小さな雛人形

d0268126_2012836.jpg

お雛様貯金しています。
それまでささやかに。

「腹が減った」と言う言い方は丁寧ではないのかしら。
「お腹が空いた」の、「お腹は」女房(内裏)詞。
我が家では、「腹減った」です。

「鼻糞」の丁寧な言い方ってあるのでしょうか?
ご存知でしたら教えてください。

「鼻を穿る」ではなく、「鼻の穴を穿る」が正しいのですよね?

母は「可愛い」と言う言葉は使わなかった。
「うづぐし(美しい)」と、「格好いい」とか「素敵」でした。そういえば。

お近くにお住まいの方、もし一緒にお祝いしたいようでしたら連絡ください。
いつか慎ましく雛祭りの会でもしましょう。
カーナヴァルというよりはお雛様でしっとりしたいのが私のルーツ。





友人から「母の友」2014年1月号(福音館書店刊)を借りました。
根底に静かに流れる企業理念に改めて共感。

連載の「戦争は知らないけれど」、上原隆氏のコラム・ノンフィクションなど興味深かった。
私は「かがくのとも」を、取っていて、先の「おいだらやまのよる」は、絵も真に迫っていたし、実際にきつねを見たという実体験もあって、お気に入りの一冊になりました。

次号の五味氏による「こんなとききみならどうする」は、子どもの方が気に入ってます。
惚けた風でいて、その裏にあるalternativ(二者択一)にドキドキしました。
子どもは迷わず、「こうする」と、選択してました。

子どもに読んであげたい本選びって迷いがありません。
私は直ぐ決められる。

直感が大事ですね。。。
[PR]
by stanislowski | 2014-02-13 20:01 | ある日