言いたくなる夜もあります。

この流れの早さ。
流れていく方向が私の考えるのとあまりにも逆の方へ行っていて、そうなればなるほど虚しくなって固く口を閉ざしたくなります。

日常を取り戻すなら本当に見直さなければいけないは何?
消費社会に慣れてしまった今までのが本当は異常であって、
お父さんが早く帰宅できて、
家族でゆったり過ごす時間があって、
休日はきちんと休んで、買い物はメモをして必要な分だけ買って、それが休日の時間つぶしになるのではなくて、休日にお店が開いてないことに不平漏らすのではなくて、
お弁当を作ってピクニックでもして自然に親しんで、
挨拶がきちんとできて、
安心できる町があって、
安心して安全な食品を作り出す環境があって、
弱者や動物に優しくなれるゆとりや社会福祉があって、
(パピーウォーカーになりたかったけど、独身の、日本では難しかった。)

*****************************************************
福島県知事選、右とか左とかじゃなくて、
あの事故、震災を踏まえて本当に人間らしい暮らしを築いていくために考えなくちゃいけない事があります。

生きている一市民の私。
誰かを信じられる?
頼るのは止したい。
自分で考えて独りではなく誰かと作り出していけたら。

佐藤栄佐久氏の「知事抹殺」を読んだ。
帯には、「知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する」 (東京地検特捜部検事)
とある。ああ、そうだったのか。納得。

福島県から出でて福島県民を良く知り、福島のために闘って行くひとを、と願う。
くまさか義裕氏
政策を読んで見て下さい。
[PR]
by stanislowski | 2014-10-06 03:43 | 福島関連