ワタシハニホンジンデス。

日本語が分かりません。
慣習として以前使っていた言葉遣いは果たして正しかったのか?
丁寧なようでいても間違いだったのかしら。
身近に指摘してくれるひともいないし・・・使用頻度が少なくなり乏しくなっていきそうなワタシの母国語。

耳障りな新語。
ワタシは、「真逆」は好きじゃないな。
「正反対」と言えばいいじゃない?!それともこの言葉知らない?

「させていただく」
これは2重なの?
無意識に使っていたけどここに来て改めて考え始めた。

「定休日とさせていただきます」、
初めましてのブロガーさんに挨拶としての、「来させていただきます」とか、 

言葉が思い浮かばないから、他の言葉も知らないから、
「~さんのご主人は?」と、言っています。(”旦那さん”とは言いたくないのです)
「~さんの夫君」では相手に通じないかも。
相方さん?パートナーの方は?

友人が来た。
神奈川出身と福島出身とで座談会。
「なぜ、”~だべ”に誇りをもてなかったの?」
「なぜ、きれいな空気と水と土があること、生きていくのに必要なものの重みを考えられなかったの?」
その質問はとても不愉快だった。

ワタシは都会に憧れた。
ワタシは海外に憧れた。
ワタシは物量と情報量と選択肢の量に憧れた。

口を動かすより手を動かす方がしっくりくるな。

とりとめのない内容ですね、本日は。
[PR]
by stanislowski | 2014-08-28 15:56 | 考えごと