疲れちゃった日

泣き言です。
気持ちのいい話ではないので、いやな方はここでさようなら。

私は語学が苦手なのかな。
EUへ来てみれば3ヶ国語~5ヶ国語を話す人はいる。
語学が得意な人に上達のコツを聞いてみると、「たくさん話すこと」と、いう。
いっぱい喋って間違いを指摘してもらい克服して耳も口も慣れていくのかもしれない。

私は外国語でお話しすることは好きなのか、嫌いなのか、よく分からなくなってきました。
高校生の頃、英語に憧れ、外国人と英語でコミュニケーションが取れたら素敵だなと思い、間違いなど恐れた事もなかった。今だって、特に子どもの事となれば伝えるのに間違いなど恥じたりしない。

だんだん変わってきたのか、「誰でもいいから」と、言う好奇心よりも、
馬が合いそうだな、同じ方向性のひとで共通の話題で話せるな、という確信めいたものがないと、話す意欲のようなものがなくなりました。

無理に、合わないテーマで、お互いに愛想話しすることの息苦しさ。
時間の無駄だなぁって、後ろ向き。
夫によく言われるんですが、話の取っ掛かりにお天気の話題から入ればって。
でも、話がそれで終わって続かないんです。
語学力不足から来る、キャッチできる、私が提供できる話題がないと言うことか。

誤解の無いように。多様性のことではないです。

現地・現地語のほうが優先なのですが、それより日本語で日本のことをじっくり話したい欲求があるということです。

生活に必要なドイツ語が苦手ってことです。
で、フランス語は?
フラ語は日本時代から興味を抱いていたこと、ここでは必須ってことで、現在も学習しており、苦になりませんが、やっぱり、夫の国の言葉はどーしても苦手なんです。
今でもしょっちゅう、簡単な口語、会話でも文法を間違える。

本日、電話のやり取りにおいて、
娘の友達のお父さんは、私の電話での会話にイラついたのか、奥様に受話器を渡しました。
彼女に託し、私に理解させるよう求めたのでしょう。

奥様はポーランド人で、毎日学校で顔を合わせているし、ドイツ語を外国語として学んだので、私の誤った単語・文法でも何が言いたいのか察してくれる、理解してくれるのです。

私、語学は出来ないけど、人の気持ちは直ぐ読み取ってしまう。
深読みし過ぎのことも有るけど、勘は大体は当たっている。

この、オトーサンは辛抱強くないから、効率が悪いわたしのトンチンカンなことになど時間を割きたくないのだと勝手に思い込んでます。たまにうちに来て、夫とお茶しながらも貧乏揺すりに私は敏感に反応する。

連れ合いの言葉だから上手でいなくちゃという、気負いもあるかも。
レスペクトしていないのかしら。
でもね、もう、落ちこぼれだわ。
私は2ヶ国語平行には学習出来ないな。

子どもは、母親が外で誤りだらけのドイツ語とフランス語を話すのは恥ずかしいのですって。
「そんならもう話さない」と、大人気なく意固地になる私。

・・・と、グダグダ愚痴を並べました。

庭に出て、胡桃拾いや草むしり、土起こし、そうしている内に鶏が私の周りに集まってきて、
猫や鶏と喋り土いじり。この子達と言葉は交わせないけれど何を欲しているか分かる。

私はもう勤め人として外で働けないな。最新のテクニックも習得できないな。
その辺の能力は衰えたと思う。

言葉で言い返してやっていう復讐はできない。気が強くないし、そのプロセスも勉強中だから。
誰かと意見を戦わせてまで何かを伝えたいって思わなくなったかも。
「そう思うならどうぞ。でも、私のテリトリーには入ってこないでね」で、お終い。

ひっそり、家の中の仕事を仕切っているほうが落ち着く。
[PR]
by stanislowski | 2015-10-05 00:16 | ある日