<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年最後の投稿。

主に原発について考えたり、話したくて再開したブログでしたが、
私の考えは、「もう止めてくれ」の、一点張りで議論する余地も猶予もありません。

「いろんな考え方があるから」なんて、似非リベラルも気取りたくないし、同じような意見の方とは閉塞感を感じてしまって、コメント欄を閉じてしまいました。
反対意見の誰かととことん話し合うなんていうエネルギーもない。弱虫。
そんな気力・体力があるなら、自分自身もっと身近な社会運動に積極的に参加しようと思います。

論理に論理で応えられるほど私は練習を積んでいない。
気持ちが先、動物的勘が先に出て行動する。
それが私にとって「生きるのに」大事だと思うから。

原発や安全保障、
人が幸福に生きる権利、その真理はひとつではないの?!
殺さないこと、毒を撒き散らさないこと、全ての元素は自然に還ること、巡ること。

ベルギーの欠陥が有りすぎる老朽化した原発が次々と再稼動されてノイローゼになりそうです。
福島、実家とここの原発立地から60km圏内という偶然。
ト・ラ・ウ・マ。

もういや。

普段から心して生きていないと、私達の安全で平和な暮らしなんて守れない。

今年最後の締めくくりに叫んで終わります。
来年は勇気が出てコメント欄、開けられるかな?

2016年が穏やかで守られますように。
みなさまがいつも幸福でありますように。

ここを訪れる私のブログ友へ愛をこめて。

よいお年を!

Tschüss !
[PR]
by stanislowski | 2015-12-31 04:07 | ダメダメ原発 | Comments(2)
クリスマスを迎えるこの時期がとても好きです。
冬至を過ぎ日に日に目に見えて日が長くなるのが分かって、それだけでも気持ちが明るくなるし、
最近はやはり商業主義に押されてきていますが、それでも伝統と厳かな雰囲気が漂い、
狂ったようにバカ騒ぎするのではなく、静寂がもどってきたような、
気持ち新たに願い事を誓う、
そういう真っ白な身も心も引き締まるときが。

土地に根付いている伝統と習わしは重みがある。

年々、日本の年越と正月が懐かしくなる。
あの家族との時間、何が大切か分かるような清々しい瞬間を何度でも祝いたいと思う。

d0268126_176924.jpg


心から主の生誕をお祝い申し上げます。
[PR]
by stanislowski | 2015-12-24 17:10 | 甘く優しいこと
前回の記事でやる気の無さを見せてしまったけど、
原発事故による福島陥れを見るときワナワナと怒りが燃え滾る。
このブログを書く最も強い動機は原発止めろ、賢くなれ、の心の声から。

ある自治体の長が飯舘村で処分すればいいじゃないかの記事に、自分たちで核最終処理しろョ。
ゴミの置き場が無くて自治体同士でなすりつけんな。(とゆーか、ケンカすんな。国に国策を求める意地と態度と覚悟を見せよ。)
経済と引き換えに、でも汚いものを受け入れるのはいやだなんて矛盾してるくらいなら原発止めろ。

福島バッジプロジェクト
井戸川さん、知事選に出馬したり、頑張っていたけど上手く形にならなかったな・・・
でも、この裁判は勝ってほしい。

市民の良識ってなんだ?
私は今まで井戸川さんのような意識が普通だと思っていたけど、事故後、遥かに多様になった人の考え方にびっくりした。
[PR]
by stanislowski | 2015-12-20 23:29 | ダメダメ原発

くどき

寂れつつもいつまで続くかな。
書くことがすきだったはずなのに、最近は言葉が出てこない。
言葉を大事にする人の真剣な姿勢に打たはするが、私は到底拘れない。
私は普通のなかにいるちょっとへそ曲がりなだけの人間だ。
あまりに理知的過ぎて「美味い」と言うだけの事に、引いてしまうほどすごく長く文を書いてくる人などは多分私と肌が合わない。
理数系だ文系だとか自慢や謙遜するのもしらける。だから何?!
理数系なら核の危険性を計れるでしょ。計って安心してゴミの行き場が無いのを忘れないで。
動物の勘を侮る人を疑ってかかる。

私も流れのインスタグラム見てる。
雰囲気のいい日常が写して有り、考えなくていい口当たりの良さに脳が持っていかれる。
つかの間の覚醒。
楽でいいわー。
自分はやりはしないけど。
だってどうやるか知らないもーん。
写真の食卓の素敵なしつらえ。
毎回、敷物変えてお皿並べ変えてなんて素敵。
丁寧な暮らし。なんて骨の折れること。
うちなんて、そんな余裕なし。
早くしないと、「貴重な餃子取られちゃう」って、真剣勝負よ。
チョコレートが入ったアドヴェントカレンダーも、普通に飾っておくと猫がじゃれて紙のパッケージがボロボロに破れてしまうので横たえて本の重石がしてあるし、まったく。
[PR]
by stanislowski | 2015-12-18 18:12 | ある日