止めたい!

安保法制案、異議を唱えたくて地元国会議員の事務所に電話をした。
国会会期中だから、当然、留守。
代理人にこの案は不安である事を申し伝えた。

遠くから間接的にでもと重い腰をあげる。
本当はあの輪に加わってぞろぞろ練り歩きたいんだけど・・・
何が出来るのか?

海外在住の友人に話したら、
「すごい、誇りに思う」と、言われた。

私は勇気やひと手間要る億劫な気持ちを超えて行動した。

しなかった誰かを詰るの間違いなのだろう。
ブログに載せて、「声を挙げましたよ」と、記す事も個人の自由だし。

遠くに居ても祖国をどうにかしたいと願うなら方法はあるのだと。
一人一人が考えて形にする事が大事なのかもしれない。

目下、小さい子どもや仕事を抱えている、時差、
理由はあれど。

私も勇気を出すからそれを見て感じて欲しいと考えるのは驕りなのかな。
言葉にする(論理だてる)、と情緒に訴える、
両者がせめぎ合っています。
[PR]
by stanislowski | 2015-09-09 15:52 | 考えごと