イ・ノ・チ ~ブログリレー~

d0268126_15592291.jpg


我が家では鶏を飼い始めて1ヶ月になります。
彼女らのお世話は夫がする約束で飼い始めました。
正直、あまり興味がなかった。

しかし、残飯をバケツに入れて持って行くと、私を覚えて、
「ちょうーだい、ちょーだい」と、
体当たりに突進してくる生き物に次第に愛着を持つようになりました。
可愛いんです。

一寸の虫にも五分の魂。

現在、我が家では全てがbio卵。
あなた達のおかげで今日も美味しい玉子焼きにゆで卵が食べられます。
恐れ入りました。

安く買える卵が実はどんな流通をしているか、可愛い男の子ヒヨコが簡単に殺戮され、
その後、雌は暗く狭い部屋に閉じ込められ卵マシーンと化す。

人間とは・・・。

安く流通している食品の背景をきちんと知らないでいる我が身が恥ずかしい。
夫が、「幸せに暮らした牛の肉(bio製品)なら、ありがたく食べよう」というのが分かってきました。

郊外に庭付きの家を買った友人も家庭菜園を始めました。
「農家のおばちゃんになる!」と、二人楽しく、お互いの畑仕事に励む今日この頃。

見渡せばプラムの実が鈴なりで紫色に熟すのを待ち、トマトは赤く、そして卵の行方はこちら!






”樫の木”へちょっと来てみませんか?

福島から保養にこちらへと言うのは現実的ではないかもしれません。
ブログ友さんのところでも保養情報が得られます。
ROSE DECOさん
Liens de fleursさん

どうぞご参考に。

自分の体を、命を大切に。
[PR]
by stanislowski | 2013-08-22 16:02 | 考えごと