人権とある日のおむつ交換

みんな知らないだろうけど、東京都八王子市議会議員(社民党)佐藤あずささん、地道に頑張ってます。
彼女のtweetが閉鎖されました。
百田尚樹さんの批判が原因のようです。
そのtweet内容は社民党HPまたは盛田隆二氏のtweetで見ることが出来ます。
以下↓参考までに。

佐藤あずさ議員のツイートは「子宮に血腫が見つかり、休暇を取るよう言われたが、代替教員の手配もなく、ダンスや水泳など体育の授業を担当して、死産した広島の女性教諭が提訴した」とのニュースを踏まえているのに、何だよ、この百田尚樹の「社民党は日本を貶めたいのか」という愚劣な言いがかりは。

「人権」ってとても尊い。
日本は和を重んずる文化。
自分より他人慮って、それが回り回って自分に繋がるなら、平和が機能するなら、いいよね。
自分を大切にするように他人を思いやる。
「思いやりが大事」と、小さい頃から習ってきたけど。
エゴと基本的人権とは違うよね。
私は人権についてまだまだ。学びの途中。

教職の職務範囲が多すぎる。
人間らしい暮しができないよ。
昔在籍した部活の顧問の先生、バスケの専門知識が無いのに割り当てになったがゆえ、そして、新卒ということもあって精一杯見てくれてた。
みんなして彼に知識・技術の無いことを馬鹿にして、今思えば随分酷なことをしたな。

本職と部活は分業で、技術専門のコーチを備えるシステムが学校現場にあればよいのに。
日本って教師の本業以外の負担があって、これは早急に解決すべき問題だ。
人を育てる重要な教育機関に勤務する人間の労働管理徹底して守って欲しい。
裏には日教組、労組の支援する政党を潰したいわけか?

人口増加を目論むなら、女性の働き方改善だって緊急の課題。
たくさん産んだ女性、表彰したいんじゃなかったっけ?

随分まえのこと。
こどもを出産して国籍取得やらで領事館に届出に行った際、新生児のおむつ交換がしたかった。
で、隣接する日本文化会館だったか、そこに従事する男性職員に、どこですればいいか聞いたら、迷惑そうな顔で、
「無いです」
それでも食い下がったら、職員用の控え室に通され、そこでおむつ交換をしてもよいと言うことになった。
「でも、これは他の人に言わないでください。すぐ広まってしまいますから」
こういう、おやじがいるから出生率上がんないんだよ。

日本にて。
エレベーターやエスカレーターの無い駅で、
こどもが乗っているベビーカーを「赤い顔してエッチらオッチラ」運んでるのに手伝ってくれる人がいなかった。

私は他人に迷惑を掛けたいのではないが、独りで泣くに泣けないどうしようもない弱者の立場にいるとき、
盾となるシステム、権利をしっかり持って、手放さないでいたいと考えるようになった。
まだ生きていたいから。

憲法97条をもう一度読んでみる。
私の人権は歴史・先輩の試練の末、享受しているのだ。

みすみす離して何とする。


[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2018-02-12 09:39
百田と同根の男です。
今ごろやっといろんなことに気づき始めました。
テオクレでも気がつかないよりは、、。
仏壇の亡妻や亡母に詫びる日々です。
Commented by sweetmitsuki at 2018-02-13 06:30
先日、雪道の交差点をスクーターで派手に転んだら若い男性が駆け寄ってくれました。変に踏ん張るより素直に滑ったほうがいいと思ってわざと転んだのでけがはありませんでしたが、見ていたほうが驚いたようで恥ずかしくなってしまいました。

今は駅やコンビニのトイレにおむつ交換台がありますね。
昔のお母さんは電車の中で憚ることなくおむつを交換してましたし、それを咎める人もいませんでしたけど。
Commented by stanislowski at 2018-02-13 16:01
> saheizi-inokoriさん
男性をたてる大和撫子という在り方は普遍です。
わたしも気づき始めました。
西洋に負けないゾ。
Commented by stanislowski at 2018-02-13 16:30
> sweetmitsukiさん
老若男女により違いや視点が違うかもしれません。
「人としてどうなのか?」基準がそこに在ったほうが平等に物事を考えられるかな。
セックスアピールで得する人もいますし、勤勉真面目タイプより大衆的陽気なタイプが受けたりね。

泣き叫ぶ赤ん坊に大人が「静かにしろ」と、言っても火に油を注ぐようなもの。
黙っておっぱいあげる母さんのほうが道理的。そんなはらの据わった生き方をして行きたい。迷惑がる方はシステムに組み込まれて余裕が無い、選択の余地が無いのね。寛容の無い社会は生き難いですね。

依存するようになってはもう人間性が壊れています。そうならないよう周りが助ける、自立させる、尊厳を保てるような社会作りが大事なのではないでしょうか。

雪道の運転、くれぐれも気をつけて。
Commented by cocomerita at 2018-02-13 19:53
Ciao stanislowskiさん
日本でなかなか人権が重んじられないのは、
思いやり 思いやり 空気を読みなさい などと周りのことばかり気にしろと それが礼儀であると教えられるからじゃあないかなあ
私はそうは思わないわけで。
私の主義は 自分がちゃんとしていなければ、誰も助けられない
自分がまず泳げなかったら 溺れてる人は救えない 一緒に溺れるしかないわけで
だからまずは自分なんだと思っています
それを エゴを振り回す言い訳にはしてもらいたくないけど、 苦笑
同じ事を昔ある宗教団体の教祖様に言った事がある
あなたたちは、いつでも自分じゃなく人を、他人に親切にしろ、利他愛 が大事とか言いますが、まず自分が幸せでなければ 人を幸せにはできない、と
不思議なことに彼は納得してました

元々日本って人権なんていうものをかざさなくても 互いの間でうまくやりくりしてた社会だと思うんです
それがアメリカからの影響でいきなり 人権 それもこんな堅苦しい感じに直されて入ってきた
そして今で意識もしてなかった 個というものが入って来た
そこで 人々は その自分の人権とそして 個と社会性というものの間で そこに境界線を見出せずウロウロ 未だに戸惑っている気がします
人権の本質を認識していない、ということは当然自分の人権を認識してないから
誰かの人権もおざなりにできるんじゃあないかと
そう思っています

そして 人権などという言葉を振りかざさなくても
重い荷物を抱えたお年寄りだったり 赤ちゃんのベビーカーを一緒に運んであげたり
具合の悪い教師にむしろ休暇を取る事を勧めたり
過剰な勤務や勤務体系を強制しなかったり
そう言う事が人権を重んじると言う第一歩であって
人からこうしろと言われなくても自然と手が出る それが相手の人権を重んじると言う事であって
それができない社会で 人権だけ 大手と振られても それはそれで とても不自然な気がします


Commented by stanislowski at 2018-02-15 21:09
> cocomeritaさん
ひと昔の日本では、「人権」と言う言葉を振りかざさなくとも市井の人々の中に、「互助」という概念があって機能していたのだと思います。
西洋から発展してきた資本主義が富むものと搾取されるものとに分かれ、そこから「人権」がと、考えていますが。私もまだまだ本を読まないと分からない。

私が思い浮かべる日本人のよいところ・好きなところ。
自律できる(できた)、約束・時間を守る、風流を好む、ダラダラ・ゴテゴテ・ベラベラでない美学。
 しばしば思うのですが、今時の日本人、辞世の句を詠める人って少ないんじゃないでしょうか。それは「真剣に生きているか?」ということの問いであるような気がします。
正しい日本語遣い、読み書きができない人が多くなってきています。あぁ、それなのに早期に英語教育だなんて空恐ろしい。(話がズレそうなので止めます)

この記事は2つのことを書きたかった。
1.若き社民党の精鋭を潰そうと、論点を取り違えて批判tweetする百田氏がいる。
それは社民党議員のtweetを読めば明らかであり社会民主主義を軽んじていること。高圧的に臨めば誰もがひれ伏すという根が見え隠れする。
俺様独裁はごめんだモノ。

2.出生率を上げて国力を上げたいなら、家庭を持ちたいと考える人を支援するなら、
四角四面のきれいなとこだけの政策なんて役に立たない。男女差を越え、育児に当たっている人の環境改善や理解が必要だと思った。特に女性は身体を労わらないと。それなしに「妊娠・出産」に踏み切れない。

自分をちゃんとできるように育ててくれる人がいないとね。
そこらへんでもおっぱいあげられる、緊急ならそこらへんでも排泄させる、そんなみっともなく平気で出来ないと母さんやれませーん。
by stanislowski | 2018-02-12 05:31 | Comments(6)