Life style

生活習慣の話です。
私は日本人だから日本の母から家事を見て育ち、
味覚などは勿論、母から、そして、アルバイトで働いたトンカツ屋さんからです。

日本の生活様式で好きなところは、雑巾をきっちり絞って力をこめて床を拭く雑巾がけです。
モップのような長い柄の付いている方が体勢的には楽だと思いますが、
このような美意識は好きだなと。
逆に、義母やドイツ人が(横着?いやそうではないですけど)脚を使って布で面倒くさそうに拭くのを見ると、
目を覆いたくなる。気持ちがあまり良くない。

門倉タニアさんはお母さまがドイツ出だから、やはり、おかあさんの家事の知恵を受け継いでいるように思う。
それって、普通だよね。
うちの子も、パパよりママがすきなんだって。

で、食器洗いですが、ドイツでは食洗機が浸透していますから、
うちのドイツの夫に手洗いで食器洗いをお願いすると、
後で私が再び洗う事になったりします。(洗ってくれるのはありがたいんですけど)
夫のやり方は、スポンジに洗剤をつけて食器をなぞっている様な感じです。

食洗機に入れる前に、「サッ」と、水で汁やソースを流し入れ込むのに慣れているから、
こびり付いている汚れをたわしで・・・なんて、しない。

ため息をつくのは、
ご飯茶碗にお米がまだこびり付いているとき。
フライパンに焼き焦げが付いているとき。

逆にいいなと思うのは、
お買い物リストを書いていること。
こうしていれば、買い忘れや2重買いなどないですもの。

d0268126_1625476.jpg

お風呂場や洗面所などはきれいに磨き上げてると感心する。
でも床やカーペットなどに対する衛生観念はご免。
公衆トイレの床に、「ドカッ」と、「かばんを置くのは止めてね」と、ひとこと言う。
[PR]
by stanislowski | 2015-08-12 16:07 | ある日