廃墟に花々を


by stanislowski
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
自損事故起こしてしまった。
カーブを曲がりきれずスピン。
ガードレールを少し擦った。
大したスピードも出していなかったのに、それでも曲がりきれず、
無意識にカーブ内でブレーキを踏んだ運転操作を誤った自分の過失です。

不幸中の幸い。
ハイスピードの後続車も対向車もありませんでした。

まだ恐怖感が治まらず。
体調が万全では有りません。特に精神面。

気をつけて。
気を引き締めて過したいと思います。

「なるときはなってしまうのだから、もう考えない事」と、
友人たちが気持ちを落ち着かせ、心を温めてくれますが、
私は自分の衰えとか、何か罰が下ったのかと、自問自答と自責の念。

日頃の驕りはなかったか?
前々日の、言葉恐怖・対人恐怖から来る無理な飲酒が疲れをもたらしていたのかなとか、
外に出て以前より状況が悪くなるなら、いっそのこと、家の中に閉じこもって居たほうがましだとか。

なんだかマイナス思考。
外国に住んでいるという緊張感は常に有ります。遅くに(年齢的に)移住するとそれだけ順応・適応時間に時間が掛かります、私の場合。

もうこんな事が起こると、普段、政治が、社会が、なんて言っているエラそうな自分がちゃんちゃらおかしい。
ぶっ飛んでしまう。

普段の生活が出来ることが何より一番。

避難した母親たちが避難先でまで、なんで英語やピアノやお稽古事させたがるのか、
理解できるような気がする。
「あぁ、私はまだそこまで想像できていなかったのか」

発想が次から次へと飛びますが、こうなんです。

一昨日は豆まきしました。

どうか、今年、家族が無病息災で過ごせますようにと願います。
[PR]
# by stanislowski | 2016-02-05 17:20 | ある日 | Comments(4)

HINIKU

日本では2016年4月から電力の小売前面自由化になる。
家庭や商店でも電力会社を選択できるようになる。
電力供給仕組みについて経済産業省のHPを見た。図解して分かりやすいようになっているが、発電所、原発の絵でないところが憎らしい。再稼動したくてうずうずしているくせに。

あるサイトを見た。
そのひとは沖縄出身らしい。
ご趣味がよろしく、何気に暮らしを楽しむマガジンとしては非常に心地よく、「あぁ素敵だな」と、憧れなくもない。骨董や器等々。
ここで骨董ときて、白洲正子さんや武相荘の名が挙がる。
白洲次郎さんはダンディーですって。
そうね。ライフスタイルや容姿、上だけを見た発言は格好良くみえるマジック。

SMAPのあの騒ぎはなんだったのですか?
遠くから見ていると?????
国会議員がコメント、ニュースやら、さっぱり理解できませんでした。
そんなに重要な事?

なんか変じゃない?!

いい年をした男性達。どのように活動するかなんて自分たちで考えて勝手にすればいい。
それより家計が苦しい世帯のきりきり切り詰めた毎日の現実を見てよ。
優先課題、何を大きく報道すべきか?
芸能ニュースか?

電力会社を選べるようになって素直にうれしい。
再生可能エネルギーがどんどん発展していけばいいな。

福島と沖縄と。
裏に潜むものを見抜ける目を養いたい。
[PR]
# by stanislowski | 2016-01-21 15:58 | 考えごと | Comments(0)

恋人時代

昔の彼の夢を見た。
そういうわけで今朝はこの歌が頭の中で繰り返しまわっている。

長渕剛 「恋人時代」

「時代」という言葉に郷愁と時間の幅と古臭さを思う。
電子機器、SMSが発達した今日、もうこの言葉は時代遅れなのかもしれない。

絶えず隙間無く予定通り間違いなく行なわれる調和より、私は最高のドラマが好きだから、偶然のほうを好む。
そこで出会えたら運命。
そこで死に目に会えなかったら、それも運命。

時間が持つ宇宙の空間に紛れて飲み込まれていくスリルを恐れるというより面白がれそうな自分だと思う。
そういうものに負けない強さにも憧れている。

*****************************************************
youtubeで
「恋人時代」を観て、
「恋をとめないで」、日本一心ヴァージョンを観て、

私と同世代が親となり、夢と無垢なこころを求めて、あの時あの場所に集ったこと、
吉川さんの渋さに、「あぁ、いい歳の重ね方をしてきたんだね」と、安堵した。

今、横にいる人は恋人時代の人ではない。

一条ゆかり先生の言うように、私は勝負しようとしたがるから、とりわけ同年代の男性には好かれなかった。もてなかった。

劇的なのが好きだったから、いま、ここに納まっているのかも。

恋人時代と言う時間を過してみたかったナ。
[PR]
# by stanislowski | 2016-01-15 17:18 | 甘く優しいこと | Comments(0)
今年最後の投稿。

主に原発について考えたり、話したくて再開したブログでしたが、
私の考えは、「もう止めてくれ」の、一点張りで議論する余地も猶予もありません。

「いろんな考え方があるから」なんて、似非リベラルも気取りたくないし、同じような意見の方とは閉塞感を感じてしまって、コメント欄を閉じてしまいました。
反対意見の誰かととことん話し合うなんていうエネルギーもない。弱虫。
そんな気力・体力があるなら、自分自身もっと身近な社会運動に積極的に参加しようと思います。

論理に論理で応えられるほど私は練習を積んでいない。
気持ちが先、動物的勘が先に出て行動する。
それが私にとって「生きるのに」大事だと思うから。

原発や安全保障、
人が幸福に生きる権利、その真理はひとつではないの?!
殺さないこと、毒を撒き散らさないこと、全ての元素は自然に還ること、巡ること。

ベルギーの欠陥が有りすぎる老朽化した原発が次々と再稼動されてノイローゼになりそうです。
福島、実家とここの原発立地から60km圏内という偶然。
ト・ラ・ウ・マ。

もういや。

普段から心して生きていないと、私達の安全で平和な暮らしなんて守れない。

今年最後の締めくくりに叫んで終わります。
来年は勇気が出てコメント欄、開けられるかな?

2016年が穏やかで守られますように。
みなさまがいつも幸福でありますように。

ここを訪れる私のブログ友へ愛をこめて。

よいお年を!

Tschüss !
[PR]
# by stanislowski | 2015-12-31 04:07 | ダメダメ原発 | Comments(2)
クリスマスを迎えるこの時期がとても好きです。
冬至を過ぎ日に日に目に見えて日が長くなるのが分かって、それだけでも気持ちが明るくなるし、
最近はやはり商業主義に押されてきていますが、それでも伝統と厳かな雰囲気が漂い、
狂ったようにバカ騒ぎするのではなく、静寂がもどってきたような、
気持ち新たに願い事を誓う、
そういう真っ白な身も心も引き締まるときが。

土地に根付いている伝統と習わしは重みがある。

年々、日本の年越と正月が懐かしくなる。
あの家族との時間、何が大切か分かるような清々しい瞬間を何度でも祝いたいと思う。

d0268126_176924.jpg


心から主の生誕をお祝い申し上げます。
[PR]
# by stanislowski | 2015-12-24 17:10 | 甘く優しいこと