<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Deutsche haben immer Angst

8月最後の金曜日、雨。

福島県知事がドイツを訪問していることを知りました。
そうなんですかぁ!
目的は廃炉のための視察だとか。
「馬鹿知事が!何の猿芝居だ」と、呆れます。

ドイツが2011年福島の事故を受けて本格的に脱原発に舵取りを決めましたが、今年に入り、エネルギー不足を懸念する声があり議論が再燃したというニュースを見ました。

シュレイダー政権時に可決されていた法案を現メルケル政権が覆し、いくつかの原発延長を決めていましたが、2011年3月再び原発を止めることに決め戻したこと。

経過は↓この通り
シュレイダー前首相 2022年までに全原発の運転停止決定
メルケル首相 2036年までに全原発運転停止。が、いくつかは延長と決める
メルケル首相 2011年3月、2020年までに全原発の運転停止と再び法案が変わる

結婚生活も9年目、ドイツ人を見つめる目も多少変わりました。
ご存知でしょうか「spazieren」と言うドイツの文化。
”自然の中をぶらぶら歩く”です。
この目的もなしに森や高原を歩くなんて行為、以前は本当に好きじゃなかった。
何しに行くの?
日本で言うウィンドーショッピングでしょうか。
買わないけれど、お店屋さんを覗くのは大好き。
それがドイツにおいてはお店(消費)ではなく自然なのかもしれないと考えています。

「祖父母の時代、農業従事者はそんな時間は無かったし身近に自然があるから、これは都会人の趣味だった」と、夫は言います。”ぶらぶら歩き”今の若い世代はもっと娯楽的要素、趣味の延長を(例えば、水泳や乗馬やサッカー…若しくは子どもと一緒に習い事で時間が無い)楽しんでいるようなので一般的ではないのかもしれません。が、山路から、自然から、感じ取ることは多そうです。
多少世代の違いは有れどドイツの気質って、アリとキリギリスのアリを思い浮かべます。

私はドイツAachenの脱原発グループのメーリングリストに登録していますが、8月28日火曜日に届いたのがこの内容でした。Aachenから近いベルギー(リエージュ)にある原子炉も同社のものだそうです。

在ベルギー日本領事館のHPから下記一部コピーしました。8月21日付

当国原子力・放射線関連施設における異常事案の発生のお知らせ
1.原子力発電所ドゥール(Doel)3号機における原子炉容器欠陥の可能性
現在ベルギーには、ドゥール(Doel)(東フランドル州)とティアンジュ(Tihange)(リエージュ州))の2カ所に原子力発電所があり、ドゥールには4基、ティアンジュには3基の原子炉があります。この内ドゥール3号機(1982年商業運転開始)について、ベルギー連邦原子力管理庁(FANC)が6月から定期点検を行っていたところ、今般原子炉容器に亀裂がある可能性を示す多くの兆候が発見されました。これを受け,目下追加的調査が行われており,事業者であるエレクトラベル社は,同炉の稼働停止は少なくとも9月末までは継続されるとしています。なお、FANCによれば、定期点検のために既にドゥール3号機から核燃料は抜かれており、住民及び環境には一切危険はない由です。より詳しい情報については,同庁のホームページ(http://www.fanc.fgov.be/)を参照願います。


楽観的ではない自分の志向がドイツ寄りになるのは納得できました。

本日のオチは・・・夫には内緒
[PR]
by stanislowski | 2012-08-31 15:06 | 考えごと

38度

残暑お見舞い申し上げます。

この夏一番の暑さという予報が出た日曜日。
日本と較べたら叱られそうですがこちらも湿度が上がり、
家の中でゴロゴロするも体力温存に効き目がなさそう。
不快指数を避けるのが目的の第一。
「短い夏を謳歌しなくては!潮風にあたれば気持ちがいいかも!」と、海に出かけました。

d0268126_16305448.jpg


6月、7月と涼しく、「夏はもう終わったのかも・・・」と、あきらめ気味でしたのでうれしい予想外れ。

夏休みも終盤、毎日こどもと遊び呆けています。
夏は子どもを大きき成長させる季節なのだと、改めて自分が思い知っています。

*********************

「高校教師」=加山雄三
安西マリアのうた。

たった一度の人生を悔いなきようにと言うけれど、
夏の嵐の過ぎた後、何もしなかったと嘆くより、
あぁ、過ち悔やむほうがまし


午後の2時、
座敷で寝っころがりながらオレンジシャーベットを「チューチュー」齧りながら観たTV。

**********************

電車に揺られ帰宅。
室内は30.6度。窓を全開にして空気を冷まします。
いい具合に疲れた体をベットに横たえ傍らにうちわ。
惜しみながら使っていたさいごの蚊取り線香を焚きました。
夏の思い出はやっぱりこの香と共に。
[PR]
by stanislowski | 2012-08-23 17:01 | ある日

洗濯物を干しながら

ブログ巡りをしていてこんな記事を読みました。
オリンピックでメダルを取った日本選手のこと。

「今まで支えてくれた家族・皆さんに感謝したい」
と、誰もが真似したように口にする。
自分の言葉で考えを述べられない。
選手生活なんて人生の中で本当に短い。
それより後のことを、考える力を、養わなくてどうするんだ。言葉の乏しさを感じると書かれていた。

「絆」「断舎離」「アラフォー」「拡散」「感動をありがとう」
「結果を出す」、どういう意味なんだ?結果なんて出るだろ。「勝ちたい」と言えよ。
後は何だ?

私がここで書く事もたいした考察などは有りませんが、日頃からイヤだなぁと思うのは、
流行語や自分で上手く表現できないことを安易な言葉で大衆に乗って使ってしまうこと。
もちろん、始まりは憧れる誰かの上手い文章を真似してみることからなのですけどね。

「今まで支えてくれた家族・皆さんに感謝したい」
一方、他のブログでは、若いのにこういう言える選手の謙虚な姿を素晴らしいと言ってましたし。
大衆ってこういうことかな。
私は素直じゃないのかな。

分かりにくいけど、しっかりした真の強い人・信頼できる人が私は好きです。
そんな目に見えないところも気付ける心の目を養いたいです。
って、こう書いている自分はつくづく日本人だなと思います。

分かり易い物には裏がある?
それとも空っぽ?

オリンピックにおける柔道の道。
兄が柔道をやっていて審判の資格を持っているので薀蓄も受け売りながらあります。苦笑。
柔道を世界に広めるには?
何に重きを置く?
哲学?それともスポーツとして?

何ゆえ秋入学を進める?
日本の国際化が優先?
それとも桜咲く季節にという情緒を大切にしていく?

自分らしく。
あれもこれも受け容れて弱体していくのは嫌だ。

小難しく誰かとおしゃべりしたい日々なり。
[PR]
by stanislowski | 2012-08-20 16:57 | 考えごと

Kermesse

お天気に恵まれました。
d0268126_132754.jpg


夕暮れ時、教会と夜店の灯り。明るい怪しさ。
d0268126_134415.jpg


カロッセルに何度も乗りたがります。
こどもの年に一度の楽しみだからと言いつつもお財布の中身を何度も見たりして。笑。
[PR]
by stanislowski | 2012-08-19 01:13 | ある日

続・子どもの本

日本に一時帰国していた友人に頼んでおいた本が届きました。

自分もちょっとあやふやなところがあって自国文化に怪しかったのですが、この本にとても分かりやすく解説されています。
決め手は「かこさとし」さんだったこと。
御歳86歳なんですね。
「だるまちゃんとてんぐちゃん」、読んだことはあってもかこさんの本一冊も持っていません。

”絵本ナビ”のプレヴューで見て、良さそうだなぁと思って。
実際、手にしてみて、挿絵の味わいのあること!
ちょっと堪らない。

12巻揃えようっと。

作者か版元のどちらが書かれたのか分かりませんがあとがきの言葉に「ハッ」と、しました。
じぶんの持っているものを暮らしの中に総動員させること。
一部ここに引用させていただきます。

1月のあとがき
日本の行事やならわしのうち、この本では、その理由と行事にこめられた人びとの思いやかんがえもあきらかにして、つぎの時代につたわるようにえらびました。むかしの人たちがもっていた力や知恵や心を総動員して、生活をささえようとしたことを、この一月の巻でしっていただきたいとおもいます。


参考
かこさとし
子どもの行事 しぜんと生活 
小峰書店
[PR]
by stanislowski | 2012-08-15 16:04 | 甘く優しいこと

声が聞きたいです。

これは我が家の出来事。

初めに、福島の人、日本人を指した事ではないとお断りしておきます。

焼けつく太陽、茹だるような暑さの盆地福島の夏。
思考回路も回らなくなり、悪条件が重なる現在、余計冷静になどなれないかも。
そうと知りつつ、「私もギリギリなんです」とばかり、実家に電話を掛ける。

一時里帰りしたいので、出切る限りでいいから掃き・拭き掃除して置いて欲しい。
その後、ガイガーカウンター借りて放射線量測定して欲しい。
高齢の爺・婆が孫と顔を合わせる最後のチャンスと捉えているので、私も声が高くなります。
兄を気遣いつつも、兄しかやる人がいないので口調は強め。

独身で夜勤勤務のある兄がなんとか生計を立てている。
休日は疲れて横になっているか、日常最低限のしなければならない用を足す。
要介護の年寄りが居て年金暮らし。
じっくり物事を考える時間も体を休める時間も無いという雰囲気。

「なんでうぢはこうなんだべ」

EU型になりつつある私のモノ言いは彼らにはきつく感じるらしく最後には泣く。
話し合いにならない。
のっち、のっち。

気持ちが納まらず、続いて福島の友人に電話をする。
メールや手紙を出しても返事が来ず、待ちきれず4ヶ月ぶり。

「いろいろあんだー」
「いろいろって?」

口が重い。何か言いにくそうだ。
結局、何も具体的には語らず終わってしまった。

「なんでアタシの友達は何も言わないんだ?」

議論、気持ちや考えを言葉にして会話することに慣れていないのもあるし、
原発事故で何もかも変わってしまった故郷に、より一層言葉を失くしてしまったのかもしれない。
何でもかんでも「がんばっぺ」か、何も言わないことに集約されてしまう。

暮らし向きは良くなるどころか悪くなるばかりだ。
地震で瓦の落ちた屋根を修復する費用は個人負担。
やっと直したとうちの者は言っていた。
空気のいい所に住みたいという兄の希望も、今の家には値がつかないだろう。

「もうっ。うるさいごど言うなら無理してこなくて結構」
という声が聞こえてきそうだ。

本心は顔を見合わせないと分からないから、会いたいです。
[PR]
by stanislowski | 2012-08-14 15:25 | 福島関連

ピアノが来た日

d0268126_1742371.jpg


パンツ一丁で失礼しまーす。
ねぇねぇ、手先がピアニストのようじゃない?!

ピアノが奏でられる優雅な時間も、
百合や薔薇や紫陽花が咲く花園も、
ずっーと続いていって欲しい毎日。

今朝方、伊達市で「脱・被曝生活、脱・原発」で演説している夢で目覚めました。

アウトローな母さんも
(失礼)頑張ってます。
どうぞよろしく。
[PR]
by stanislowski | 2012-08-02 17:42 | 甘く優しいこと