今日は穏やかな気持ちが澄み渡っていくようなことを書こうとしていました。
のっけから、何が問題のなおか?私のPCハード?それともエキサイトの不具合?文字打ちが進まず朝いちでの記事更新を諦め、グダグダ、ネットサーフィン。

きれいで、華やかで、裕福そうに映る女性インスタグラマーの方々。
私は好奇心と半ば面白半分で観ているのだけれど、こんな経済力持ってる人は持ってるんだ。
ポルトガルがイン?
ポルトとリスボン比べて美しく写真撮っているけれど、夏の終わりの火災の事もそしてスペインも含む水不足の事は知らないのでしょうか。恐らく。
楽しみにしていた海外旅行だもの、楽しめばいっか。

インスタ半分、時事ニュース半分であちこちクリック。
もう情けなくなるニュース、
韓国慰安婦の日制定、
三菱マテリアルの子会社データー改ざん、
神戸製鋼に続いて…
これは氷山の一角か?!
日本人の誠実さよどこへ?
自らを貶めておいて自信喪失になっていたのでは世話ない。
あーあ。
日本製不信に拍車って。
原発売って欠陥品の補償なんて死んでもしないでクレよ。頼むから。

日本よ、過ち弱さを認めて強さに変えようよ。
違うというなら、どこまでも掘り下げて議論する言葉を持とうよ。
それとも。
こんな潔さ(開き直りではない)というか気概も無くしちゃったか。。。
(禊と懺悔、似てるね。人間に都合が好すぎる)

どんどん日が短くなるにつれ気持ちが滅入る。
こんな雨の日のお天道様が見えないときはさらに沈む。
冬至まで「まだかまだか」と、指折り数える。

今日書きたかったことは福音館書店のHPで読んだ事。
ここへくると時間を忘れて夢中になる。
本屋さんみたいに。
コラムを読み漁る。
「やっぱり、わたしは紙で、手元にないと読書できないなぁ」などつらつら考えながら。

ぐりとぐらの山脇さんと中川さん姉妹のご両親は思った通りのユニークなひとだった。
お母さまの、「浜田広介、この人は頭が悪いと思いますよ。話のつじつまがあっていません」と言う逸話。
そういう意見を面白く不思議に思った。

「浜田広介」って、「ないたあかおに」をかいたひと?
この話、好きじゃないことは遠い昔に書いた。
理由はあかおにが好きになれないから。
読み手の受け止め方・度合いは様々だから突き詰めて考えはしないけど、そう。好きじゃない。
この一冊だけで決めてしまうのもなんだけど、好きな作家さんのお母さんと同じだったと、にやつく。
お母さまは、”ひねくれているもの、暗い話とかはきらい”なんだそう。

私の中でこれに続くは、人魚姫、フランダースの犬、幸福な王子。
きらいではないけど引っ掛かり続ける、ごんぎつね。

いつまでも自己犠牲に酔い続けているような気がしてどーもダメだな。
私はこういうことを乗り越え改め、幸せになりたいし、真理は見抜きたいと思うし、
ただでは起きない。
うまくいえませんが、そういうことです。
そして、岩波の「銀のナイフ」を読んで見たくなった。絶版か残念。

サクサク、ここまで書けました。
エジプトではテロが。
クリスマスシーズンに突入です。
平和な週末がありますように。



[PR]
# by stanislowski | 2017-11-25 04:10 | ある日 | Comments(0)

社民党のこと

私は社民党支持者が増えればいいと思う。
だから現野党(社民党)が嫌いという人の意見をもっと聞いてみたい。

政策、第一に国家安全保障と経済ですか?
「お花畑」というひとの、国家安全とは何と考えますか?
中国脅威や北朝鮮?
多国間でなく自国内においての安全とは?
2011年3月原発事故以来まだ原子力緊急事態宣言発令中なのですよ。
福島県の一部、国土をなくしても鈍感であることを否めない。

東芝のTV事業を中国企業に売却。
自国産業を細らせおいて…原因は原発事業の赤字だろ。
その上、中国へ蓄えてきた頭脳・技術移転の結末。
そんでもって中国脅威を言うか?!
人が好すぎて。リベラルすぎて。
やってることがおかしいだろ。

私だって原発のことなんてもう考えたくない。
心踊る楽しいことを胸に抱きながらでないと生きていけない。
でも、安全だと言い切れないからまた考え始める。

社民主義はなんたるか。
イメージでなく政策を読み取る事なくして、誰が自分の暮らしを守れるものか。
働き過ぎて時間が無さ過ぎて社会を見る力が鍛えられなくて、そして生命体としての力がなくなってきているように見える人々。
声を出して「自分を守ってくれー」というのは、まともな人間の生きる力ではないか。
働く人たちで連帯して待遇・処遇改善に努めるのは当たり前なんだ。
そして資金力で計れない、人間なら誰でも受けられ物事、つまり人権を唱えること。
弱者が切り離される、格差が広がる社会は生き難い。
動物が殺傷処分される日本ってどうなの?




若い社民党メンバーも頑張っている。
いろいろクリックしているうちに社民ユースのHPにたどり着いた。
見つけるのに時間が掛かったよ。
哀しいかな今はSMSの時代で、それも有効活用して戦略としなければならないのかも。
デザインや目に付く標語。
一発でヒットするキーワード。

地域で根を張って大きき躍進して欲しいものだ。
いつでも表舞台に出られるよう手筈、準備を怠りなく。
付け加えるなら、2016年から更新されていないHPを刷新してくださ~い。


[PR]
# by stanislowski | 2017-11-14 19:05 | ダメダメ原発 | Comments(0)

遠くの人へ

今朝の朝いちのニュース。
イラン、イラク国境辺りの地震。
ニッポン地震国出身からすれば他人事と思えない。

どうかこれ以上被害が拡大しないことを祈る。
唯でさえ争いが絶えないその地において一般市民が安心して暮らせることを祈ってやまない。

平和が齎されますように。
皆が助け合えますように。

d0268126_20341475.jpg


じいちゃんもむすめっこも
こんな風にひなたぼっこ。

はぁ~シアワセだね。



[PR]
# by stanislowski | 2017-11-13 20:36 | ある日 | Comments(0)

不思議の国のカオナシ

”日本人の不思議なところ。巨大台風が襲っても、電車が止まっても、どんな手をつかってでも職場に行こうとする。けれど天気が晴れでも曇りでも選挙に行く人は少ない。(dia)”

あるブログ仲間のところで見た呟き

6年前の震災の時もそうだったのでは。

私個人でいえば母が脳溢血で倒れたとき、兄は一日だけ仕事を休んだ。
私は東京での仕事も住処も引き払って母の看護と介護のため実家に戻った。

あのときの、兄に対する恨めしい気持ち。
「自分の親より仕事が大事なんですか?!、なぜ仕事を休めないのか?、個人的な事情で休むのは憚れる」
ある程度の収入もあった。私の生き方もあった。なぜいつも女ばかり…
現在、一手に老夫婦の暮らしを引き受け震災や原発事故も収束していない福島の、渦中にある兄を責めるのは酷過ぎるので言わない。
突き放して見た、日本人の勤勉さの長所の表裏を見るようだった。
そしてだれも人権を尊ばない。それどころか知っていない。

1.状況変化の対応が柔軟ににできない。言い換えれば危機管理が出来ていない。
2.変わらないことに安心・安定を見る。
3.主が一番でそのためなら精一杯努力する。

鎌倉時代か?
ご恩と奉公?
それか天皇万歳か?
そんなら庶民にある契約は?
国の象徴たる昭和天皇は沖縄をどうした?

民主主義が必要かという議論は不毛なのではないか?と、
思いのままにさんは仰っていた。
確かに。
日本人の心性を考えると、そうなのかも。
古きよき時代はご恩と奉公、契約履行されていた。
だから庶民は安心して男も女も自分の仕事をしていられたのだ。

西側から入ってきた民主主義、かつて日本には必要がなかったのかも。

さて平成29年の世、
憲法改正は何条を改正したいと国民は考えるのでしょう?
平和主義をありがたく思う私は、いつもこの視点から考え始めるので、そぐわない点がよく分からないのです。
いつも立派だなぁと思うのですが。
自衛隊の存在を明確にする?ってことかな。
この戦力でなく防衛のため。
専守防衛徹底で、他の国に、日本から開戦したと言わせない。

時代にそぐわないのは、人権についてまだよく知らない国民では?
基本的人権の尊重で保障されている権利を使えないで泣いている人多くない?

憲法を古いと言うより、西側からきた民主主義のルール、自分の権利を知らないほうが時代に遅れていませんか?
知って、学んで、発言する。

「言わなければ、舐められる」

これです。

日本人の強さって、何かことが決まれば一丸して協力して使命を遂行してきたと言う責任感にあるような気がします。
その命題のために!良かれ悪かれ。

命を燃やす情熱、それすらもなくなってきた最近の日本社会の劣化、生きる力の無さ。
これは善良な市民の約束が守られなくなって、次第に人々が劣悪していったのでしょうか。
無表情、諦めの早さ。疑う事もしない。顔ナシ。
これは戦後のアメリカのプログラムにコロッと洗脳されてしまったのでしょうか。
責任の所在のなさ、明らかにすることの畏れと恐れ。
これこそ、日本が取り戻さなければならない精神性と考えますが。

黒でも白でもグレーでもいいけど。
最後に整合性をとらないと内側から崩れていく。
今がそのときなのかもしれない。

呟き追加
先ずはじめに、日本国内において日本語でネゴシエ(交渉・折衝・話し合い協議)の力をつけなくてどうーする。
そんなので国際社会は渡れないよ。
きょうもあちこち日本企業の不正の話題が。技術立国の誇りのかけらもなし。
折衝に負け、現地技術移転とか、中国に新幹線を売り込んで技術をとられたとか。。
知的財産は他と競ったり教えを乞うたり言葉があって成り立つのでしょう?

鎖国できないし。
他の存在なくして自分はないし。






[PR]
# by stanislowski | 2017-10-26 19:23 | 考えごと | Comments(0)

福島 生業訴訟

泣けてきた。
この映像を観たら!!!!!

この訴訟を追って取材している、おしどりマコさんとも知り合うことが出来たし、(彼女の東電記者会見に詰める姿勢は頭が下がります。本当のジャーナリストがいるから事実が見えてくるんだよね)
とにかく、間接的ではあるけど、あのひともこのひとも、原発事故で繋がってしまう。
私もそこに(生業訴訟)参加しているような錯覚に陥る。

堀潤さんの記事もいい。




懐かしい町々。
福島市内のあの傍だね。

安倍晋三さんは、公示日の本日10月10日、福島で第一声を挙げた。
その場所が、福島市佐原。

地元民なら知ってる。

自衛隊駐屯地がある場所なのです。
峠に近い、山並のところ。

こういう福島を利用するやり方が狡い。
どうにかするつもりもないくせに。。。
そして山に逃げちゃった?
誰もあんな市内から外れたところに就業中行かないって。
サクラで無い限り。

2006年 安倍第一次内閣時、国会答弁において
共産党 吉井英勝氏の質問に
「日本の原発で全電喪失事態が発生するとは考えられない」と、答えたのは安倍さんです。

その方の政党に「この国を守り抜く」ことはできないでしょ。

国を守るって、何もミサイル打ち落とすとか、戦闘、そんな事だけで無いよね。

ささやかな人々の血と涙の労苦が報われた。
司法が独立していたことが遥かに尊く思えた。


[PR]
# by stanislowski | 2017-10-10 03:29 | 甘く優しいこと | Comments(2)