<   2015年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

震災以降、感じなくなったもの。
素肌をさらっと通り抜けるだけの言葉。
「絆」「寄り添う」などなど。多くの人が使えば使うだけ、私はそこから遠ざかる。

自分の言葉を紡げず誰かの真似をしている感があります。
震災後、原発事故原因の社会構造とかとか歴史とか調べたり、考えたり、
ブログでどこかの誰かと意見を交わしたくて、書いてみたりしましたが、毎回、同じような事を書いていたり、読んだり、もういいかなと思えてきました。

どこかの名が知られている文学者なら、もしくは論破できるような理論や根拠や出典どころなど落とし込める、納得できる説明が出来れば、それをしないといけないなんて・・・無理。

司馬遼太郎氏の言葉で腑に落ちます。こういうことなのかと思えば怒る気にもならない。

要するに、日本人はスパイや謀略者に向かない。もっと基本的なことをいえば、現実は何だという認識能力が、こんなに単一民族の国では育たないですよね。
情報と言うのは、見なくて分かる能力だから、情報を受けるのには、たいへん研ぎ澄ました認識能力が必要になる。情報なんていくらでもくるから、結局、受け手の問題ですよね。日本人は受け手の能力に欠けた民族なんやろな。いやな情報は捨てる(笑)。民族の癖というのは直らないから、いまも似たようなことをくり返しているはずです。

文春文庫 対談 中国を考える 司馬遼太郎・陳舜臣 より 一部抜粋

生き方を探るのは自分。
それを誰にも気兼ねせず自由に出来ればいいなと思います。平和がある事は前提ですね。
自分を幸せに出来るのは自分しかいないと思うから。
エゴだとは思いません。

この話題を口にしない日などない。
痛いところを突くのは怖いよ。
それをしたら、我が家だって明日のご飯に困るかも。

それが出来なくて身近なところに不満をぶつけ合うのは世の常なんでしょうね。
だから、民主主義と言うものが盾となってくるのだと思います。
それをよりどころに共同社会が成り立ってくる。

驕りと言われても。それでも言論や批評を止めたらいけない。
誰かを傷つけるという理由で、自粛して口を閉ざさないで。
様々な痛みは承知の上。居ないことへの後ろめたさはある。
でも、それと言論は別。感情論にしたらいけない。

「私はこう思う」と、お互いに言い合えるようになったらいいのに。それこそ、ひとりひとりの思考を止めない事から始まる。

最後にこの映画の事、フォーラム4を載せて終わります。

小さき声のカノン心から子ども達と寛いでいるお母さんが美しく見えました。

古賀さん

お読みになりたい方はどうぞ。違えどもそれはそれ。
[PR]
by stanislowski | 2015-04-10 17:14 | 福島関連