緩やかに変わっていった

石井桃子さんの随筆文庫を読んでいる。
戦後直後の様子、いなかでの暮らし。
読みながら心が洗われるような真っ白になっていく感覚。
そう、何と言ったらいいか、何度も編み直して丈を直した着古したセーターをかさかさした赤い頬っぺたを鼻水を啜りながら健気に生きている少年・少女の、大人であれ「純真な」と言う表現をしてしまいたくなる味なのだ。

そこに共鳴してしまうのは、地方と都会の関係性を、既にはっきりと認識しておられたこと、そして戦争のこと。
両親をはじめとする、私が人生を学んできた人々から滲み出ていた戦争体験は知らず知らずのうちに私を形作っていったのだなぁと、改めて気づきはっとする。

たくさんの名訳を残してきた石井氏。
それでも。
外国のそれより私が好きなのは、自身の体験を下に書かれたお話。
「やまのたけちゃん」

石井さんの宮城県での暮らし。
農作業、猫の話、お餅の話、
私にはそう遠くない。
いつでもその時代に戻られそうな気がする。いや戻って見たい。
但し汲み取り式のお手洗い以外!!笑。

日曜日、日本人の友人に会った。
熱心に護憲のこと、原発事故で避難している人々の講演活動支援している。
私はあきらめている訳ではないが、以前より精力さがなくなった。
更年期迎えたからか。苦笑。
生殖機能の衰えがそこに在るのは否めない。

原発事故による避難者の実態を夫は知りたいから、こういう講演は大切だというが、
日本国内で何とも出来ないものを、外国でやって何になるのか?と、私は後ろ向き。(もっともその避難者たちが外圧を求めていたりいなかったり、両方の立場があることは知っている。)
「脱原発」を第一に掲げていた私の政策順位は変えた。それより以前に、庶民の暮らしがもう大問題。かつかつ。
要介護の老人を抱えて非正規労働でいる立場の人を何とか支援したいと。

年末年始、ヨーカドー、イオンでにぎり寿司やオードブルや御節など買い物する客。
この人たち、こんなに余裕があるの?と、目を見張る。
そして、約3~5年で買い替えする車とか。
その一方で余裕の無い暮らしをしてる、とあるところ。
「なんなんだ?!この違いは」

士気が下がった。

石井さんの話を読みながらノスタルジックに浸る。
でも、飽和状態の世界を変えていくのはこういう暮らし方なんじゃないかと確信する。

わたしはいなかがいいです。
知恵があって、とてもインテリジェンス。
農作業は体力が要りますが楽しいです。
のんびりは出来ません。
お天道様、それこそ、自然が相手だから、どういう風に相手が来るか予想がつかないことが有ります。

私は2019年も現在いるこの地で頑張ります。
祖国を思うけれど、力になれないこともある。だから、この場所でしっかり生きていく。









# by stanislowski | 2019-01-15 16:11 | 考えごと | Comments(0)

哀しくなる

日産ゴーンの騒ぎの裏に、水道法改正の動きがある。
衆院を通過したのは7月初め。
あの時何が有りましたか?
教祖さんの○○執行。
現在、参院?
もう、こんな手法が当たり前にされてしまって私は絶望する。
人々よ!なんで気がつかない?騒がない?

こんなところでくどく私も私だ。
ローマのあの方がブログやめたのも分かる。





# by stanislowski | 2018-11-25 02:48 | 考えごと | Comments(4)

散文

タイトルに散文など揚げてみたが、それをよく理解しているわけではない。
ただ、「話し言葉で書いたこのすっきりしない感は何か?」というのが、あることからおぼろげに分かったから。

私の日本語は細く貧しくなって来ていて、例えばブログ記事を書きたいのに書けない。
何故なんだろう?と考え始めた。
書いてはその幼稚さに情けなくなり、結局、読書家の方々のブログを読んでその文章の上手さに浸り溜息ついてお終い。

現地語を覚えるのに必死で、言語の成り立ち風土や文化を疎かにした、先ずは今すぐ伝える、訴えることが第一の、ともすれば喧嘩腰の戦う私の言葉。
日本語能力は落ちていく一方。
それを防ぐには上手く書けるにはどうしたらよいか考えていたら「とにかく書くこと」
インプットとアウトプットを交互にしていく。
それが大事だとあった。

たまたま昨晩手に取った茨城のり子氏の”言の葉”散文の章を読んだ。言い得て妙。
口語文で書いているからだ。

”現代の口語文というものは、人が思っている以上に、かなり未成熟なのだろうということ。不自由なのだろうということ”
”聖書の新しい口語訳の間延びして味わいに乏しいこと”

瞬時に思いつくこと多々有り。
私の日本語の屋台骨が壊れかけているときに、他言語の口語文でしか話していない日常が入り合わさって書けなくなってきているのだ!
むかし交読した聖書の、賛美歌のかっちりしていたこと、
礼拝のあの聖霊の交わり厳かな時間の流れは、礎正しい日本語から発せられていたのだろうと。

日本語の文語の母胎は漢文だとも書かれていた。
わが母国語ながらよく知らない。

強引にまとめようとするならば、
漢文をよく学ばずに口語体しか話さない、書けないとしたら、
それは日本人として未熟であり浅い人間性しか育たないということになってやしないか?

自分の書く文章の口当たりがふにゃふにゃして軟弱なわけ。





# by stanislowski | 2018-11-04 02:37 | 考えごと | Comments(2)

近況いろいろ

しばしば変な夢を見る。
夜中に目覚め考え始めて眠れなくなったり、あぁ、いやだ。
例えばこんな夢、放射性物質の影響で巨大になった、魚や何だか分からない生物、
そして津波が来て高台に逃げる私。
気がちっちぇー私はいろいろ妄想よろしく、くるくるぱぁーみたいになる。
月曜日に”チャイナシンドローム”がARTEで放映されて初めて観たせいも、
そしてラストシーンのジェーン・フォンダ扮するジャーナリストの質問が真実を引き出したという、
ジャーナリストの存在と報道の在り方に何か打たれたのかもしれない。

今ならわかる。
小泉政権時の高遠菜穂子さんらの時は「なんで?政府に任せておけばいいのに。逆に日本外交を妨げているのではないか?」と、思っていた自分は何も知らない甘ちゃんだった。
自己責任だなんて軽々しくいえない。
彼らの行動なくして、知りたい、知ろうとする行動なしに真実など見えてこないのだと思う。

こちらでいうお盆だったからか、周りにあちらの世界の人が来ていたような気がした。
ベルリオーズの”ヴァルプルギスの夜”が当てはまるような変てこりん続き。
冬時間にもなって身体の働きが冬仕様に切り替えようとしているのか、
あー、耳鳴りがする。
すっきりしない。
私も歳だ、がっくし。

入管法改正とか、
夏時間導入とか、
モンサント社の製品はどうなの?とか、(ドイツのバイエル製薬会社が株を買い、姿を変え市場に出る??)
タミフルとか、
頻繁なレントゲン撮影はどうなの?とか、
抗生物質を恐がらないとか、
キューバの教育と医療の充実とか、(アメリカと国交回復がどのように作用するか?)

わたし、知らないことたくさん有り過ぎます。

記事を書くにも話し言葉で、
自分の教養の無さにもがっくり。
最近、とみに書けなくなった。
本を読まず、ブログとかインスタとかそんなのばっかり眺めているからかな。
脳の働きが衰え?
バランス感覚も疑わしく、逆上がりが出来なくなったり。
あぁ、いやだ。

この記事のあれもこれも書きたいの、の滅茶苦茶なこと。

失礼しました。



# by stanislowski | 2018-11-03 04:50 | ある日 | Comments(0)
沖縄県知事選、玉城デニーさんが当選し安堵したのもつかの間、来年行われる参院選の準備が水面下で着々と行われていた。
おしどりまこさん、立憲民主党から比例区で出馬!!のニュースに驚く。
えっ?!
ジャーナリズムではなく政治家に?

初めておしどりまこ・けんさんを知ったのは、2017年の2月のドイツで。
2016年にもドイツを訪れていたが、そのときは体調を崩していて講演を聴くことができなかった。

2016年のデュッセルドルフ講演に行った友人は、
「とてもよかった。愉快且つ真面目に聴衆を引き込んで、収束しない原発事故とそれに従事する作業員の現状を伝えていた」
と、感想をもらした。

当初、私は疑い気味だった。
名も聞いたことのない関西のお笑い芸人さんが何で福島のことを?
でも、身近な原発に反対する日本の人たちが、「いい、いい」って言うもんだから、訝しがりながらも聴きに行った。

第一印象は同じ匂いがするひと。
福島第一原発で起きていること、現場をよく知っている。
2011年3月11日からずっと事故調査を追っているから、点でも見ているし、総体的にも見ている。
東電の広報は不都合なデータを言わないし、報告が遅すぎる。そこが先ず信じられない。

泣きながら福島の友人が言ったこと。
「福島を何とかしたいなら政治家になるしかないんですよ!!」

そうか。
まこさんは、そちらに賭けるんだ。

彼女は生業訴訟とか傍聴し何度も何度も泣いている。
小さき人々の大きな哀しみ、訴訟を起こした高齢の方々の時間が無いことも知っている。

福島原発事故の経過報告を客観的に追って見てみればいい。
なかなか表に出てこないニュースだけれど福島県民の健康調査のことや土壌のこと。
ツイキャストしているからLIVEでも様々な場面が観られるよ。

批判した枝野さんのところから出るのに疑問視の声があるけど、それは原発事故のことをよく知っているからでしょう。
当時与党だった「直ちに影響は無い」の功罪を認めているのか?それは分からない。
けれど原発ゼロ基本法案を進めたいのは本当だろう。
まこが枝のんと脱ってくれる?

おまけ↓
まこサンから聞いて初めて知ったはなし塚。
先輩方々が戦時中、したくなかった噺をしたとか、しなかったとか。いやはや。










# by stanislowski | 2018-10-02 19:56 | 福島関連 | Comments(0)