<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

見つけました!

伝えたかったことがあります。
「ドイツは原発に頼らない。それどころか電気を他国に輸出してるよ」

夫とはこのテーマについて話していて自分では理解しましたが、
ドイツ語での会話を明確に、そしてこれらのソースをどこから持ってこようか、
時間が経ちすぎてしまいました。

見つけました!
自分の不得意なところは他人様の懐を借りて。

”ドイツは外国の原子力電気を必要としない”
こちらのサイト読んでみてください。

昨年一時帰国時に家族・叔母たちと話した事ですが、
原発事故の被害を被っている叔母でさえ、
「電気が足りないと」とか「それゆえに二次的に起きる雇用の問題は?」と、心配していました。

いろんな科学誌を読んでいると,
「電気は足りている、原発に頼らなくてもいい」と分かるのですが、どうもそれを上手く伝えられない自分が歯痒くて。

「自家発電とか今は赤字でも10年後には元が取れる。」
前にも紹介しましたがActioという天然生活の甘さを抜いた、えこ・ぴーすな雑誌もお勧めです。
これこそ買って応援しよう!

原発のリスクよりは断然いい。

d0268126_23969.jpg

↑ 8/22ドイツAachenに演説に来た緑の党筆頭候補者、Juegen Trittin
[PR]
by stanislowski | 2013-08-26 02:29 | ダメダメ原発

一通の手紙

夫の友人家族から夏休みの様子を知らせる手紙が届きました。
ドイツでは間もなく連邦議会選挙が行われのですが、その事についても触れていました。
「福島第一原発の汚染水状況は深刻ね。底なしバケツだわ。
私は緑の党に票を入れる。そしてそれが地球のためになる事を!」と、結んでありました。

ドイツ(日本以外の国)に住む一市民からすれば、こうした認識は普通ではないでしょうか。
決して楽観的ではありません。

政治にも関心を持つalternativな彼女の言葉はチクチク胸に突き刺さります。
alternativ(自然破壊・環境汚染・人間疎外などに反対して自然に密着した、より人間的な生活を実現しようとする、1970年代半ばに起こった反体制的政治運動 
訳 白水社 フロイデ独和辞典より


「海外在住だからいいじゃない」と、思う方もいるでしょう。
ですが、私のように福島出身で外国で暮らす身にはまた別の状況設定が生まれます。
いいえ。福島出身でなくても。

気が小っちゃい私は、日本人と言うだけでいつの日か隣人から非難されるのではないかと考えてしまいます。
非難の目が向けられる日が来るか来ないかは分かりません。
どの子にも平和と平等と愛が約束されている事を祈るだけ。

福島で(日本)暮らしていく人を逆撫でする意図はなくとも、
「頑張ろう」・「絆」という日本特有の観念的なものでは、国際社会は、科学は、どうにもならないのではありませんか?

そしていつも疑問に思うのが、こうした国家レベルの危機でも
米国は日本に原発を販売させるのでしょうか?再稼動させるのか?
政府与党は原発ありきを謳い推進していくのでしょうか?

私は素人なので分かりません。
彼らに家族が居ても現在だけ富んでいれば良いのか?!
被害が広まればもう、地球を棄てるしかないのにね。
はたまた宇宙の別な惑星にでも移住するのでしょうか。

今日も収束のため働いてくださっている作業員の方々に最大の敬意をはらいつつ。
そして大切なわたしのふるさと・家族にも。
[PR]
by stanislowski | 2013-08-25 00:37 | ダメダメ原発
d0268126_15592291.jpg


我が家では鶏を飼い始めて1ヶ月になります。
彼女らのお世話は夫がする約束で飼い始めました。
正直、あまり興味がなかった。

しかし、残飯をバケツに入れて持って行くと、私を覚えて、
「ちょうーだい、ちょーだい」と、
体当たりに突進してくる生き物に次第に愛着を持つようになりました。
可愛いんです。

一寸の虫にも五分の魂。

現在、我が家では全てがbio卵。
あなた達のおかげで今日も美味しい玉子焼きにゆで卵が食べられます。
恐れ入りました。

安く買える卵が実はどんな流通をしているか、可愛い男の子ヒヨコが簡単に殺戮され、
その後、雌は暗く狭い部屋に閉じ込められ卵マシーンと化す。

人間とは・・・。

安く流通している食品の背景をきちんと知らないでいる我が身が恥ずかしい。
夫が、「幸せに暮らした牛の肉(bio製品)なら、ありがたく食べよう」というのが分かってきました。

郊外に庭付きの家を買った友人も家庭菜園を始めました。
「農家のおばちゃんになる!」と、二人楽しく、お互いの畑仕事に励む今日この頃。

見渡せばプラムの実が鈴なりで紫色に熟すのを待ち、トマトは赤く、そして卵の行方はこちら!

more
[PR]
by stanislowski | 2013-08-22 16:02 | 考えごと
d0268126_1458344.jpg
昔出来た事が出来なくなるほど悲しいことはない。
リリアンに縫い物に編み物、セオリーを無視して適当に仕上げていたけど手にとって見るとそれなりにきれいに出来てる。出来てる。
私のような平凡なコでも創意工夫が爆発的に開花していたティーンエイジャー時代だったのですね。

若い頃の”苦労は買ってでもせよ”です。

老化が始まった私の脳ミソにはよろし。



************************************
ある方のブログで岩波少年文庫に触れていたので、岩波書店のHPにアクセスしたら、
なんと!切望していた石井桃子氏の”やまのこどもたち”が創刊60年記念で復刊されるとの事。
早速注文しました!

うれしい。
[PR]
by stanislowski | 2013-08-16 15:00 | ある日

お盆

あのひと達が帰ってきた。
はっきりとそこに居るのが分かった。

薄く消えかかっていた先の猫の残り香が強くなり、
「ああ、帰ってきたんだね」と思った。

もうひとつは若かりし頃、少しばかりご縁のあったコメットさん。
彼方はもう逝ってしまっていたのですか!

明け方、気になって検索してみたら、
出てきた。

知る人の間では知られていた存在だったから、検索した結果を見て非常に愕きました。
5年前に。あなたは。

池袋デイトの記憶は今も忘れていません。
胸がドキドキしました。
あの頃、「もう少し大人だったらな」とも思いました。

会いに来てくれてありがとう。
[PR]
by stanislowski | 2013-08-15 15:16 | 甘く優しいこと

盆の入り

d0268126_22513013.jpg日本で生まれ育ったから染み付いていること。
自分の宗教がどうのとか度外視して、
盆の入りが近づくと何とも言えない郷愁に見舞われます。

お墓参りに行く仕度は、
夕方の石鹸の匂いが残る体に、「パリッ」とした浴衣を来て、
三尺帯を「ぎゅっ」と、母に締めてもらい、
「ぼわっ」と、ほのかに灯された提灯ぶら下げ、
足早に父・兄の後を追う。

ずっと記憶に残っている。

d0268126_22515952.jpg毎日の積み重ね、
毎年の夏祭り、
自然の営みを元に行われる日本古来の行事、
それを体験していくから芽生えてくる愛着や郷愁。

文章で綴られ、
「はい、愛しなさい」と言われても困る。
そんなの愛せない。

d0268126_22524085.jpg

地元のkermesse(村祭り)
この期間中、普段私とはビズしない間柄のひともこの日ばかりは違う。

町のご指南様が正装して練り歩く式典、
後は陽気に飲んだ暮れ。
誰もが愉快。



d0268126_2253613.jpg










ふと、「愛国心って?」
ふるさとを懐かしく恋しく思う感傷的な夜でした。

我が愛猫も新盆だ。
静かに灯でも灯そう。

8月11日追記
東の果てのわが国が核の最終処分場になるようで堪らなく気持ちが沈み込む。
六ヶ所村どころでない。
黄色いヒトは白いヒトに良いように使われるのか?!
知れば知るほど救いようの無いわが国の契約。
日米原子力協定って何ですか?
これを進めた当時の官僚は静かに事を運んだようだ。
先の麻生発言に同じ。

盆暮れ正月、里に帰るのが待ち遠しい、
うつくしい水や森、山、川、海よ、いつまでもそこに在ってねと祈る。

[PR]
by stanislowski | 2013-08-10 22:54 | ある日

あのねー。

また馬鹿ばっかし。
麻生って、あの口元が好かない。

「ナチスに学べ」だ?

第二次世界大戦後、深い反省を元に二度と繰り返さないよう、教育改革や
国営放送を増やし一元化でない情報提供に努めてきたドイツを侮辱するものではないか?!

ドイツ夫を持つ妻は考えるのでした。

アホか。

もう止めてー。

橋本氏は自身の先の失言を踏まえ擁護してるのか?
「行き過ぎた冗談、国語力の問題」としているが、
あれが本音でしょう。

自民党の、「あわよくばすり替えっちまえー」が見え見えだ。

もういい加減、勉強不足なこっ恥ずかしい(失言続き)議員を選ぶのは止めにしませんか?

”国際政治に慣れていないから手玉に取られるよ。”(宮崎駿)

今日も憂う。
[PR]
by stanislowski | 2013-08-01 15:53 | ダメダメ原発