

週末の緊急当番医は恐らく風邪と思われる子どもたちで溢れかえっていました。
19時には当番医に受付したのに帰宅したのは22時でした。

風邪(発熱)って一言で言ってしまうけど、細菌から来るものかウィルスか?
医師でないと判断ができません。ウチの子は発熱と言うとすぐ肺炎を起こしていたので医者に診て貰うのは必須と考えていました。今回はウィルス風邪だったので、水分補給と休息と熱が高くなったらパラセタモール飲ませて熱を下げる。それのみ。

予防のインフルエンザ接種は一切しません。
夫も抗生剤に関しては安易に受け容れたくない考え。
処方された日にはかなり大きな溜め息をつく。
これに関しては一緒に暮らして初めて知った事です。
日本での私はむしろ、「抗生剤くれー」で、なんて無知・無防備だったのかと吃驚。

ドイツで働く夫、医者からの「休むべし」の診断書を貰い、休息できました。
こんな労働条件・環境が整備されているのは、考えてみれば、組合や民主主義と言うものが発達しているからなのかなと、思いました。

*****************************************************************

昨夜は保護者と教師の個人面談。
第3ヶ国語のフランス語をどのように伸ばしていくか?が目下大きな課題です。

いずれ学校をドイツに変えるか?父の言葉ドイツ語を(子どもは面白がって父国語という)第一に捉えしっかり身に付けさせていくか、まだ結論は出ていません。

毎日の学習に必要なフランス語の語呂不足でジワジワと算数にも影響を及ぼし始めているらしい。
これはうっかりでは済まされない。

どんな方法がいいのでしょうね?
先生は、「フランス語の本を音読させない」と、言ったけれど。
そうなのだ。彼女のディクテのテストも最近は惨憺たるもの。
聞き取れない?書けない?読めない?

外国語はそこに住んでるだけでは身に付かない。フランス語圏のお友達と遊んでいるだけではダメよね。当たり前だけど。話す、聞くは、生き残り術の最低のレベルで何とかなっても、読み書きが出来ないと仕事に就けないよ。父国語のドイツ語だって同じ。

フランス語を意識する。
音読、一文節を書かせる、子ども向けTVを観せるとか。
毎日少しの努力がやっぱり力に繋がるのかな。

健康が戻ったから今度は知力。

ドイツ語は夫に任せるとしてフランス語何とかしないと。
あー、母ちゃん、焦るぅ!!!
[PR]
# by stanislowski | 2016-03-17 17:19 | ある日 | Comments(4)