<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日が暮れて

「ブログ、いつまで続けるか?」宣言した割に更新率が高いです。あっはっは。
ここ最近よく眠れるからだろうと思われます。
驚く事に今朝は6時40分まで夢の真っ最中に、夫の起きる気配で目覚めました。

ごせ焼ける事は実家の父と話しながら。
「ダメなんだんない。」
「100人中43人しが行がねんだがら。」

***************************************

昨日、聖子ちゃんと松たかこさんのCM観ましたが、
聖子ちゃんのメイクは変だと思いました。
眉が太くて、一巡して昔にまた戻った?!ブルックのようになってます。(私はテイタム派)
目配せしながら歌う仕草・手法、
私の憧れる大人の女性には遠くなってしまいました。
「赤いスイートピー」だけに残念。

そして、川島なおみ嬢もお顔に手を入れられたのでしょうか?不自然な感じがします。
ついでに「失楽園」youtube観ちゃいましたが、わぁお。
当時放映されていたんですね。。。
良かったのでしょうか?ムラムラしちゃうわ。


今日は友人宅で手巻き寿司と豚汁をご馳走になりました。
美味しかった。

夕焼け小焼けの夕暮れがうつくしい日でした。
家路に着く足取りが軽くなる今日この頃です。

家の温かさが身に滲みる。
主婦は家族のために。家に帰って食事を作るよ。

自治体の首長は市民のために、ね。
[PR]
by stanislowski | 2014-10-29 05:13 | ある日
私や私の家族も推していた候補者は落選のようだ。
歯軋り、地団駄、カッカ、カッカ。
悔しい。

私が福島(日本)の選挙民に何か言おうものなら
「福島(日本)に居ないあなたが何を言うか」と、逆鱗にふれるかもしれない。

しかし。

何故、何故なんだ?何でこんなに投票率が低いんだ?!

このままでいいとは思ってもいない、
「誇りを取り戻したい」と、必死に生きてきた人までも、投票率の低さで「関心がない」「諦め」の県民のひとつに括られてしまう。

問題は何なんだ?

変わる事を恐れているのか。

誰がなっても同じと思っているところに、自分の意思はない。
私と私達の代表は同等です。
[PR]
by stanislowski | 2014-10-26 22:05 | 福島関連

Yannisに捧ぐ

d0268126_17121856.jpg


可哀相な事をしました。
守ってやれなかった。

たった5ヶ月間の生涯でした。

責任を果たせなかったお母さんが悪いね。

「変だ!」と、転がり落ちてきた彼に気づいて表に飛び出したときには、もう息を引き取っていました。

外で遊ばせていたのでおそらく。

速く走る必要もないのに、そんな車がしばしば通り過ぎていきます。

先の猫が逝って、もう、気持ちを揺す振られことはないだろうと思っていましたが、
知らず知らずのうちに私の方が癒されていました。

私は猫とのコミュニケーションを求めてやまない人間なのでした。
縁あって家族になった子を幸せにしてやれなかったのは辛いです。

ごめんね。Yannis。

More
[PR]
by stanislowski | 2014-10-18 17:18 | ある日

友人

こんばんは。
ちょぴり気になるお話をひとつ。
こんな事を気にするのは私だけかなぁ?

我が家に来訪者があり家人以外の人がお手洗いを使用し、帰られた後、私はすぐさまトイレ掃除をします。
なぜなら、汚れている確立が多いから。
こどもなら、なぜか大の方が大方で、そこには思いっきり”すっきりしました”の健康印がついていたり、
残尿が一滴とか、
先日は、男性の来客が立って普通にされたのでしょうか。一滴どころでなく水溜りが出来ていました。
あぁ、唖然と口を開けながら、文句言い言い、掃除しましたよ。(夫の友人だからこの事はなぜか言いにくくて言っていない。)
ある女性は生理中だったのかしら?血液が・・・
そこから個人像を想像したり。
私の、子どもの頃の、母の口癖は、「ささっときれいにすること!」でしたから。

私、神経質なくらいトイレの清潔に拘ります。
ここが気持ちよくないとダメ。
義母は窓ガラスや台所をピカピカにをするのが趣味だけど(皮肉たっぷりですね)、そこの使用頻度より磨き上げる時間の方が長いから、もはやインテリア・デコレーションとしての用途ですね。
私は逆にトイレ掃除や床磨きに情熱を傾ける。

付き合う猫たちもこんな私の気質を受け継ぐらしく、
彼らのトイレが片付いていないと、布団とか毛布とかそんなところに粗相する。
排泄物を片付けて新たな猫砂を加えると、「待ってました!」とばかりに、また排泄する。
だから、キリがない。

日本の習慣で、大晦日時期に窓拭きは一年に一度で平気の平左。
それぐらい窓の汚れには無頓着というか、私のエネルギーの掛けどころが違うんです。
見かねて夫が代わりに磨いてます。

私って変?

秋の夜長、ほんのりとした灯りの中、こんなお話が出来る幸せを噛み締めてます。
金曜の夜は崩れる。アハッ。

皆様、よい週末を!
[PR]
by stanislowski | 2014-10-18 03:54 | 甘く優しいこと
この流れの早さ。
流れていく方向が私の考えるのとあまりにも逆の方へ行っていて、そうなればなるほど虚しくなって固く口を閉ざしたくなります。

日常を取り戻すなら本当に見直さなければいけないは何?
消費社会に慣れてしまった今までのが本当は異常であって、
お父さんが早く帰宅できて、
家族でゆったり過ごす時間があって、
休日はきちんと休んで、買い物はメモをして必要な分だけ買って、それが休日の時間つぶしになるのではなくて、休日にお店が開いてないことに不平漏らすのではなくて、
お弁当を作ってピクニックでもして自然に親しんで、
挨拶がきちんとできて、
安心できる町があって、
安心して安全な食品を作り出す環境があって、
弱者や動物に優しくなれるゆとりや社会福祉があって、
(パピーウォーカーになりたかったけど、独身の、日本では難しかった。)

*****************************************************
福島県知事選、右とか左とかじゃなくて、
あの事故、震災を踏まえて本当に人間らしい暮らしを築いていくために考えなくちゃいけない事があります。

生きている一市民の私。
誰かを信じられる?
頼るのは止したい。
自分で考えて独りではなく誰かと作り出していけたら。

佐藤栄佐久氏の「知事抹殺」を読んだ。
帯には、「知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する」 (東京地検特捜部検事)
とある。ああ、そうだったのか。納得。

福島県から出でて福島県民を良く知り、福島のために闘って行くひとを、と願う。
くまさか義裕氏
政策を読んで見て下さい。
[PR]
by stanislowski | 2014-10-06 03:43 | 福島関連