風はまだ伝わっていないのか


フランスのフラマンヴィルという町。
原子力発電所内で火災が発生した。
複数の負傷者が出た模様。

観念論でなく、もう原子力発電は古い。
蓄電技術も発達してきた。
再生可能エネルギーも広まってきた。
冬に室内で半袖でなく一枚上着を着ればいいじゃないか。
何にそんなに電力を必要とする。
気づき始めている右肩上がりの経済成長は飽和。
気づかないふりして安く壊れやすいものを大量生産して回していくか。
原子力村はまだ執着するか?
廃炉ビジネスに転換すればいいじゃないか?
自然と人が共に生きることを考えないのか?
ヒトが第一出ないとダメなのか?


敷地外への放射能漏れはないとしているが・・・

以上、ドイツ紙 Die Zeitより



[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2017-02-10 22:07
フラマンビルの人たちも再稼働はないだろうと言ってましたね(どこのニュースだったか)。
日本だけ!魔術が解けないのです。
Commented by stanislowski at 2017-02-11 18:09
> saheizi-inokoriさん
呪いはどうしたら解けるのでしょうか。
日本人の良いところをあちら側にうまく操られて、悔しくてなりません。
そういう感情すら起きない同胞や話し合いが同じ起点から出来ない現状に愕然としてしまいます。
by stanislowski | 2017-02-10 16:55 | ダメダメ原発 | Comments(2)