優しい夢が見たい

一夜に2回連続で悪夢を見るなんて、私はその日をよほど恐れているのに違いない。
もとはと言えば、「原発ホワイトアウト」を読み終えたあとだったからだ。
そんなことが起こり得る可能性は比較的高いと考えられる。

ベルギーのThiangeか福島第一か定かではないが原発制御不可能に陥り万事休す。ここで目が覚めた。
真夜中の2時。丑三つ時ですか・・・
気を取り直して再び寝入るも、またしても見た夢は、地震で大地が揺れ車が爆発。
勤務先の社長が絶望の声を挙げる。
「ああああぁぁああー」

久しく忘れていた過去にお世話になった方々が夢に出てこられると、
「何かあったのか」とか、「鬼籍に入られたのか」とか、思ってしまう。

どうしちゃったんだ?!
この日は友人がやって来て日本語でおしゃべりし、体と心に優しい食事を頂いたのに。

久しぶり訪ねてくる友人ののために用意したお萩。
前日に小豆を煮て餡子を作り、もち米炊いてきな粉も出して、2種類のお萩で秋の日を楽しんだ。
差し入れは、彼女の家庭菜園からのきゅうり、にんじん、なすの糠漬けとコロッケ。
体を温める味噌汁は私の自画自賛の絶品味噌で。

加齢からの嗜好・そしてあの日からの思考の変化もあり、二人とも、洋風・華美なものはあまり欲しなくなりました。出来上がった食事を丸皿・角皿、お椀、陶器に取り分け、ままごとをするように童心に返る。

話が弾むってこういうこと。
生まれ育ってきたふるさとと環境が似ていたり、考え方も同じような方向性だったり、
少しだけ夫も加わってEUの難民問題についても触れました。

日々、目くるめく様々な問題、絶えない争い、
私達はムヒカ大統領の言うように今こそ生き方について考えるときだと思います。
”世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ”で検索すればyoutubeでも本でも知る事ができます。

眠るときの甘い夢を、
子どもたちが描く健全な未来の夢も、見ていたい。

今夜はよく眠れますように。
よい夢を見させて下さい。
[PR]
by stanislowski | 2015-10-09 17:21 | ある日