反骨、反抗、反逆

自分から言ってしまいます。
今日は誕生日。

別れと出会いが交差し、感傷的になったり期待に胸を膨らませたり、
何ていうか、そう、精神の自立に目覚める月、3月。
始まりであるということかな。
3月はローマ神話における軍神や農耕の神、そして日本の弥生と言うのも自分の気性に合っている。
後ろにも前にも引けない1という数字の、そんなきっぱりとした潔さも好き。
勝手な主観です。笑。

今年は気がいいの。
澱んでいなくて、決め事もグダグダでなく出来る自分がいる。
腹も鍛えているしね。

読みたい本
日本人として自虐卑下することなくちゃんと生きるため、佐高信氏と金時鐘氏の”「在日」を生きる”読みたいです。
購入は里帰り時だからまだ未だ遠そうだけど。
その虐げられた民の根底に潜むものを知って、腹に力入れて生きたいのです。
捻じ曲げられないためにも。
同様に会津と明治維新のことももっと。

久々にガツーんときた曲
昨日挙げた「お富さん」
奥が深いです。

マドンナの「ghosttown」
憶測ですが、この曲の歌詞とプロモーションビデオを見る限り、東日本大震災が少なからずマドンナに衝撃を及ぼしたのだと思わずにはいられませんでした。

人間の世界はドロドロなのかもしれない。
「が、それがどーした」っていう気概を以って生きたいと思うのでした。
だから、そうできるように、くどいけど「腹に力を入れて」なのです。

今年の鍵になる言葉
システムに組み込まれない自分でいるための、反抗・反骨 and 反逆

くぅ、かっちょいいー。
(勝手にやってろ)



[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2018-03-01 10:35
かっちょよく生きましょう、背筋をしゃんとして^^。
おめでとうございます。
Commented by stanislowski at 2018-03-01 17:33
> saheizi-inokoriさん
ありがとうございます。御大からの声、うれしー。
そして本の紹介も。
浅い分野ですから幅広く深く読んでいる方々の書評は参考になります。
この本!日本と韓国の違い。
mitsukiさんの言う”筋を通そうとする韓国と丸く納めようとする日本’が頭から離れない。
金時鐘の「いつか南北統一する」と言う確信が。

しゃんとしている年寄りになりたいものです。
いつか童女に還ろうとも。
Commented by sweetmitsuki at 2018-03-02 06:05
私も佐平次さんと誕生日が同じ2月22日です。
アベが嫌いだから政治も嫌いで興味もない日本と、金正恩の恐怖政治がどんなでも南北統一を諦めない韓国、考えさせられるものがあります。
Commented by stanislowski at 2018-03-02 17:39
> sweetmitsukiさん
わー、ここにも夢見る魚座仲間。なんと!佐平次さんと同じ誕生日でしたか!
mitsukiさんもおめでとう。

今朝は麻生に狙われる夢を見ました。
ドイツの相方は同じこと何度も聞きます。一度言ったのに。日本人の私は「一を聞いて十を知れ」と、苛々するのです。例えば違いはこうでしょうか。ホロコーストに正しいドイツ人は何度でも反省と慰霊をします。省みて日本人のいいところが?何か邪魔しちゃうのでしょうか。
優れた自然感覚はドイツも日本も持ち合わせており、四季をこよなく愛する日本人の感性を逆手に取られ、プログラムにより言論を言語を弱めてしまったのでしょうか。。。

諦めない=気力・体力が要る=若さ・潜在能力=国の力、と考えます。
お隣の前大統領の裁き、司法のニュースが眩しかった。

私はどうにもこうにも正しい日本人であります。
隙・弱みを付け込まれるのはまっぴらごめんなので、自分(自国)の強み弱みを知って、利用されないようにしたいと思うのです。

Commented by haru_rara at 2018-03-03 22:43
お誕生日おめでとうございます。
魚座の人とはご縁があるんですよ。
水の星座なのに熱くて、人情深く正義感に溢れている優しいひと。

新しい一年もお体お大切に、よき日々でありますように。
Commented by stanislowski at 2018-03-04 05:03
> haru_raraさん
ご縁があってわたしもウレシイ!
情に流されてしまうこと無きにしもあらず。
バアちゃんも、「オレの友だち」のために飴玉こさえて行くのでしょうね。
自分で言うのもなんですが、可愛くて素直な人が多くないですか?
そして、私の中で、クセがあるひとも多く知っている魚座!

ハルさんもね。
ご自分を動物にたとえると猫なのかしら?
ラーメンを食べる顔は何かしら思い沈んでいるようにみえるけれど。
お元気でありますように。
by stanislowski | 2018-03-01 04:42 | ある日 | Comments(6)