<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

炒り豆腐と夏日

昨日は31度で今日は何度だ?!
とりあえず、ビールが飲みたいよ。
普段は全く飲まないけれど、こう暑いと炭酸系が恋しくて。

で、やっぱり、暑い日に食べたくなるのが、
「ちゅるちゅる」いや「ずす、ずすぅ」の、蕎麦や素麺に揚げ物。
掻き揚げと蕎麦が食卓に上りました。

交差して、沢村貞子さんのお台所の本を読んでいたので、
明治生まれの台所仕事をきちんとして来た方の本を読むと、
「ハッ」と、姿勢を正すべく気持ちが正座になって、日にちがいくらか経った豆腐は炒り豆腐に調理!しました。

にんじんを千切りして、ネギは斜めに切って、
私、炒り豆腐なんてこしらえたの何年ぶりだろう?!

しみじみ、だれた正座の足を「ピシャリ」と叩かれそうな気持ちで作りました。
あ~、日本の母の味だ~。
フンワリ優しいしょうゆ味~。
[PR]
by stanislowski | 2013-06-19 20:50 | ある日

悲観的過ぎ?

d0268126_13584850.jpg
ある日の豆ご飯。
旬のモノは美味しいね。

雨続き、気温は低い。
苺はやっと出てきたけれど、まだ値段は高いよ。











声高らかにごり押しと寄り添う。
そのタイミング。

つくづく日本人って難しい。
風土が作り上げた気質を
半端な民主主義がごちゃ混ぜにした。

西洋人になりたいの?

経済ばかり背比べ。
肝心なところで「イヤ」と言えなくちゃこき使われるばかりだ。

永住組み、在外選挙届出まだ手続きしていない、でも、熱心に子どもを海外で日本人補修校に行かせているお母さんは居る。

端折りますが、
大使館・領事館から支援が出るのは日本のエネルギー対策に「no」と言わないからと言うことを私は知っている。

つまりは、教育システムに異を唱えたり「脱原発」と言うとつま弾かれる。

「私達は無邪気なままでいいのですか?」と、言いたくなる。

ある女性に日本語を教えている。
日本を夢の国のように思っているけれど、私は手放しで「ようこそ!」と言えない。
[PR]
by stanislowski | 2013-06-14 14:43 | 考えごと

3カ国の国境で

風下に当たる地域、ここは3カ国国境地点。ベルギー・オランダ・ドイツ市民が集結。

d0268126_20294175.jpg


ベルギー、Tihange
ストレステストで止まっていた原発が再稼動しました。

60km圏内、風向きは大抵は風下になる我が家もオチオチしていられません。

反対デモに子どもを連れて行くのはダシにしている様でイヤだという記事を読みました。
私はそうは思わない。
親の姿勢(生き方)を見せていく事は必要だと考える。

そういう親の元で育っても、子どもはそのうち自ら考えるようになる。
いや、そういう親の元で育ったから考えるようになると言うべきか。(人としての常識を持って育てているつもりですよ。)

デモは恐くない。
この日はお天気も良く、家族連れ参加も多くゆるりと歩いていた。

意思を見せるひとつの手段。
やるべき時に外に向かって表明しないといけない。

d0268126_2105176.jpgd0268126_211520.jpg

ある日のヤフー、「福島コール」と言う見出しと写真がヘッダーに。
なになに?脱原発コール?とわくわくしながらクリックしたら六魂祭でした。

[PR]
by stanislowski | 2013-06-09 21:17 | ダメダメ原発

お薬

体調が良くなってきました。

「風邪かしら?」と、思えば40代前半までは1日半くらい寝れば治ったのに、(若しくは、子どもも風邪で寝ていられない状況で無理やり起きてたら治るという。)
さすがに、今回はどうにもダメ。1週間様子を見た後、医者に駆け込みました。
薬に助けてもらいたくて。

喉の痛みから始まり、ハーヴティーを飲んでいたけれど効かない。
半日中寝て、「良くなったかな?」と、午後の子どもの帰宅時に起きれば夜は熱が出る。
そのうち首のところ(リンパ腺)が腫れてきて、首も回らない、そこの筋肉が痛くて起き上がるのもシンドイ。私も用心していかなければならない、日頃から鍛えておかないとならない年代に入ってきたという事でしょう。

天候も関係してるのかもしれません。
冬のオーバーコートはまだ登場しています。
でも、6月はもうヴァカンスのプランに浮かれていたいですよ。

爽やかな季節の5月だというのに雨続きで寒く未だに暖房を切られないでいる朝、息が白むこともありました。「さよなら」を聴いて劇的になっていたい程、私はひどく弱っていたのです。

d0268126_2363455.jpg


喉の痛みを和らげる薬。
咳止め。
気管支炎を治す薬。

「抗生剤は必要ないわね」と、処方されませんでした。
抗生剤を疑ってかかる、安易に欲しがらない態度は、ドイツ夫を通して知りました。
そういえば、レントゲンも滅多な事ではいたしません。

病に臥せっていた間、
ボウボウになった我が家の200坪の庭を、雨上がりの日を縫って隣人がトラクターで駆ってくれました。彼がヒーローに見えたことは言うまでもありません。

さぁ、年長組最後の一ヶ月間!
体調万全。
お母さんも思いっきりコミュニュケ頑張るよ。
[PR]
by stanislowski | 2013-06-02 13:38 | ある日