<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ここんところ書く気が失せています。
もともと難しいことをソースから引っ張ってきて考察論理立てなんて書けないし、
その情報を得る語学力も未熟で考えているうちに、理解しているうちに、その情報はもう古くなり、「もういっか」ってな感じ。

悩み考え考えてきた福島のこと、それを何とかしたいとPCの前に座り時間や気持ちを引っ張られて自分の脚で動くことが疎かになっていました。
私も自身の健康問題を考えないといけない、20代の感覚のままいではいけない現実を突きつけられて、「ハタ」と、思いました。

忘れたいわけでも忘れているわけでもない。
けれど。
目の前にいる若い人と一緒に海や山や川、昆虫、鳥などなど自然をもっともっと体験したいとうのが本音です。

数日前に電車で子どもと海に行きました。
波乗り!スリルがあり、おもしろくて止められなかった。
対照的に昨日は「アクアランド」なる、人工的遊園地に行きました。(滑り台に水が流れスピードが出るよう勾配やカーブがつけてある)

私の危険度に向き合う気持ちの整え方が全然違うことに気付きました。

大西洋の波にさらわれまいと、自然を畏れながらダイナミックにいるのと、
身体を硬くしてボブスレーのような狭い滑り台に身を置くのと、
危険が伴うのはどちらもなんだけど何かが違う。

きれい事のように思ってもいいよ。
一対一。
丸腰で向かう生きることへの真剣度。
それが格段に違っているような。
さらわれたらもう終わり。
だから自然を知らないで成長すると、人格が弱かったり緩んだり偏ったり歪んだりするのかも。

そんなわけ。
交流のある方々のブログは読んでいるのですが、きちんとコメントしようと思うと私にとってものすごく時間をとられてしまうので、コメントを残さなくなりました。
PCの前にばかりいないで生活リズムのメリハリをつけるようにしています。

夏休みに入りインスタやyoutubeに釘付けになっている子どもをいかにそれから離すか。
私も歳なのと一人っ子はどうも手もち無沙汰でそれに頼ってしまうときも有りますが、なんとか。。。

情報収集する時間と、体ごと五感を研ぎ澄まし動く時間と、
きっちり分けて活き活き暮らしたい。

[PR]
by stanislowski | 2018-07-07 03:23 | ある日 | Comments(0)